【黄禹錫】明日の栄光の為に今日の屈辱に耐えるニダ

標題の出典は分かる方だけ分かって下さい.
それから,珍しくコメント/TBお寄せ下さった方々,有難うございました.
原則としてお返事はしないことにしておりますが ちゃんと目は通させて頂いておりますので.


さすがに昨日-今日はチトくたびれたので,息抜きがてらあれこれフォローしてみたり.
まずは先ほどrx178さんのところで見た記事.




ネット上の頭の悪い韓国人たちの間では 例によって早くも「黄教授は日本人」説まで出ている由.
あまりに予想通りの展開に却って心和むものが.


それはともかくとして



盧大統領「ES細胞の真偽、もう少し様子見よう」

でも見守ってくれている人もちゃんといますw
それにしてもコレどうするんだろうねぇ。


盧武鉉が見守ってくれている(笑)のは,コレを切ってしまうと事はウソツク大先生だけで済まなくなるから…でしょうね.やはり.


大統領をけしかけてMBC潰しをさせようとした補佐官がいたりとか,始末しようとしたら政府内の膿から出さなくてはならなくなりそう.
あと副総理(兼 科技部長官)までが「再検証不要」論に同調していたというのもありますか.
政府を挙げてこんなことしていますし.またそれが彼らにとって特に異常な事ではないらしいのがミソというか.例えば↓コレ




科学研究に対する政府の支援は、研究室に特級のセキュリティー施設を施したり、黄教授に警護員を付けたり、研究費の大幅な増額などを決めたりして実現するものではない。大統領や首相が科学研究に傾ける関心の水準が、その程度で留まっていてはいけない。


研究グループが、もっぱら科学研究にだけ専念できるよう、海外関連学界の動向を把握して知らせたり、まかり間違えば問題化することもありうる法律的諮問に応じたり、黄教授を含めた研究グループが不必要な外部接触によってエネルギーを消耗しないようなシステムを通じて管理することこそ、政府レベルで行なうべき支援策である。




そもそも疑惑のネタがニセ論文だけだったら「国内の一介の科学者のモラルハザード」で済んだかも知れない(上のような政治レベルでのおまけ付きですが)のに,今回の黄の場合は これに更に「売買卵子を実験に使用」「部下の研究員に卵子を『寄贈』させる」が付きます.
更には卵子売買の件については保健福祉部は前々から知っていたという盧聖一証言も出ているわけですね,卵子売買が取り沙汰されるようになった初期に.


今回のインチキES細胞疑惑が結局「一部シロ」と出るか「全部クロ」と出るかで,何処から先を切り捨てるかといった対応が変わって来る筈ですから,保健福祉部あたりでは今頃ピリピリしているのでは.


ちなみにコレの件は…諦めるしかないかなぁ.
どうやら他にも似たようなのが幾つかあるようだし….




a0026107_21243952.jpg

ここらでひとつ遊び.左の写真は「何が黄教授に白旗を掲げさせたのか」という昨夜のオーマイの記事から持って来たデモ風景ですが,

【問】このデモは誰が誰に抗議しているのか,次の2者の中から正しいものを選びなさい.

(ヒント:手前のフリップ(?)には「黄博士 / 健康 / 責任を取れ」と書いてあります)


イ) これまで黄を声援して来た患者らが「騙された」「裏切られた」としてソウル大学病院前で黄に抗議している.

ロ) これまで黄を声援して来た「I Love 黄禹錫」カフェのメンバーらが,「黄教授が入院したのはPD手帳のせい」としてMBCに抗議している.


正解はです.まぁ,花を持っている時点で分かってしまうかな.
(ちなみに不正解のほうも或いはそろそろやっているかも知れません.
こんな漫画も見ました
どういう意味かは説明の必要も無いでしょう)



彼らが「黄教授頑張って」式の輿論の盛り上げに大きく寄与したことは以前も書きましたが,これなども実は先日こういうのがあって,


要するにカフェ「I Love 黄禹錫」の運営者はYTN関係者で黄とも面識があった,と.
YTNといえば例の「PD手帳潰し」の謂わばマスコミ界に於ける総元締めで,黄一派の安圭里(あん・ぎゅり)のアメリカ行きにメディアとして唯一同行するなど《体制べったり》なのは今まで何度となく触れて来た通りです.




その他 紹介し切れなかった記事




[PR]
by xrxkx | 2005-12-16 21:29 | ◆ 黄禹錫 / 卵子売買