承前) まず1番の「佃煮騒動」の件について.
◇ 資料 ◇
  1. 「さるさる」管理者によって削除された勝谷氏の09/12の日記を 氏の本家サイトにバックアップしたもの
  2. 勝谷氏と「さるさる」管理者との遣り取りの一部始終の完全版バックアップ
 上の2番には「さるさる」から来た2通目のメールも載っています.もともと氏の翌13日の日記にはこちらを転載した記事もあったのですが,現在では消えています.おそらくこちらももろとも削除されたのでしょう.「佃煮発言」の引用を含んでいましたので(その分まで含めて上の2番に転載されていますので御参照あれ).
 さて,検閲・削除対象となった「佃煮発言」のくだり(09/12).
…政策から言ってもイラク侵略をめぐる世界の世論から言ってもケリーが勝つことは当たり前のようであった。しかし実際に票を入れたのは今回ニューオリンズで佃煮になっている太った黒い人たちである。…
 騒動直後には何やら実際にニューオーリンズの黒人がブッシュとケリーのどちらにより多くの票を入れたかなどということをあげつらって金切り声を上げる向きもあったようですが,そんな事が削除騒動の発端になったわけではないのは,「さるさる」管理者からのメールにこうあるのを見れば明らかでしょう.まず1通目:
勝谷誠彦様の日記には、当サイトの利用規約の禁止行為に
触れる内容が書かれております。

■ 規約
http://www.diary.ne.jp/rule.html
・特定の個人や団体、国や人種などを中傷する表現があった場合。
次に2通目:
修正していただきたい箇所は以下となります。
「しかし実際に票を入れたのは今回ニューオリンズで佃煮になっている太った黒い人たちである。」
 要するに「さるさる」は上の「佃煮」云々を特定の個人や団体・国や人種などへの中傷だと受け取ったわけです.氏は13日のうちにこう応じています(削除された日記のうち09/13の分を私が探し回っていたのは この部分を引用したかったから.なお太字は私がつけたもの):
みなさん興味がおありだようで膨大な同様な指摘を頂戴しましたが、もちろん私が検閲を受諾して訂正などするわけはありません。「佃煮」にしたのが誰かという姿をそこで思い浮かべる批判的想像力を持たない方々に媚びて文章を書くつもりはありませんし、いかなる解説を自分の文章に加えるつもりもありません。というわけで歴史的な選挙の結果を書いた勝谷誠彦の9月12日の日記がさるさる日記から削除されることを、私は承諾しました。検閲というのがどういうものかを知る言い(ママ)機会でしょう。明日からもちゃんと書くからね。
 一連の「佃煮騒動」の因って来る所はひとえに太字部で指摘されているこの一点に尽きるでしょう(と私は当時は思っていた).そこが分からなかったら,わざわざ衆院選の総括とも言うべき文章の中でカトリーナのあの件に言及する意味そのものをも全く理解できていないことになる.第一,「佃煮」が検閲に引っ掛かるならば,慰安婦というれっきとした職業婦人を公然と「性奴隷」と呼んでみせる何処ぞの団体新聞社もまた,これを野放しにしておくという法は無い筈.
 上述のように,この時点ではまだ私は一連の「佃煮騒動」は単なる「臭い物には蓋をせよ」というだけの卑小な言葉狩り──「ちびくろサンボ」や「みにくいアヒルの子」と同じ類の──だろうと思っていたのですが….以下次号.
[PR]
by xrxkx | 2005-10-09 17:02 | ◆ ♪すいか泥棒の佃煮な日々。