<   2005年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
承前・中山文科相 慰安婦発言のこと
 もう暫くこんな感じで書き散らそうかと思います.

 韓国支那が一昨日(07/12)付で中山発言について各々コメントを発表していますので,昨13日あたり細田官房長官が午前の記者会見でお得意の「火消し」に乗り出すかな,と待っていたのですが,今日(07/14)になっても それらしいニュースが入って来ません.細田氏,風邪でも引いたのでしょうか.先方から いつもの通り「日本大使を外交部に呼んで抗議」が出るのを待っている状態でしょうか.

 前回,一連の慰安婦発言に於ける中山文科相の姿勢を「切り込み方が遠慮がちすぎる」と評したのでしたが,無論 私も中山氏が史実に反した事を言っていないという点そのものは一定の評価を受けるべきだろうとは思っています.こうした発言が閣僚クラスの政治家にとっては命取りになりかねない風潮が曾ては存在したことを考えれば 今昔の感があります.
 寧ろ,こうした事があるたびに 折角の一歩を大慌てで「河野談話」のラインまで引っ張り戻してしまいたがる細田氏のような人物の明白な利敵行為をこそ責めるべきなのであって,こうした人物が内閣の大番頭のポジションにある限り,文科相たる者にあれ以上踏み込めと要求するのも酷かな,とも思うのです.その意味で中山氏も彼なりに精一杯やっている.しかも,さる6月の発言の際にも中山氏は
閣僚懇談会の席で「自分の発言のせいでご迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げる」旨発言した
とする細田氏の説をきっぱり否定していたのでした.上述のように今回は細田氏の「火消し」すら出て来ていないのは,或いは中山氏のこうした態度が効いているのかも知れません.さる6月の中山発言の折にも細田氏は
「問題は言葉ではなく実質だ。実質的に従軍慰安婦の存在があった以上、政府の考え方は変わらない」(06/13 時事)
と述べていたのでしたが,他ならぬその「実質」如何の問題に もしもこれ以上深入りすれば,つまり中山氏が「その通り.ではその『実態』についてだが…」と応じたならば,持説を撤回せざるを得なくなるのは細田氏の側だということ──それは当然ながら「河野談話」以来の政府見解の修正を余儀なくされることを意味する──を,細田氏ご自身がよくお分かりの筈です(こちらの頁の,特に97/03/12の参院予算委員会での小山孝雄議員と平林博・内閣外政審議室長との質疑応答を参照.河野談話発表に先立つ政府の調査に於いては「強制性」があったことを示す証拠は何一つ見つかっていない).そういう切羽詰まった事態を避けるには,政府は中山氏の文科相の任を解くしか方途が無くなるでしょう.官邸もそこまでやりたくはない筈です.

 無論,慰安婦問題がいつまでも「『従軍慰安婦』なる用語はもともと無かった」という議論にとどまっていてよいものではなく,「河野談話」以来の政府見解の抜本的な転換を いずれは誰かがやらなくてはならないでしょう.ただ,今がその時期かどうかという点について 私はやや否定的です.どうせ小泉内閣は余命幾許も無いのですし,郵政民営化絡みでの解散-総選挙も(無いとは思うけれど)どうなるか分かりません.私は 中山氏のような政治家に このような時期に現内閣と刺し違えてほしくありません.ポスト小泉政権のアウトラインが固まってくるまでの間,韓国や支那が無用のちょっかいを出してこない限り慰安婦問題は凍結しておくといったモラトリアム期間はあってよいように思えます.

(たぶんまだ続く)
[PR]
by xrxkx | 2005-07-14 20:29 | 時事ネタ一般
中山文科相 慰安婦発言のこと
 相変わらず私事のごたごたのため更新が滞っておりますが,久々に書き散らし.中山発言の件,既に3日も過ぎていますので皆様ご存知でしょうが──

従軍慰安婦はなかった言葉 文科相がメールを紹介 ─北海道新聞(おそらく共同電) 07/10
従軍慰安婦発言で支持者の手紙紹介…中山文科相 ─読売 07/11
慰安婦発言支持のメール、中山文科相「感銘受けた」 ─朝日 07/11
(more欄に記事控えあり)

 何よりまず,文科相には「支持者から寄せられた意見の紹介」という形を取るのでなく,もう少し自分の言葉で語って戴きたかったという気はします.どこか「これは私が言ってるわけじゃありませんよ.こういう意見の国民もいるという単なる紹介です」という逃げの匂いがする.
 「私が歴史認識を話すと良からぬ誤解を招くといけないので」と仰いますが,「良からぬ誤解」あるいは曲解なら 既に巷間に溢れています.無論 日本国内のみならず海外にも,です.
 東亜日報(韓国)などは中山発言を「稚拙な歴史歪曲」とまで呼んでいます.東亜日報の この記事中にある
中山文科相は6月、「『従軍慰安婦』という言葉は当時はなかった」と述べ、事実上軍慰安婦の存在そのものを否定する発言をし、韓国と中国から強い反発を受けている。
という箇所などは そうした曲解の典型です.昨年11/27の「教科書から『従軍慰安婦』とか『強制連行』とかいった言葉が減ってよかった」発言以来,中山文科相が「慰安婦は存在しなかった」などと一度でも言ったことがあるか,東亜日報の記者氏には是非とも実例を挙げてみせて戴きたい.
 ちなみに こうした「従軍慰安婦不在説」なるものを生み出したのが朝日新聞であることは,藤岡信勝 著「『自虐史観』の病理」 第II部第7章「『従軍慰安婦不在説』という妖怪」に詳述されていますので,お読みになっていない方には一読をお勧めします.
 上の朝日の記事にしても,「彼女らには大いに同情すべきだが、(意に反して売春させられたのは)古い時代の日本の農村で見られた情景とそう変わらない」となっています.もし中山氏が「彼女ら」の存在そのものを否定しているなら こういう文言が出て来る筈がありません.

 ところで,上の引用部分中 「意に反して売春させられたのは」の部分は括弧に入っており,朝日の記者が補ったものであることが分かります.こういうところに朝日お得意の印象操作の悪質さが見られます.「意に反して売春」といいますが,私も生まれついての怠け者であるにも拘らず「意に反して」毎日せっせと働いていますので,これも政府に責任を取ってもらうべきなのでしょうかね.

 今まで再三にわたって触れて来た事ではありますが,そもそも慰安婦問題の核心は「日本政府・軍による強制性があったのか無かったのか」という点にあるにも拘らず,その部分についての中山文科相の切り込み方は──今回に限らず従来も──あまりにも遠慮がちに過ぎるように思えます.
 本来,彼は もっとはっきりと,自分の言葉で「彼女らは職業売春婦であった」と公言し,慰安婦を「性奴隷」だったとする人々──日本国内のであれ海外のであれ──の挑戦を堂々と受けて立つべきでしょう.いつまでも議論を「『従軍慰安婦』なる言葉が当時あったか無かったか」という枠内だけにとどめておくことは,却って上の朝日の例のような悪質な曲解を生みます.

More
[PR]
by xrxkx | 2005-07-13 13:26 | 時事ネタ一般
サイパンの慰霊碑のこと:拾遺
 前回は「単発のネタでお茶を濁すことに」などと書いたものの,韓国人が絡んで来る話が簡単に終わるわけもなく….
 前回 コメント欄に面白いのがありました:
Commented by くろ at 2005-06-30 13:46
支那人がガム噛むのか?
支那人が噛むのはスイカの種だろう!
東アジアでガム会社がある国といえば言わずもがななんだがなぁ。
1) 支那人がガム噛むのか?
これは私も思った.支那では滅多に見かけないし.ただ《サイパンあたりに旅行に来るほど裕福な支那人》に話を限ればまた別かも.
2) 支那人が噛むのはスイカの種だろう!
すいかの種では なかなか慰霊碑に引っ付かないだろう! :D
3) 東アジアでガム会社がある国といえば言わずもがななんだがなぁ。
まぁ,誰もが最初にそれを考えるだろうけれど,問題は その「言わずもがな」の国の国民には「日本鬼子」なんていう高級な漢字は書けそうにないという点なのだね.何しろ自分の国の国名も漢字で書けないソウル大生まで...おっと,名前を出しちゃった :D
 海外旅行に出掛けるほど懐具合に余裕があるのを見ると 「華」僑かな,もしくは台湾のコテコテの反日外省人かな,などと あれこれ想像を巡らすのも楽しいかも(註:下に一部種明かしあり).
 閑話休題,「それでは 気になる<ヽ`∀´>さんたちの生態は?」に移りますが,「rx178の最近気になる朝鮮半島」さんが昨日の記事中でフォローアップしてくれていました.
사이판 자살절벽에서 절하는 일왕 내외 (サイパンの Suicide Cliff で礼をする日王夫婦) ─AP/聯合 06/28
詳細は先方の記事をご覧あれ.要は
漢字には弱いけど ガムならウリにも <ヽ`∀´>
ということでせうか.
 それにしても よく見つけたな,こんなコメント….私もコメント欄は一応覗いてみましたが,「皇后の帽子がヘン」「頭にお皿でも乗せてる?」など相も変わらず低次元な会話だらけなので放り出してしまひました.

[蛇足]
 ついでながら この記事,英文部はどうやらAP電そのままのようで,天皇に関しても「Emperor」と標記していますが,韓国人が英文でwebに文章を載せる場合 非常にしばしば「King of Japan」などと書いていたりします.
 そういえば この記事,韓国語部分も 見出しは「日王」,本文では一箇所だけ「天皇」で他は「日王」と 標記が揺れまくっています.こういうのを見るにつけ,当世の韓国人が「日王」なる語をムキになって/無理して使っている匂いが漂います.

[蛇足 その2]
 上のは聯合電ですが,これが新聞になりますと現在は「日王」派が大部分であるのは 日本でも何ヶ月か前に報道されたことがあります(たしか産経で読んだのだったかな).
 日本語版webサイトを持っている保守三大紙の場合,記事を日本語訳する時に「日王」を「天皇」に書き改めてしまうのが普通ですが,その際に「天皇陛下ご夫妻」と「陛下」まで付けてしまう例(東亜日報)もありました.原文ではあくまで「日王 (일왕)」ですのでお間違えの無いように.
 一方で,同じ東亜日報が日本語版でも「日王」を使っている例もあります.
[PR]
by xrxkx | 2005-07-01 12:58 | 時事ネタ一般