【総聯】私は熊本まで出向いてカッターナイフ振り回したりしないよ。

先ほど とある方から非公開コメントを頂いた関係でアクセス統計を覗いてみたのですが,最近こんな話題ばかり扱っているせいか 地方自治体関係者の方のアクセスが急に増えたようです(もっとも,中には前から見に来て下さっている方も結構おいでのようです.平日の昼間なのになぁ.ともあれ上司に告げ口したりしないから安心してね :D).


大部分は有名どころのblogから飛んで来ているようですので,単にお仕事をサボっているだけなのかも知れませんが,島根県庁から結構な数のアクセスがあるのは,或いは私が竹島の日の件で差し上げたメールのせいでしょうか.お仕事としてお読み頂くに足る文章が書けるよう一層精進いたしますので(笑),例のGoogleのヘンな頁説明の件,是非とも前向きに御検討下さいね.(「必要とあらば法的措置も辞さず」くらいの気合で臨んで頂きたいものです.実際にGoogleを相手に訴訟を起こせば,世界にまだまだ数多くいらっしゃるであろう「"Dokdo" は知っていても "Takeshima" は聞いたことも無い」という方々への実に安上がりな宣伝になります)


「熊本市 朝鮮会館」で検索していらっしゃった和歌山県の職員さんと思しき方もいらっしゃいました.やはり熊本以外の方々も件の訴訟の成り行きや輿論の動向を少なくとも気に掛けてはおいでのようで,ある意味で安心致しました.私がここで御紹介しているのは国民輿論のほんの一端ではありますが,行政に携わる方に直接ご覧頂けたことは無駄にはならないでしょう.拉致被害者の一刻も早い全員帰還を待ち望む私たち日本国民の希望を取るか,海の向こうの犯罪徒党の手下を取るかの,これは2つに1つの選択です.公僕たる者の本分を,ゆめゆめお誤りになりませぬように.




さてその福岡高裁判決の件,コメント欄をご覧頂けばお分かりのように初手からミソが付いてしまい踏んだり蹴ったりですが,ともあれ私のほうは「上告やめろメールを送りましょうキャンペーン」を引っ込める考えは毛頭ありませんので,皆様も是非上記エントリを御一読の上 熊本市長への「恫喝」(人によっては私の物言いはそう見えるのだそうですよ)に御協力頂ければと思います.


今まで何度か触れていますように,「熊本朝鮮会館への免税措置取り消し」に関して,熊本市は監査委員会の勧告を拒否しています.「救う会熊本」が熊本市を相手取って訴訟を起こすに至った動機はまさにそこにあります(詳細は「昨2005年11/18付の「救う会全国協議会ニュース」をご覧下さい).このように,もともと熊本朝鮮会館の所謂「公益性」をめぐっては訴訟開始以前から監査委までが否定的な見解を示しており,同会館への固定資産税全額免除の継続は熊本市の横車でしかありません.


熊本市長である幸山政史なる人物について私は詳しく存じませんが(彼のwebサイトはこちら),彼を市長に選んだのは熊本市の有権者なのですから,その彼が熊本市の有権者の利益を代表する市政を行うのは当然のことです.ここで,熊本市の有権者は当然熊本市民でなくてはならず,熊本市民とは「熊本市に住所を有する日本国民」を指すというのが,1995年2月28日の最高裁判決(外国人への地方参政権付与を求める訴訟に関するもの)の主文に謳う所だったのでした(これについては当blogでも一昨年の11月に取り上げていますのでご覧下さい).選挙権を有しない朝鮮人集団の利益が有権者の利益よりも優先されるような施政を もしも彼がどうあっても行うというなら,これは彼を市長の座に据えるべく投票した人々は勿論 全ての有権者および選挙制度そのものへの背信といってよいでしょう.


先日のエントリのコメント欄で私のやり方に対し,「恫喝」「主観の押しつけ」「ミイラ取りがミイラに」「かの半島民族と同レベル」「高ぶった感情」「脅威」と実に忌憚の無い御意見をお寄せ下さった方がおいででした.その方がこう述べていたのが私には何にも増して印象的です:



明らかに間違っている(と思われる)熊本市長にも、上告する権利は与えられているわけで、それを阻害(言い方は悪いですが)しようとするのは、総連の味方か日本国民の味方かといった観点とは違う観点で、民主的でないように感じてしまうのです。


コメント欄で話が一向に咬み合わなかった原因は 全てこの点に於ける事実誤認にあります.もともとこの訴訟は「救う会 熊本」が起こしたものでもあり,被告である熊本市側は敗訴した以上上告の権利があるのは当然であり,私が市長宛のメールに「上告などの措置をお取りになりませんよう」と書いたのを「権利の阻害」と受け取るのは読解の仕方があまりに皮相的.私が言いたいのは


自らの持つ権利を行使する以上,その行為によって生じる結果にも責任を持て

ということに過ぎません.熊本市長に私たち日本国民を敵に回す覚悟がおありなら,いつでも最高裁に行って頂いて結構なのです.無論その時はこちらも黙って上告審の模様を傍観しているわけには行かないでしょう.今のうちから鳥取の時みたいな「No! 熊本」バナーでも作っておこうかな…朝鮮人の味方を相手の国内経済制裁用に.♪



21:05 追記


たった今Googleニュースを見ていて見つけた記事.何故か既に削除済みですので,Googleニュースの画面からのサマリだけでも貼っておきます.



熊本朝鮮会館税減免の是非は最高裁へ
熊本朝日放送, Japan - 12 minutes ago

朝鮮総連の関連施設への課税の是非は最高裁で争われることになりました。この裁判はおととし「北朝鮮に拉致された日本人を救出する熊本の会」の加納良寛代表が起こしたものです ...

来ましたか.どうやら熊本市はあちらの世界に逝ってしまわれたようです.これ,確認が取れ次第 こちらも次のモードに入ります.





[PR]
by xrxkx | 2006-02-15 20:16 | ◆ 熊本朝鮮会館訴訟