韓国に「ドロ様ブーム」www
 週末を挟んで3日も投稿を休んでしまいました.おかげでその間ずーっと う○こニュースがトップに….早く宿便(?)を流さないと.のっけから尾籠な話で申し訳ございません T-T

● 日TV 妄言に韓国ネディズン怒り…水野教授も俎上に ─クッキーニュース 01/31 11:25 (原文
 「植民地化という単語そのものが誤りだ.韓国人たちが望んで合併(訳註:日韓併合のこと)しただけだ」
 日本の民放「日本テレビ」の「ジェネレーション・ジャングル」という番組で,ある極右人士が韓日合邦に関連して「妄言」を次々に吐いていた事実が明らかになり,韓国のネティズン(訳註:韓国人が好んで用いる造語.「ネット市民」くらいの意)らが憤激している.
 特に韓国側パネラーとして参席した韓国人が当時の状況を詳しく記述した文章と当時の放送画面をインターネットに紹介し,韓国のネティズンたちはいよいよ興奮を抑え切れずにいる.
 「ジェネレーション・ジャングル」は日本最高の歌手の一人である「キンキキッズ」の堂本光一が司会を務める討論番組で,土曜日深夜(日曜日早朝)に放送されている.NHKの「シャベリバ」と並んで かなりの人気を集めていることで知られる.
 「テツ」というIDのネティズンは放送出演当時の状況をメディアモッブ(www.mediamob.co.kr)の自分のブログに詳しく記している.
 日本の知人から出演交渉を受けたという彼は「日本テレビ」が韓流ブームについて日頃末梢的な放送を行なっている代表であるため 放送前に些か心配ではあったが,何より日本の視聴者たちに韓日問題について直接話すことが出来るという理由で出演を決めたと記す.
 2時間番組の第1部は韓流ブーム,第2部は韓日関係に関するもので,今回問題となったのは第2部.
 「テツ」はまずパネラーの選定からして問題があったと記す.
 まず「不思議な国,韓国」(訳註:原題は『不思議の国の韓国』)という代表的な極右サイトの管理者「doronpa」と 韓国で教授として活動しつつ日本では「ノヒラ・ジュンスラ(ママ)」という仮名で韓国を批判する水野スンペイ(ママ)教授がパネラーとして選ばれたことを紹介している.
 水野教授は日本で仮名により「韓国人の日本偽史」「韓国で反日小説を書く方法」などの本を出した人物だと「テツ」は付け加えている.
 続いてdoronpaの相次ぐ妄言が始まった.
 「韓日合邦当時,韓国の人口が増えた.これは日本が韓国の経済発展および近代化に多くの影響を及ぼしたもの」「日本政府の強制徴用など無かった.彼らは皆 金を貰って雇用された人々」などの妄言に続いて「当時 朝鮮の総理だった李完用氏が合邦に署名したではないか.正当な手続きなのに何故そう興奮するのか分からない.韓日合邦は朝鮮が望んだものではないか」という極限まで吐いた.
 こうした相次ぐ妄言に「テツ」は「あなたは小泉がブッシュに日本を捧げたら良いと思うか.当時の韓日合邦は朝鮮の全民族の意思ではない」と反駁したと紹介している.
 「水野」教授についての非難も続いている.
 「テツ」は「韓日合邦など決定的な対話に於いては黙っていた水野教授は,韓国人は整形(註2)をとても好むといった類の四方山話的な話ばかり並べた」と告発している.
 一方,当時スタジオの観客席からすら doronpaの極右的発言に揶揄が飛び出した状況を伝えている.
 「テツ」は終わりに「doronpaのような極右的人物の提示する偏ったデータや感情的な写真を日本人たちがそのまま受け入れないか心配」だと述べて文章を結んでいる.
 問題の番組は さる30日早朝0時50分から放送された.
 現在 インターネットでは,ポータルサイトは勿論 各種ブログによって関連番組の動画が出回っている.韓国のネティズンたちは,日本の極右人士の歪んだ歴史認識に興奮するかと思えば 一部では水野教授の二重的振る舞いにも非難の声を高めている.
 数千名のネティズンらは「動画を見ている間じゅう,興奮しすぎて顔が赤くなった.日本の極右派らの考えが空恐ろしくすらある」といった文章を投稿している.
 一方で 言うべきことを痛快に言い尽くした「テツ」には賞賛の拍手が相次いでいる.
クッキーニュース キム・サンギ記者
 上の記事中でいきなり「極右人士」呼ばわりされている「doronpa」氏とは 私がNaverに時折寄稿していた一昨年の夏頃以来 面識があります.
 当時から彼は何かにつけて韓国人らから右翼呼ばわりされていたものです.およそ韓国人という生き物は自分たちの被害者史観に少しでも異を唱えようものなら十把一絡げに右翼呼ばわりするのが常でしたが,そのわりに「右翼とは何ぞや」という定義を言ってみろと言われても言えなかったりする.日本でしばしば取り沙汰される皇国史観なり憲法改正論なりといったものに対して彼らが抱いている 何やら漠然としたネガティヴな印象だけで非常に安易に「右翼」を語っている.
 要するに殆どの韓国人は かの《東京裁判史観》に便乗する形で自らの被害者史観の日本への押し付けをしているに過ぎないのですが,実際には 大東亜戦争以前の所謂皇国史観と当世の改憲論や再軍備論は 当然ながら必ずしもワンセットである必要は無い.例えば支那や朝鮮から靖國参拝について言いがかりを付けられた際に小泉総理がいちいち「不戦」を口実に挙げたがるのを見ても分かるように──私自身あれはどうかと思いますが──極論すれば明日日本が共和制に移行したとしても日本の軍事大国化はあり得るということです.ここではこれ以上詳述しませんが,どうも この記事を書いた記者を含む韓国人たちがその辺のことまで考えてみたらしい様子は見られません.
 ところで,問題の番組の一部を録画したものを「散歩道」さんの01/30の記事で見ましたが,

doronpaの声が意外に可愛い ヽ(゚∀゚ )ノ

のは措くとして,上の記事に登場する韓国人「テツ」とは,動画に登場する「パク・テジン(漢字標記不詳:朴泰鎮か?)」なる やや栗本慎一郎似の自称新聞記者のことらしい(同日追記:違った.パク・チョルヒョンが正しい.後述).こちらのblogに,その「テツ」と思しき人物の文章が載っています.読んでみると分かりますが,上の記事,
  • 「番組の動画がネット上に出回っている」
  • 「それを見た韓国人らが日本の『極右人士』に憤激し,逆に『テツ』を褒めちぎっている」
というところ以外は全てその「テツ」の文章の丸写し.安っぽい仕事してるなぁ,韓国メディア(笑).参考までに 問題のdoronpaとの遣り取りに関する部分だけ訳出しておきましょう.上の記事と比較してみると,言い回しの酷似している点が如何に多いかは一目瞭然.
 問題は「望ましい韓日関係」というテーマで始まった第2部だった.私はこの人たちがゲストとして出演するなどとは夢にも思わなかった.「不思議な国・韓国(訳註:原題は『不思議の国の韓国』)」なる代表的な日本の極右サイトの管理者「doronpa」と,全南大教授として活動しつつ日本ではノヒラ・ジュンスイという仮名で韓国を批判する「韓国人の日本偽史」「韓国で反日小説を書く方法」などの本を出した水野俊平.しかも水野教授は韓国側のパネル席に座った.
 瞬間,出演してよかったと思った.日本の右翼と接する機会があまり無い私にとって「日本の右翼は一体どんなことを言うか」を聞く良い機会だったし,水野教授の場合 どんな姿を見せるか興味津々だったからだ.
 「doronpa」がまず火蓋を切った.韓日合邦に関して,彼は人口成長に関するグラフを示し,こう語る.
 「韓国人たちは日本によって植民地時代を経験したと主張しているが,それは事実と異なる.合邦と植民地は次元が違う.まずこのグラフを見よ.このグラフは1910年から1945年までの朝鮮半島の人口成長に関するグラフだ.飛躍的に人口が増えているのが分かる.普通,植民地を経験した国,例えばグヮテマラとかパナマ諸島では人口が減っているのに,朝鮮半島はそうではない.経済発展および近代化のうえで日本が朝鮮に対して多くの政策を施行したことが分かる」
 瞬間的に興奮してしまった.さして民族主義者というわけでもない私だが,あんなグラフ一枚で何から何まで説明してしまう右翼の単純さ.20世紀初頭の朝鮮の状況と 18~19世紀の中南米の状況を同列に論じる無知さ加減と言ったら….だがこれを一々説明するには時間があまり無い.少し前に見たJETRO白書の統計が脳裡をかすめる.
それならインドは? インドも人口が飛躍的に発展(ママ)した.なのに何故ガンジーやネルーといった人々がインド独立を主張したのか? あなたは民族間に於ける加害者と被害者の立場・境遇について全く考慮しておらず,単なるデータだけを持ち出している.それなら日本政府が行なった強制徴用・挺身隊などについても全て嘘だと言うのか?」
 「誰が強制徴用などしたと言うのか? 彼らは皆 金を貰ってやって来た雇用者だったのだ」
 こうなるともう我慢ならない.90年代初期の下関判決(原文註:日本政府が中国の慰安婦雇用について肉体的・強制的動員があったことを認めた判決)や,河野官房長官のインタビュー中の「私の幼い頃,京都の武器工場には朝鮮半島から強制徴用されて来た人々が虐待を受けながら働いていた」などに言及した.
 しかし彼は突然別の写真を取り出す.パゴダ公園の三・一節記念塔におじぎをしている高校生たちの写真.広島のとある高校の修学旅行の際にあった事だとして,いま韓国では日本の学生たちにおじぎを強制しているという,多分に感情的な話を持ち出す.その上でこう付け加えるのだ.
 「日本は朝鮮を植民地にしたのではなく,当時朝鮮の総理だった李完用さんが合邦に署名をしたのだ.正当な手続きによって結ばれた合邦条約であるのに 何故そう興奮するのか分からない.韓日合邦は朝鮮の為のものではないか?」
 実に頭に来る.
 「それなら,×××(訳註:相手を罵る卑語.原文には「ここは韓国語で言った」と註があるが,録画を見る限りでは この場面で彼はそんなことは言っていない),お前(註1)は小泉がブッシュに日本をくれてやったらよいと思うか? 当時の韓日合邦が朝鮮全民族の意思だとでも? あなたが被害者の立場や気持ちについて考慮するよう望むが,お前は全くそういうマインドになってない.立場を変えて考えてみよう.最近アメリカの口さがない右翼らが広島や長崎の原爆について『戦争を早期に終わらせ,むしろ日本を助けたのだ』と騒ぎ立てているが,その言葉を広島の原爆で家族を失った人々が聞いたらどんな気持ちがすると思うか?」
 対話の接点そのものが無い.(訳註:凡そ対話相手というものの中には)tolerance(原文註:寛容さ)を施すべき相手もいれば そうでない相手もいるものだが,この人はもちろん後者だ.「右翼は話が通じない」とは しばしば聞いていたが,こういうマインドを持った人々なのかと恐ろしくすらあった.
 しかも水野教授は横に座ってこうした決定的対話については黙っており,自分のワイフの経験を借りて「韓国人は整形(註2)が好きだ」とかいった類の四方山話的な話ばかりを並べている.嗚呼!道化役者にでもなった気分.私の横に座っている韓国の留学生たちの顔が紅潮する.
 それでも 知名度のある木村祐一が「doronpa」の意見について反駁を行い,論理的な欠陥について指摘した.観客席からdoronpaに対する揶揄の声が上がる.
 もちろん結論は「韓流ブームに始まった韓日関係を肯定的に導いて行こう」といったふうに終わったのだが,何とも気が収まらない.これだから韓国人は熱情的だと言われるのかな,とも思う.
 紆余曲折の末,3時間に及ぶ録画が終わり,「doronpa」が「お疲れ様」といって握手を求めて来た.当然無視した.極右とは対話はしないというのが私の鉄則だから.そして,彼の顔を睨みながら韓国語で言った.
 「お前のホームページ,気をつけろよ
ホームページという単語だけは分かったのか,きょとんとした顔で私を見ている.ややあって,放送用モニターを見ていた妻が近付いて来て,エレベータのほうへ消えて行く彼(訳註:doronpa)を見ながら「あなたの勝ちよ.あんな人(原文註:doronpa)の言うことなんか気にしないで.私もびっくりした」と興奮した声.
 私は平均的な日本人も妻と同じような気持ちがしただろうと信じている.そうでないなら日本で暮らしてゆくのは非常に難しくなるだろう.クールであることに命を懸けている若者たち(訳註:おそらく「日本の」だと思うが不詳)は,果して韓日の歴史についてどれくらい知っているのだろうか?
 ヨン様に熱狂する韓流ブームが恥ずかしいと感情をぶちまける彼らが,このまま歴史を知らないままで成長してしまったら,そして偶然に「doronpa」のような類の人間が提示する偏ったデータや感情的な写真を見て なるほどそうかと受け入れてしまったら,と考えただけでもぞっとする.
 「自分たちは侵略の被害者だ」という思い込みにとり付かれた韓国人が 客観的根拠・資料に基づいた議論というものを如何に疎かにしがちであるかの典型的な例です.

 上述の録画を見れば分かりますが,「日本統治下での朝鮮の人口推移」のデータは 「日本統治は韓国人が思い込んでいるほど暴虐・過酷なものではなかった」ことを示すために提示されています.それが,件の「テツ」の文章中では「日本による『合邦』が『植民地支配』とは違う」ことを示す例として提示されたかのような書き方になっている.これは少し意味が違う.
 「あんなグラフ一枚で…」と言いますが,実は番組収録にあたりdoronpa氏はあれ以外にも大量の資料を用意しています.多くの人たちが資料の蒐集・グラフ化作業を手伝いました.討論番組でありながら何故か資料を持ち込ませたがらない局側との交渉で随分もめたようです.それが無ければ「あんなグラフ一枚」どころか「日本政府が朝鮮統治の為に行なった投資と朝鮮での収益(註:台湾が日本統治開始後約10年で黒字経営に転じたのに対し,朝鮮は35年間一貫して赤字)」とか「在日韓国人・朝鮮人の日本上陸年・人数(註:在日一世の大部分は日本の徴用が始まる以前に自ら日本に来ている)」といった資料が矢継早に提示されたことでしょう.
 「それならインドはどうなのか」という,この「テツ」の反論と呼ぶに足る唯一の反論は,なるほど「植民地支配の諸類型」を考察する上では興味深い題材ではあります.ただ,それをやったら却って「世の中には『良い植民地支配』もあった」という結論が出るのがオチで,韓国人としては自縄自縛に陥る可能性のほうが高い.そもそも日本統治の後に日本が朝鮮や台湾を本土から独立させて一種の連邦制に移行しなかったとは誰にも言えない.他ならぬインドが今もイギリス連邦の一員であるように,です.

 以前当blogでも採り上げた一連の謝罪修学旅行について,この韓国人は「感情的な写真」の一言で済ませています.「感情的なのはお前の方だろう」とかいったツッコミは措くとしても,あの写真で土下座しているのは実在する生身の日本人高校生です.あれが「感情的」なのだとしたら,どこかの国の「独立記念館」の蝋人形に代表されるような作り物の展示は一体何と表現すればよいのやら.
 上述の録画を見る限り,「そんな極端な例を持ち出しても…」という声が日韓双方から出たようですが,前にも当blogで触れたように 「極端な例」どころか ああした謝罪修学旅行や それに類することをやっている学校なんぞは幾らでもあり,しかもそれを歓迎する論調の記事が韓国の大新聞にはしばしば堂々と載っているのです.

 さて,こういう歴史論争の場に臨むとき,非常に多くの韓国人は好んで原爆の話を持ち出します.これは大きく分けて
  1. 日本の敗戦(韓国側から見れば「光復」)を象徴するイベントとしての原爆投下を持ち出すことによる,ちょうど「ムクゲの花が咲きました」に拍手喝采するのと同じ類の 一種の呪詛・憂さ晴らし.
  2. 自分たち韓国人が日本の「植民地」支配に対して抱いている「被害者」としての感情を日本人に理解させたいが故の「逆の立場」論.
の2種類の動機に帰着させることが出来て,この「テツ」の場合は どちらかといえば後者の意味で原爆の話に言及しているようですが,実際の収録時には アメリカの「戦争の早期終結によって日本人の命を救った」とする言い分について
一理あるでしょうね
とdoronpa氏に即座に切り返されて 暫し絶句していますね.そのことは「テツ」の文章には書かれていない.しかも そのあとで この韓国人は
「それはあなたが加害者の立場からしか物を見ようとしないからだ」
などと言い出している.
「もし日本人が被害者だったらどんな気持ちがするか」
の例として原爆の話を持ち出したのは「テツ」の側なのですし,それに対してdoronpa氏は
「仮令日本人が被害者であった場合でも,日本人は専ら被害者としての視点からばかり物を見たりしない」
と言っているのですから,上の「加害者の立場からしか物を見ようとしない」というのは反論にも何にもなっていないのですが,この韓国人には どうもそれが分かっていない.
 ついでながら,原爆のほうは当時の戦時国際法に違反していることは明白(連合軍によるドレスデン空襲と同様)ですが,それに対し日本の韓国併合はきちんとした条約に基づいて行なわれた国際法上正当な外交行為の結果ですから,本来この両者を比較すること自体が無意味です.番組中doronpa氏はそのことに言及していませんが,韓国人によるこの種の論理のすり替えはNaverにいた頃からウンザリするほど見て来た事ですので,おそらくdoronpa氏は意図的に「逆の立場」論への全否定に論旨を集中させたのでしょう.

 それから,この「テツ」の文章によれば 「木村祐一」なる芸人がdoronpa氏の「論理的な欠陥を指摘」したことになっていますが,上の動画を見る限りでは 件の芸人は単に人類愛だか家族愛だかを持ち出して番組を局側に都合よく締め括ろうとしているだけで「論理的な欠陥」など何一つ指摘していないようですが,どうでしょう.第一,この芸人の言う「いつまでも昔のことを言っている」というのは 他ならぬ韓国人の側ですし.
 ついでながら,一介の芸人が国境を越えた家族愛とやらを謳っているうちは良いかも知れませんが,国家対国家の関係に於いて政治家に同じ事をやられたのではたまったものではない.ありもせぬ事まであったと言われたままで「昔の事を水に流す」などは不可能です.今まで何度も言って来た事ですが,当世の韓国人が好んで口にする「未来指向の日韓関係」なるものが,歴史認識に於ける韓国人の歪んだ被害者意識を日本人が全面的に受け入れることを前提としてのみ成り立ち得るものである以上,日本人としては安易に同調するわけに行かないのは当然でしょう.

 別れ際の描写に至っては もはや
「そういうことを言っていて自分が惨めにならないか?」
としか言いようが無い.握手を求められて無視し,あまつさえwebサイトへのサイバー攻撃予告とも取れる捨て台詞を残して来るなどは
「さすが暗殺屋を義士と呼ぶ国のお方は一味違う」
と思ってしまいます.
 但し このくだりについては「収録終了後にdoronpaが韓国人に握手を求めた事実は無い」という説もあるようです.実際どちらだったのかはdoronpa氏本人に確かめてみていないので分かりません.
(追記: 「事実無根」とのdoronpa氏本人の証言が出ました.後述)
 ともあれ,本当に握手を求められて無視したのなら いい歳をした大人の態度とも思えませんし,ついでにそのことを文章中では何か「通すべき節度を守った」とでも言わんばかりの書き方をしているのも青臭い.
 逆に 握手のくだりが嘘なのなら,仮にも「新聞記者」ともあろう人物が そういう見て来たような嘘を平気でついていることになります.どちらにしても人格的に問題あり.

----
 さて,上のような韓国人の脅し文句というのは常に口先だけと相場が決まっており,今回の一件にしても 今のところサイバー攻撃と呼ぶほどのものは無いようですが,件の番組の映像が韓国のネットに紹介されたことから,doronpa氏ののblogBBSには 怒り狂った韓国人の書き込みが殺到しているようです.案に違わず,番組中の彼の発言に対するまともな反論は一つも無く,単なる罵詈雑言の山.それを見た日本人たちがむしろ面白がっているのが印象的.
 何やらNaverにいた当時を思い出して懐かしくすらありますが,こういうのを見るにつけ,かの国の人々の思考様式の根底に 一種の《呪詛の文化》があることを改めて認識させられます.煎じ詰めれば彼らにとっては「自分は正しいことを言っているかどうか」よりも「言いたいことを言ってすっきりする」ことのほうが大事だということです.

 「韓国併合は合法だった」という当たり前の認識ひとつ提示されただけで かの国ではこの騒ぎです.自分たちと異なる考え方をする相手というものに対し 韓国人が如何に免疫を持っていないかという一例を ここでも垣間見ることが出来ます.
 実際,昨年8月やつい先日の「日韓交渉秘話」公開の折にも そうでしたが,日韓間で何か揉め事が起きるたびに Naverをはじめとするネット上での日韓間論争が韓国の新聞やニュースポータルサイトで紹介されることは 今までにも何度となくありました.今回の番組の一件が それらとは次元を異にする騒ぎを巻き起こしているのは,TVという媒体の大衆的影響力の大きさもさることながら やはり 韓国人の意にそぐわない言論が 多くの韓国人の手の届かない日本メディアに流れていることへの ある種の焦燥があるのでしょう.
 ちなみに,同番組に参加した韓国人留学生か何かが「日本のメディアは韓流ブームに騙されている」といった趣旨の発言をしたことがDaumなどのニュースとして流れ,今度はその韓国人に対する個人攻撃が始まっているようです.これについては別の機会に触れます.

 ともあれdoronpa氏もすっかり有名人になってしまいました.私としては,これがきっかけで近い将来「doronpa-金完燮対談」でも見られる日が来ると面白いのだが,と密かな期待を持ってみたりもしています.

----
 同日 追記.つい先ほどdoronpa氏のblogを見ましたところ,
パク・チョルヒョン氏へ反論
という記事が 昨01/31夜に上がっていたようです.どうも この「パク・チョルヒョン」が「テツ」である模様(一般に韓国語音「チョル(철)」は日本語音「てつ」に対応する).では あの栗本慎一郎は誰だったのだろう….
 そんなことはともかく,上の「反論」中,doronpa氏が「チャンネル桜」で彼ら韓国人に対し「売られた喧嘩は買います宣言」をしている箇所は注目に値しますね.桜なら「資料持ち込みは原則的に不可」などということも言わないでしょうし.

 それから,例の「握手を求めた」くだり,やはり事実無根とのこと.こういうことを平気でやる「新聞記者」もまた,「我々は侵略の被害者だ」というかの国の人々の妄想を支えている支柱の一つなのですね.

 なお,「ホームページに気をつけろ」の件についても 上の「反論」の冒頭部で詳述されていますが,とりわけ
韓国からの愛のこもった数多くのファンレターに心から感謝致します。
なお、送られたメールの殆どが、読むとその愛に「感染」しそうなものばかりでしたので、殆ど読まずにゴミ箱へ入れております事をご了承下さい。
などのくだり,相変わらずのようで 読んでいて何やら微笑ましくもありました.


----

註1: この辺りからdoronpaを呼ぶときの人称代名詞がしばしば「お前」(原文では「너」)になっている.ただ,今回「あなた」と一応訳しておいた箇所(原文では「당신」)が「お前」と訳した箇所に比べて礼儀正しい言い回しであるかどうかは 実は一概に言えない.ここで「あなた」と訳した「당신」という語を,韓国人は喧嘩相手に向かって用いることがある.要するに この場合,「너」と「당신」とでは 丁寧さではなく相手との距離感が異なると理解しておいた方が まだしも妥当.

註2: 原文では「成形」.韓国人は整形手術の「整形」を「成形」と書く.ちなみに両者は日本語では同音だが,韓国語では音が異なる.おそらくは日本語の「セイケイ」の誤った漢字標記を韓国人がそのまま韓国語に輸入したもの.
[PR]
by xrxkx | 2005-02-01 10:04 | ◆ ジェネジャン騒動