<   2005年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧
枯れ木は山を賑わさない
 最近 何だか毎日のようにTB削除をやっている気がするので,面倒ではありますが告知を出しておくことにします.

 他所はどうだか知りませんが,当blogで歓迎されるTBというのは
当該記事を読んだ人が更に理解を深めるのに役立ちそうな記事
を指します.従って,当該記事で扱った内容についての 私が読んでいなそうなニュースの紹介だとか,異色の解釈だとか,そういうのは まず確実に残します.先方のTB元で こちらのTB先の文章が引用されていたり,TB元からTB先へのリンクが張られていたりすると一層ポイントが高いです.
 私が書いた内容に対するマトモな反論になっていると判断すれば,たとえ真っ向から意見が食い違っていても消しません.というより寧ろ歓迎します.
 一方で,単なる宣伝目的なのが見え見えの,所謂《愛の無いTB》については,問答無用で消させてもらうことにしています.悪しからず.
 私が毎日消しているTBの9割は「トピ違い系」です.これについては,「何も消さなくても…」と判断に迷うことが多々ありますが,余程すごい(=思わず他の人たちにも読ませたくなるような)内容でない限り思い切って消しています.

【こんな奴からのTBは要らない:一例】
  1. 最新のエントリに何でもかんでもお構い無しにTBして来る奴.親日派狩りの話を書いた記事に竹島ネタをTBされても困る.
  2. カスリ系.拉致問題についてのエントリ中で,話のついでに対中ODAについて触れたら,その「ODA」の3文字のみに反応して せっせと支那ネタをTBして来た奴もいた.
  3. 東シナ海ガス田問題について1本書くたびに,同一エントリからのTBを打ち直して来る奴.
  4. TBは頻繁に打って来るわりに,コメントは皆無もしくは超おざなり.

 この種のTB主というのは,十中八九 本文をろくすっぽ読まずにTBだけ打って来る.そういうのは見つけ次第瞬殺しています.えぇ,もう嬉々として殺してます.常習者についてはTB自体をハネてます(まぁ,今までに実際TB拒否までやったのは ○ねりとかう○りとかうね○くらいのものなのですが).

 それから,たま~に非公開コメントで「何故私のTBが消されているのか」などと苦情を言って寄越す輩がいますが,文句を言う前に どうして消されるのか考えてみるように.
[PR]
by xrxkx | 2005-03-30 22:23 | 雑記
【竹島】韓国の妄想RPG
a0026107_13531213.jpg


ミールの伝説3,独島愛護キャンペーン実施 ─G@meZone21.com 03/29
 (株)ウィメイドエンターテインメント(代表:朴グヮンホ)は自社が開発・サービス中の「ミールの伝説3」中で「独島愛護」オンラインキャンペーンを29日から行なうと発表した.
 「独島愛護」キャンペーンは,「ミールの伝説3」ユーザらを対象に,独島問題を充分に認識し論理的に説明できるよう正しい知識を共有する為に企画したキャンペーンだ.今回のキャンペーンの一環として,「ミールの伝説3」ゲーム中には独島と対馬のマップを追加し,倭寇から独島を守護するイベントや,来る植木日を記念して独島に木を植えるイベントを併せて行なう.
 また,ゲームのホームページ掲示板に「独島愛護」のページを別途創設.「独島」についての知識と情報を持続的に提供・共有し,一時的なイベントでなく「独島」に対する関心と愛情を保つべく運営する企画だ.「ミールの伝説3」開発を総括するリュ・ギドク理事は「何日かの間溢れ返る独島イベントを見つつ,独島を愛する純粋な愛情が一瞬沸き起こってはまた冷める,といった一過性のもので終わりはしないかと懸念される」として「今回のキャンペーンをきっかけに,ゲームを楽しむユーザたちが独島問題について積極的に意見を表明し,持続的な関心を持って欲しい」と述べている.
 「ミールの伝説3」は今回のキャンペーン以外にも社会問題をゲームコンテンツに活用し,ゲーマーたちの積極的な社会参加を求めて来た.
 おお,「倭寇」が「竹島は我々のモノだ」とか何とか言っていますよ,ちゃんと日本語で.
 ちなみにゲーム中の「倭寇」も さすがに何処かのリアル国民のように他国の国旗を焼いたりはしないようです.旗以外の場所に幾つか火が見えますが,あれはひょっとして「倭寇」が焼身自殺でもしているのでしょうか.:p
 ちなみに ゲームと言えば,たしか去年の2月にも「小泉モンスター登場」とか言っていたような.気のせいかな?
 で,このゲームの公式サイトというのが紹介されていたので 一通り見てみたのですが,「独島」の「ド」の字もありゃしねぇ.Googleで探してみても掲示板の書き込みが数件引っ掛かって来るだけ(もちろん「竹島」で探しても皆無(笑)でした).何ざましょ.
 地図らしきものが一応あるにはあるのですが,別に竹島や対馬が書き加えられている様子も見当たらない.まるっきり別マップになっているということなのか どうなのか,ちょっと不明.そもそも,こんな代物で「独島問題を充分に認識し論理的に説明できるよう正しい知識を共有」できると思っているとしたら相当オメデタイ.
 どうも韓国人には昔からこういう《史実と作り話の区別が付かない》ところがあって,何年か前のKBSの大河ドラマで閔妃が滅茶苦茶に美化されて以来,ろくに歴史の勉強もしたことの無い中学生や高校生が日本憎しで大騒ぎしていたこともありました.

----
 同じサイトからゲームネタ,もう一本.どうも この手のRPGだのファンタジーモノだのが大嫌いなすいか泥棒としては,もう訳しているだけで眩暈がして来ますが….

セピロス,「ドクトは我々の領土」イベント ─G@meZone21.com 03/29
 イマジック(代表:ヤン・ジェホン)の「MMORPG セピロス」(訳註:「セフィロス」かも.韓国語の発音および標記にはpとfの区別が無い)が「ドクトは我々の領土」イベントを開催する(訳註:「ドクト(덕트)」とは竹島を意味する「독도(独島)」をもじったもの).テストサーバでは3月30日~4月7日,本サーバでは3月31日~4月7日まで開かれる.最近問題となっている親日発言や,独島関連の日本人らの妄言を皮肉る意図と解釈される.
 「ドクト」はラディアネス貿易港から海路90km離れた美しい島.独島と同様,東島と西島に分かれている.過去にラディアネス島を侵略したモンスターの一部この島の領有権を主張し,再び占領された悲運の島でもある.そこへ,過去この島を長い間管理して来た人間族の「ウリタン(訳註:「我々の土地」を意味する「우리 땅」をもじって「울리탕」としたもの)が,(訳註:島が)自分たちのものだと言い張るモンスターたちを追い払う為 人間とネフィリムの戦士を集め始めた,という背景シナリオを持つ.
 セピロスユーザがこのイベントを楽しむには,NPCウリタンを探して手助けの意思表示を行い,特定のモンスターを捕まえた後,ドクトのスクロールを貰えばよい.その後,島に戻って(訳註:島が)自分たちのものだと言い張るモンスター狩りが可能になる.モンスターを捕まえると経験値やスペシャルアイテムを手に入れることが出来る.セピロス事業本部の李スンギュ本部長は,「馬鹿げた事が問題となっている実にもどかしい状況を,セピロスを通じて解消できれば」と,今回のイベントの趣旨を説明している.

…何だそりゃ ヽ( ´ー`)ノ

 相変わらず03/04にも書いた「言いたいことを言ってスッキリしてみました」というだけの「呪詛の文化」の 何とまぁ非生産的なことよ.今頃は青瓦台なり萬寿台なりで安倍晋三氏あたりを憑り殺すべく巫女が本気で飛び跳ねていそうでコワイ.
 日本で言ったら「言霊信仰」がそのまま21世紀の国家観にまで持ち込まれているような,こういう朝鮮人の前近代性から来るお祭り騒ぎというのは,何やら《自分のしっぽを追い駆けてくるくる回っている犬》を見ているような微笑ましさが無くもないのですが,一方で,この手の大衆の愛国心──その質がどうであれ──をも商売のタネにする開発側の意地汚さというのは,冗談抜きに嫌悪感を感じます.
 私たち日本人の領土意識は こうはなりたくないものです.

----
 それにしても「モンスターが領有権を主張」って何だか可愛いな.ゲーム中には国際司法裁判所は出て来ないのかしら.
[PR]
by xrxkx | 2005-03-30 14:04 | ここが変ニダ韓国人
またぞろ頭の悪い朝鮮人が出入りしているようだが
 昨日 アクセス統計を見ていて気付いたこと.どこかの頭の悪い朝鮮人が,「独島の真実」なる韓国サイトの掲示板に当blogに関するチクリ投稿を行なったようだ.すいか泥棒も有名になったものである.
 投稿中に晒されているIPアドレス(210.148.252.42)を見る限り 日本在住らしいが,私が韓国サイトを機械翻訳越しに読んでいると思っているところを見ると,どうやら例によって日本語はロクに読めていない模様.それにしては「右側にあるリンク先は全て極右集団」などと軽率に断言しているあたりが如何にも朝鮮人らしい.そうか,「日本李登輝友の会」や「台湾独立建国聯盟」って極右集団だったのか.知らなかったなぁ.:p
[PR]
by xrxkx | 2005-03-29 12:58 | ここが変ニダ韓国人
劉建超の「日華条約無効」論について
 Special thanks to わんこ なチクリネタ.本当はもう少し早く取り上げたかったのですが.中共がまた面白いことを言い出しています.

中国外務省、歴史教科書で日本の善処を要求 ─読売 03/26
【北京=藤野彰】中国外務省の劉建超副報道局長は25日、日本の歴史教科書問題について「日本が侵略の歴史を正しく認識し、対処できるかどうかに問題の本質がある。外交ルートを通じて我が方の立場をすでに日本側に伝えたが、日本政府がアジア近隣諸国の正義の叫びを重視し、適切に処理するよう求める」と述べ、日本側の善処を訴えた。
 一方、東京高裁が18日、元中国人慰安婦の損害賠償訴訟の控訴審判決で、日本が1952年に中華民国(台湾)との間で結んだ日華平和条約に基づき、控訴を棄却したことについて「日華条約は違法であり、無効だ」として強い不満を表明した。
 前半の教科書云々はここではどうでもよい.何故なら「歴史を正しく認識」していないのは寧ろ支那人の側だという話を これからするのですから.
 さて,この劉建超発言についてですが,03/27付の「しんぶん赤旗」の記事『つくる会歴史教科書 中国外務省が批判 日本政府に適切処理求める』はもう少し詳しく報じており,
【北京=菊池敏也】中国外務省の劉建超報道官は二十五日、文部科学省で検定作業が進められている「新しい歴史教科書をつくる会」主導の歴史教科書について、「日本の歴史教科書問題の実質は、日本が侵略の歴史を正しく認識し、対応できるかどうかだ」と強調しつつ、日本政府に対して、「アジア近隣諸国の正義の声を重視し、歴史に真剣に責任を負う態度で、この問題を適切に処理」することを求めました。
 劉報道官は、すでに外交ルートを通じて日本政府に中国側の立場を伝えたことを明らかにしました。
 「つくる会」の教科書をめぐっては、韓国に続き、中国も外交問題としてとりあげ、日本政府に対応を求めたことになります。
 劉報道官はまた、東京高裁が十八日、中国人元「慰安婦」被害者が起こした裁判の控訴審で、「日華条約」などを理由に被害者の損害賠償請求を棄却したことについて、「『日華条約』はもともと不法、無効なものであり、中日国交正常化で廃棄ずみ」と指摘しつつ、同条約を理由に判決を下したことは、「国際関係の準則を乱暴に破壊するもの」と批判しました。
 同報道官は「日本の指導者と司法当局」に対して、「中日共同声明を厳格に順守し、台湾問題での国際公約を適切に履行する」ことを要求しました。
とあります.
 さて,そもそも「もともと不法,無効」だったというものを「中日国交正常化で廃棄済み」とすること自体が可笑しな話です.また現に,日中共同声明(1972)を見ても その後の日中平和友好条約(1978)を見ても,「日華条約は廃棄される」などとは書いてありません.
 「日本国と中華民国との平和条約」を中共が「無効」と呼ぶということは,裏を返せば「中華民国」が主権国家としての条件を備えなくなった,すなわち「中華民国」が領土をも国民をも有しなくなったと中共が認識していることを意味します.即ち,日華条約が締結された1952年現在,「中華民国」が《領土としての台湾》を統治していたという主張を,中共は否定することになるのです.ついでながら,一方の「中華人民共和国」が歴史上一瞬たりとも台湾を統治したことが無いのは言うまでもありません.
 このことは,結局は中共の意に反して「日本がサンフランシスコ講和条約に従い台湾の領有権を放棄して以来,台湾の法的地位は未確定のままである」とする論を一層補強するものにしかなり得ませんが,それでもよいのでしょうか?

----
 周知のように,「中華人民共和国」が国連(=連合国)入りを果たしたのは,ようよう1971年になってのことです.日支間が戦争状態にあった当時の中共とは,ありていに言えば《日本軍から逃げ回り,延安の洞窟で無為徒食していただけの 土匪の親玉》に過ぎません.だからこそポツダム宣言には
吾等合衆國大統領、中華民國政府主席及「グレート、ブリテン」國總理大臣ハ吾等ノ數億ノ國民ヲ代表シ…
とあるのです.中共自らは「中華民国」の全ての権能を引き継いだと称して すっかり対日戦勝国になり遂せたつもりでいるようですが,彼らの謂う所の「歴史」とは畢竟こうした虚構の積み重ねに過ぎません.日本人の中にも,
中国もロシアもアメリカも、またある意味で韓国も北朝鮮も、日本を敵として戦った国であり、あの戦争の戦勝国でもあります。
などというおぞましい歴史観を平気で開陳なさる方もおいでのようですが,私たちは みだりに支那人の手口に乗って「侵略の歴史を正しく認識」させられていてはならないでしょう.寧ろこうした国際的詐欺師にこそ「歴史に真剣に責任を負う態度」を持つべく迫るべきです.

◇ 参考 ◇
覚え書き:「台湾は中国の不可分の領土」という嘘 (すいか 2004/12/21)
[PR]
by xrxkx | 2005-03-29 12:36 | 時事ネタ一般
【竹島】阿川公使GJ
 盧武鉉声明のことは一旦脇に置いておいて,竹島関連を先に1本上げてしまうことにします.日本の駐米公使による「竹島は日本領」発言で韓国がまたしても騒いでいるというニュースです.
 この報道,日本国内での扱いは随分と小さいようで,日本語版の記事を探してみると 引っ掛かって来るのはこちらの日経の記事1本だけ.一方で 韓国では昨03/26のお昼過ぎ頃から一斉に流れています

 今回の事態の経緯については文化日報の26日付の記事が詳しいのですが,この記事によると,どうやらワシントンポストが17日付の記事中の地図に於いて「日本海」に括弧付きで「(東海)」,および「独島」にやはり括弧付きで「(竹島)」を併記したのを受けて,阿川尚之・駐米公使が同紙に投稿文を寄せたもの.同紙はもともと竹島の名称については併記主義を採っていた由.で,その文章中,阿川氏は
「『東海』は国連公式名の『日本海』と標記すべきであり,また地図上に『独島』と標記されている島は日本の領土なので必ず『竹島』と標記すべきである」
「国連は昨年3月に『日本海』を公式名称と定めており,この用語を用いないことは国連の中立性を無視しその権威を侵すものである」
と主張,これが25日付の同紙読者欄に掲載されたもののようです.
 ちなみに上の文化日報の記事,標題からして「日本に先制点を取られた独島外交戦」というものですが,記事に曰く,
「駐米韓国大使館側はWP紙に是正を要求したり抗議したりといった措置を取って来なかった」
「今回の投稿を発端に独島問題は本格的な国際紛争に発展する見込み」
「言葉ばかりが先行し,実際的な対処の面ではこのように安易な姿勢を抜け出せずにいる盧武鉉政権が,この外交戦をどのように捌くつもりなのか気掛かり」
云々.
 おまけ.こちらのYTNの記事(動画あり)などは例によって阿川発言を「妄言」呼ばわり.阿川氏本人についても半分近くは「阿川」と呼び捨てです.
 竹島問題に関する韓国側の戦術は,一言で言うなら《領土係争地域であることを隠したままでの 実効支配の既成事実化》に尽きるでしょう.彼らにすれば「日韓双方が領有権を主張している」といった程度の無難な(?)記述ですら広まって欲しくない.ましてそれが日韓双方に甚大な外交的影響力を持つアメリカ政府のお膝元ともなれば尚更です.
 今回の阿川公使の寄稿は,日本外交が取るべき対抗措置の一環としては極めて的確だったと思います.ご存知のように韓国政府は竹島領有権に関しては話し合いに応じる気配すら見せていません.こういう相手との間での安易かつ不透明な二国間交渉によって事を決するのは禁物です.日本はあくまで「国際法による平和的手段によってこの問題を解決すべく可能なあらゆる策を講じている」という姿勢を大々的に第三国に向けてアピールする必要があるのは言うまでもありません.
 日本がこの問題を国際司法裁判所に提訴した場合,当然ながら韓国はこれに応じないでしょう.現に潘基文も25日,「韓国政府に訴訟に応じる義務は無く,必要も無い」と表明しています.それはそれで構わないと私は見ます.この段階に於いては,「国際法を重んじないのはどちらの側であるか」を広く国際社会に知らせること自体を,日本政府は目的とすべきです.
 もちろん,この段階にとどまっていたのでは何の意味もないだけでなく,寧ろ「日本政府は韓国による竹島占拠を事実上容認している」という認識を国際社会に広めてしまう逆効果を招くでしょう.
韓国側をして国際司法裁判に応じない意思を敢えて表明せしめた後は,安保理決議による対韓制裁,ひいては武力発動による日本の実効支配確立までを視野に入れて矢継ぎ早に手を打つべきです.

 何年も前から私は竹島については「極東のフォークランドにせよ」と主張して来ました.韓国による竹島占拠は日本の国家主権の重大な侵害であり,自衛権行使の対象です.武力行使に当たって憲法改正が追い風となるのは勿論ですが,現行憲法のままでは手も足も出ないと諦める必要は必ずしも無いでしょう.

----
03/28昼 追記:阿川公使の投書および元々のWP紙の記事の所在をTB元で知りましたので,リンク張っておきます.できれば阿川公使には "colonization" ではなく "annexation" と書いていただきたかったところですが,それ以外は納得の行く記述でしょう.
[PR]
by xrxkx | 2005-03-27 12:08 | 時事ネタ一般
盧武鉉が青瓦台のサイトに掲載した文章
 ごく一部で何となくリクエストのあった例の盧武鉉声明.面倒だけれど訳出しておきます.

●韓日関係関連・国民に申し上げる文 ─青瓦台 2005/03/23 (原文はこちら
尊敬する国民の皆さん,

報道を通じ,国民の皆さんの憤りを生々しく見守っています.併せて私は,沈黙している多くの方々の胸の内にわだかまっている歯痒さにも共感しています.

皆さんがお感じの怒りと歯痒さを少しでも解消しようと,本文を書いています.

国民の皆さんの歯痒さは,多くの憤りと抗議にも拘らず希望的な結末を予測し難いことにあるでしょう.これまで我が国民は,政府が微温的に対応する(訳註:生ぬるい対応をしている)時にも,また強硬な対応をしながらこれといった結果無くうやむやに終わる時にも,我々の意志を貫くだけの相応の手段が無いという状況を理解し,(訳註:政府を)強く責めること無く心を鎮めて来ました.

今回の政府の対応についても同様でしょう.それはそれで痛快ではあれ,やはり相応の結果を期待し難く歯痒くお思いのことと思います.

しかし 国民の皆さん,

今回は違います.正しく対応して行きます.勿論感情的な強硬対応はしません.戦略を持ち,慎重に対応して行きます.うやむやにもしません.長期的な視野を持ち,粘り強く対応して行きます.

尊敬する国民の皆さん,

日本はこれまで,自衛隊の海外派兵の法的根拠を作り,既に再軍備論議を活発に進めています.これら全てが,我々にとっては痛ましい過去を思い起こさせ未来を不安にさせるものです.

しかし,既に日本が謝罪し,我々がこれを受け入れ,新たなパートナーシップを宣言した中で,普通の国が一般的に斉しく持つ国家の権能を日本にだけ持たせないのでは日本国民が納得し難いでしょう.こうした判断に於いて,我々は不安な気持ちを抑え,言いたいことも差し控えて来ました.韓日関係の未来の為にです.

言ってみれば,謝罪は真の反省を前提とするものであり,またそれ相応の実践を伴うべきものであるため,小泉総理の神社参拝はこれまで日本の指導者たちが行なった反省と謝罪の真実性を毀損するものです.

しかし,これについても我が政府は直接的な外交争点としたり対応措置を取ること無く,暗に自制を促すにとどめて来ました.まさしく日本の指導者らが口癖のように繰り返し述べている未来指向的韓日関係の為です.しかしながら,今や事態はこれ以上黙過し得ないところまで至ってしまいました.

露日戦争(訳註:日露戦争のこと)は その名の通りロシアと日本の領土をめぐって戦う戦争ではなく,日本が韓半島(訳註:朝鮮半島のこと)を完全に占拠する為に起こした韓半島侵略戦争です.実際に日本はこの戦争に勝利したのち直ちに我々の外交権を強奪し,事実上の植民統治を始めました.

日本はこの戦争中に独島(訳註:竹島のこと)を自国の領土に編入しました.まさしく武力によって独島を強奪したのです.日本の島根県が「タケシマの日」を宣布した2月22日は,100年前 日本が独島を自らの領土に編入した日です.まさしく 過ぎし日の侵略を正当化し,大韓民国の光復(訳註:1945年の日本敗戦に伴って朝鮮が日本統治から分離したこと)を否認する行為です.

教科書問題も同様です.2001年,日本で歪曲された教科書が殆ど採択されなかった時,我々は日本の良心に期待を寄せ,東北アジアの未来について楽観的な見通しを持ったこともありました.しかしながら,今やその歪曲教科書が再び蘇ろうとしています.これまた侵略の歴史を正当化する行為です.

そして,こうした事が一自治体や一部の無自覚な国粋主義者らの行為にとどまらず,日本の執権勢力と中央政府の幇助のもとに為されているが故に,我々はこれを日本の行為と見做さざるを得ないのです.このことはまた,日本が今までに行なって来た謝罪を全て白紙化する行為です.

今や我が政府も断乎として対応せざるを得ません.侵略と支配の歴史を正当化し,またしても覇権主義を貫こうとする意図を,これ以上捨て置くわけには行かなくなりました.韓半島と東北アジアの未来の懸かった問題であるからです.

今のところ,まだこうした行為は大多数の日本国民の考えと異なるのが事実です.しかし,政治指導者らが歴史をあべこべに教えるようそそのかす行いが続くなら,状況は直ぐにも変化しかねません.

尊敬する国民の皆さん,

政府が積極的に乗り出します.これまで政府は日本に対し言うべきことや主張があっても,なるべく市民団体や被害者に譲り,言葉を控えて来たのが事実です.

被害者らの悲痛な絶叫にも手を差し延べず,被害者らが真相を求めて東奔西走している時も充分に助けて来ませんでした.政府間の軋轢がもたらすであろう外交上の負担や,あるいは経済に及ぼし得る影響への考慮もあったでしょうが,何よりも未来指向的な韓日関係を思っての自制であったでしょう.

しかし,返って来たのは,未来を全く考慮しないかの如き日本の行動です.今では却って政府が乗り出さなかったことが日本の放心(訳註:本来は「油断」に似た意味だが,ここでは「増長・慢心」程度の意味で用いているようである)を呼んだのではないかという疑問が提起されています.これでは行けません.今からでも政府が為し得るあらゆる事をやって行きます.

まず,外交的に断乎として対応します.外交的対応の核心は,日本政府に対し断乎として是正を求めることです.日本政府の誠意ある応答を期待するのは難しいだろうという懸念はありますが,当然行なうべき事であれば,受け身でおらずに粘り強く要求します.

次に,国際輿論を説得することです.国際秩序は力の秩序であり,国家間の関係は利益を優先するのが現実ではあります.しかしその半面,国際社会は皆が斉しく尊重すべき普遍的価値と秩序を強調する方向に一歩一歩進んでいるのも事実です.日本が普通の国家を超えて,アジアと世界の秩序を主導する国家になろうとするなら,歴史の大義に符合すべく振る舞い,確固とした平和国家として国際社会の信頼を確保すべきでしょう.

国際社会も,日本が人類の良心と国際社会の道理に沿って行動するよう促す義務があります.我々は国際社会にこの当然の道理を説得して行きます.

これら全ての事にも増して重要なのは,日本国民を説得することです.究極的に問題が解消されるには,日本国民が歴史を正しく知り,韓日両国と東北アジアの未来の為,日本が為すべき事が何であるかを正しく理解しなくてはなりません.そうしてこそ日本政府の政策が正しい方向を取り得るのです.

これらの事は決して容易な事ではないでしょう.他人の過ちを暴き指摘するのは骨の折れる事であるのみならず,気持ちのよい事でもありません.互いに顔を赤くして(訳註:興奮・激昂の意)対立することも多くなるでしょう.異なる国の人々の前で罵り争う姿に映ること(訳註:「日本人にそう見えること」を指すのか「第三国に」なのか不明)は極めて心苦しいことでもあります.

刻薄な外交戦争もあり得るでしょう.それにより経済,社会,文化その他のさまざまな分野の交流が萎縮し,それが我々の経済を困難にしないかという懸念も生じるかも知れません.

しかしこの問題に関してはさほど心配しなくてもよいでしょう.今や我々もそこそこの困難には充分に堪え得る力量を備えていると考えます.そして,国家的に必ずや解決すべき事の為にどうしても堪えるべき負担であるなら堪えなくてはならないでしょう.しかし一方では堪え難い負担が生じないよう,状況を賢く管理して行きます.

国民の皆さん,

如何なる困難があろうとも,あとに退いたりうやむやにしたりせず,我が国民が受け入れるに足る結果が出るまで粘り強く対処して行きます.今回は必ず根を抜き取ります.困難な時は国民の皆さんの助けを求めます.新たに事を行なうたびに国民の皆さんの意見を聴きます.

今やこの事を決心し,国民の皆さんに幾つかのお願いを致します.

一つは,一部の国粋主義者らの侵略的意図は決して受け入れてはなりませんが,かといって日本国民全体を疑いこれに敵対してはならないということです.日本と我々は宿命的に避け難い隣人です.両国国民の間に不信と憎悪の感情を育てては,またしても夥しい不幸を避け難くなります.

二つ目は,冷静さを失わず落ち着いて対応して行くということです.断乎たる対応をしながらも,理性を以て説得し,品位を失わないようにしなくてはなりません.ある程度の感情表現はやむを得ないでしょうが,節制を失わないようにしなくてはなりません.力で行なう戦いではありません.名分を失っては返り討ちに遭います.感情を刺戟しすぎたり侮辱を与えたりする行為は特に自制すべきでしょう.

三つ目に,粘り強さと忍耐心を以て対応して行かなくてはなりません.戦いというならこの戦いは一両日で終わる戦いではありません.持久戦です.如何なる困難をも甘受するという悲壮な覚悟で臨むとはいえ,体力消耗を最大限減らし得る智慧と余裕を持って,粘り強くやって行かなくてはなりません.

四つ目に,長期的な視野を持ち,戦略的に対応して行かなくてはなりません.慎重に判断し,慌てずに(訳註:原文では「느리다 싶게」.「ノロノロと感じるくらいに」程度の意)語り行動しなくてはなりません.一喜一憂してもならず,衆口難防してもいけません(訳註:ここでは「衆口ハ防ギ難シ」を誤用している).これまであまりに多くの言葉と行動が噴出して来たのではないかという不安が無くもありません.

尊敬する国民の皆さん,

我が国民の要求は歴史の大義に基づいたものです.我々は無理な要求はして来ませんでした.新たに謝罪を求めたりもしませんでした.(訳註:日本が自らのこれまでの)不実な謝罪までも白紙化する行いを正すよう求めているに過ぎません.そして,今なお処理されずに残っている問題に関しては,事実を認め適切な措置を取るよう求めているに過ぎません.

信念を持って手助けして戴きたい.そして勇気と自信を持っていただきたい.我々の要求には必ずや歴史が応えてくれるでしょう.
 あぁ疲れた.昨年12/17の首脳会談後の記者会見の時にもそうでしたが,この人の発言というのはどうしてこう冗長なのでしょう.要旨をまとめると,まず日本の内政への干渉が以下の4つ:
  1. 「自衛隊の海外派兵」「再軍備」への憂慮表明
  2. 小泉首相の靖國参拝を「これまで日本の指導者たちが行なった反省と謝罪の真実性を毀損するもの」として名指しで非難
  3. 島根県による竹島の日条例制定を「侵略を正当化し韓国の光復を否認する行為」として非難
  4. 「つくる会」の教科書が「蘇ろうとしている」ことを「侵略の歴史を正当化する行為」として非難
 で,これら一連のことが「日本の執権勢力と中央政府の幇助のもとに為されている」と断定した上で「是正を求めて行く」と言う.最初に一読したとき,「あれ? 慰安婦が出て来ないな」と少々意外に思ったのですが,そこはそれ,ちゃんと手品の種は用意してあるつもりのようです(後述).
 上の4点のうち 1と2については 昨日や今日始まった事ではなく,これ自体は昨年7月の日韓首脳会談(於 済州島)の折の「自分の任期中は歴史問題を外交争点化しない」なる発言を覆した言い訳にはなりません.第一,自衛隊云々は歴史問題とは直接関係ありませんし.
 問題は3と4です.わざわざ高野駐韓大使から「竹島は日本領」なる答弁を引き出させる質問をした記者というのが何者だったのか,あるいは内容が漏れるはずの無い検定中の教科書の内容が何故この時期に,誰の手で漏れたのか.これらの胡散臭さは既に多くのサイトで語られている事ですので繰り返すには及ばないでしょう.
 特に3については単なる歴史問題ではなく現在進行形の国家主権に関する問題なのであり,これについても当然日本には日本の言い分がありますが,そこに日露戦争を絡めて来るあたり,しかも日露戦争を「韓半島侵略戦争だった」と強弁するあたり,さる03/21にも引用した日本の某新聞の入れ知恵もしくは燃料投入の匂いがします.
 産経の03/16付記事では,島根県による竹島の日条例制定に伴う韓国報道の過熱ぶりを「一方的報道の独り相撲」と評していましたが,今回の「独り力士」は随分と有能な褌担ぎを従えているようです.

 で,盧武鉉がやると言っているのが何かというと
  1. 日本への断乎たる外交的対応
  2. 「日本が人類の良心と国際社会の道理に沿って行動するよう促す」べく国際輿論に訴えること
  3. 日本国民の説得.「正しい歴史」を知らせ,「日本が為すべき事」を理解させる
だそうです.「外交戦争もあり得る」とまで断言したにしては,その内容についての具体性に極めて乏しい.しかも,対日関係の冷却が経済に及ぼす悪影響を 盧武鉉自身が誰より恐れているのが明々白々でありながら「さほど心配しなくてよい」という.日本を相手に経済の消耗戦をやって勝てると本気で思っているのか,ごり押しすれば日本は折れると高を括っているのかは分かりませんが,こういうお気楽かつ身の程知らずな大統領が出て来るような国に韓国をしてしまった原因は,一にも二にも従来の日本の対応の甘さにあります.

 さらに,国民への「お願い」が次の4点:
  1. 日本国民全体を敵視するな
  2. 冷静さを失うな
  3. 「持久戦」を覚悟で粘り強く対応せよ
  4. 長期的視野を持ち戦略的に対応せよ
 このうち1番については,これは昨今の北朝鮮が用いているのと同じ論法です.拉致や核の問題により日本の対北制裁論が高まって以来,朝鮮中央通信や労働新聞が対日非難を行なう際には 従来のような「日本政府」ではなく「日本国内の一部極右勢力(時に安倍晋三氏などを名指し)」などの言い回しを多用するようになりました.今回の盧武鉉声明もそれと同じ手口で,その意図する所が日本政府内の所謂「国粋主義者」と世論とを乖離させることにあるのは言うまでも無いでしょう.
 2番については,本来大統領が国民向けに発すべき声明としては この2番だけあれば用は足りるかも知れません.とはいえ,それとても盧武鉉に事態の収拾を図る意図があればこその話で,今回の一連の騒動などは寧ろ盧武鉉が火をつけたようなものですから,「お前が今更それを言うか?」という感も無くはありません.
 3番と4番については,上述のように政府が具体的にこれから何をやろうとしているのかについて国民に具体的な説明を充分に行なってから言うべきことです.(続く)
[PR]
by xrxkx | 2005-03-25 04:47 | 時事ネタ一般
たずね人
 告知です.ちょっと気になる記事を読んだので….
つぐみ、どこにいるの?
小学生の娘が行方不明になりました。どんな些細なことでもいい、手がかりが欲しい母のblogです
とのこと.「a patriotic hss」の本日早朝の記事で知りました.心当たりのある方は先方に連絡してあげて下さい.
[PR]
by xrxkx | 2005-03-24 14:06 | 雑記
参加国募集中
 暫く軽めのネタを取り上げていなかったので,一昨日読んだニュースから.
世界の人々も「独島は韓国領土」 ─朝鮮日報 03/21
a0026107_12234630.jpg
ソウル市・銅雀(トンジャク)区の中央(チュンアン)大学の留学生たちがそれぞれの母国語で「独島は韓国領土」と書き込んだ用紙を手に持ち微笑んでいる。
だそうです.最初読んだときは「また こういう しょうもないヤラセをw」としか思わなかったのですが,写真をよーく見ると,中央の仏語のプラカード,
Nous défendons notre île Dokdo
(私たちは私たちの島・独島を守ります)
となっていますね.おおかた他の言語のも同じような事になっているのでしょう.このプラカードを持っているのって 留学生だそうですから,韓国国籍を持っているわけでもないでしょう.

 この場合,「私たち」って 誰のこと…? これでは「世界の人々」が銘々勝手に「竹島はうちのもの」主張しているようにしか見えないぞ :D

「世界の人々」が韓国の竹島領有を支持している絵を撮ったはずが,逆に

竹島争奪バトルロイヤル

をさせてどうするんだと   ヾ('◇' )ノ゙

おおかた韓国語の「ウリ」をそのまま訳しちゃったんだろうな….自分プラス1人だろうが全韓国国民だろうが何でもかんでもウリウリ言いたがる かの国では,こういうまぬけな失敗がしばしば起きます.
[PR]
by xrxkx | 2005-03-23 12:45 | ここが変ニダ韓国人
言論弾圧法案:韓国国内からの批判
 昨日は韓国政界の一角で進められているという言論弾圧法案について書きましたが,当事者である元喜龍(ウォン・ヒリョン)ハンナラ党議員のような自称「合理的保守」が推し進めようとする言論弾圧に対し 韓国社会が全くの無批判でいるわけではないということは,日本人も公正を期する意味で知っておくべきだろうと思いますので,一応ご紹介しておくことにしましょう.
 補足.韓国メディアのうちで 機械翻訳ではない手作業による日本語記事を用意しているのは所謂保守三大新聞(=朝鮮日報・東亜日報・中央日報)だけなので,一般の日本人が韓国事情について知ろうとする場合,どうしても保守系メディアの意見に引っ張られがちな傾向は あります.韓国国内が反日一色で染まりがちな竹島領有権問題や教科書問題などについてウォッチしているうちは まだそれでもよいのですが,韓国国内が賛否両論に分かれがちな政治的争点──例えば国家保安法廃止論争・首都移転論争・戸主制廃止論争など──については,保守三大紙だけ見ていたのでは どうしても見方にバイアスが掛かります.
 殊に,民主化運動当時に学生運動に携わっていた世代以降の若い韓国人の場合,保守三大紙よりはハンギョレや京郷新聞といった「市民運動寄り」の新聞を好んで読む傾向が強く,また昨今では紙媒体以外にネット上のニュースポータルが一般読者の意見を募っていたり,あるいは記事そのものをアマチュアの「市民記者」に書かせていたり──例えば先日の「ジェネジャン騒動」や 昨年1月の「Kの国騒動」の仕掛け人だった「オーマイニュース」などは そうしたニュースポータルの筆頭株で,例の朴某氏などもオーマイの「市民記者」の一人──といった形の謂わばニュースソースの大衆化が ある意味で日本以上に進んでいます.そのため,保守三大紙を通して知り得た韓国事情のみをもって 例えばNaver韓国人などに論争を仕掛けると,時として非常にトンチンカンな突っ込みを入れてしまうことになりがちです.
 さて,元喜龍氏のblogの03/21のポストを見てみますと,同法案への反対意見が3つ紹介されています.

◇氏のwebサイトの掲示板に寄せられた書き込みから:
「第二の韓昇助を防ぐ」なる新聞記事を見ました.
日帝を称揚する者は片っ端から処罰するというものでした.

これについて異議があります.

歴史問題に関しては様々な解釈があり,多様な評価があります.
そうした自由な評価と解釈を 法的に統制することは,
北韓にも見られる時代錯誤的な言論弾圧です(訳註:「北韓」は北朝鮮のこと).

(訳註:「日帝」の「植民地支配」の)被害者が今なお存在するため,
彼ら(訳註:「日帝」)に対する称揚的な評価はあってはならないとお考えのようですが…
それなら,朴正熙もと大統領の被害を受けた人々のため(訳註:そうした人々が今もいるから)
朴正熙は国家経営はうまくやったと称揚することも
法的に処罰されるべきでしょうか?

そうではないでしょう… 確かに日帝時代には誤った点も多かったけれど… 良かった点もあるのでは?

そうしたことも少しは考えてみてよいはずなのに,それを片っ端から法的に処罰するなら,
韓国は北韓とどこが違うというのでしょう.これでも民主国家ですか?

もう少し思慮ある議員になっていただきたいものです.

◇「愛国と表現の自由」 -朴ミョンジン氏(ソウル大 教授)の 東亜日報への寄稿-
 「『日帝強占下 反民族行為 真相糾明特別法』に規定される親日犯罪または反民族行為を擁護し称揚した場合,表現の自由の範疇に該当しないものと見做し,これを処罰する」という法案を,ハンナラ党の元喜龍議員が準備中だという報道があった(訳註:「強占」とは韓国人が日本による韓国併合を「強制占領」と見做して呼ぶ語).
※言論と表現の自由の概念の古典となっている「アレオパジティカ(areopagitica)」に於いて,ミルトンは1664年,「あらゆる自由に先立ち,良心に従い自由に発言し論駁する自由」の重要性を銘記している.ボルテールは「私はあなたの意見には同意しない.しかし,あなたが自由に意見を述べ得るよう,私は命を懸けて戦う」と述べたと言われる.何時何処でボルテールがそう発言したのかは記録が定かでないが,言論の自由を強調する際にしばしば引用される言葉である.宗教・言論や出版の自由を制限しかねない法を議会が制定することが出来ない旨を明示したアメリカの修正憲法第1条もしばしば取り上げられる.
※これまで,この自由に於いて強調されて来たのは,何よりまず権力に対する言論の批判である.政治権力の濫用や不正に対する暴露,背任や違法行為に対する批判が主に強調されて来た.そのため,ナポレオンの「もしも言論に自由を与えたならば,私の権力は三日と続かなかったであろう」という言葉もしばしば引用される.しかし,残念ながら個人の権利という部分はあまり関心の対象になっていない.人間社会が究極的に追い求めるべきものは生存の権利であり,言論と表現の自由もまた これを保護する為の文明社会の手段と見ることができる.勿論これとても無制限のものではあり得ないが,制限は最小限にとどまらなくてはならない.
※元・議員は自他ともに認める合理的保守主義者である.そして,その保守の概念には個人の権利保護が核心を占めているとのことであった.彼の立法推進の動機が如何なる善意に端を発するものであれ,全体主義体制の悪法の大部分が「国家と民族の為に」なる愛国的名分を掲げて個人の口に轡をはめて来た事実を どうか忘れないで欲しいものである.

◇元・議員の発想は極めて危険かつ稚拙だ -与党・ウリ党の李サンミン議員による法案反対声明-
 ハンナラ党の元喜龍議員が,「『日帝強占下 反民族行為 真相糾明特別法』上 親日犯罪または親日反民族行為と規定される行為を擁護し称揚した場合,これを処罰することのできる『日帝侵略行為歪曲および擁護防止法案』を準備中」だと発表した.
 これは極めて不適切であり,反日感情に便乗しようとするだけの薄っぺらな政治的術策としか見ることができず,さらには極めて危険な反民主主義的・反人権的思想観に(ママ:「を」か)持つものと思われ,大いに警戒したい.
 即ち,歴史に対する評価は各者の良心に従い自由に表現されるべきものであるということは絶対的に保証されるべきなのであり,それが今回の韓教授・池某(訳註:韓昇助・池萬元の両氏を指す)の件の場合のように あまりにも荒唐無稽かつ反民族的な内容を含んでいるとしても,これは健全な良心に基づいた批判によって死滅させ逐い出すべきものなのであって,法による処罰によって口を塞ぐべきものではない.
 自分の気に入らないからといって刑罰の権を振りかざし処断しようとする発想は,危険かつ反民主主義的である.ましてや真っ当な民主主義と人権意識に誰にも増して透徹すべき国会議員が,激昂の極にある反日感情に便乗し,軽率かつ無責任にそうした稚拙な法案を作ると公表することは まことに嘆かわしい.

 一方,それに対する元氏の所感は以下の通り:
被害者である我々の目で「戦犯国家の反人類的犯罪行為」を眺めるのでなく…
侵略者であり加害者である日本の目で
「反人類的犯罪行為」や それによって苦痛を受けた我が民族の痛みを眺め…
「日帝には良いところもあったじゃないか」などと どうして言えるのか…

朴ミョンジン教授はご自身が引用なさっているボルテールがどこの国の人だかご存知なのか…

ヨルリン・ウリ党の李サンミン議員は…
ナチ擁護発言を行なったゴーリッシュ(ママ:正しくはGollnisch)を法律で処罰した「ボルテールの祖国」フランスが
反民主主義的・反人権国家だとお考えなのか…

ナチ擁護発言は法律で処罰されるのが当然だが…
日帝侵略行為擁護発言は法律で処罰されてはならないとお考えなのか…

本当にフランスが表現の自由も人権も無い…
極めて危険で稚拙な国家だとお考えなのか…

反人類的犯罪行為を擁護する行為を「他者に対する暴力」だと定めた国連人権委を,
自分の気に入らないからと言って刑法の権を振りかざして処断しようという…
極めて危険で反民主主義的な行動を旨とする場だとお考えなのか…

全世界が斉しく処罰する「戦犯国家の反人類的犯罪」を
「被害国家」である我が国でも処罰し得るようにしようとすることが…
何故こうも難しいのか…

全世界が斉しく処罰する犯罪行為を処罰することが…
何故我が民族にとってだけ こうも難しいのか…

何故…

悲しい月曜日です…

悲しくて涙の出る月曜日です…
 池萬元氏との討論の後の 同氏への「釈明」中では あれだけヘラヘラしていた元氏が,また例の悲憤慷慨調に戻っています.03/17には私は
ここ数日来の竹島問題に頭の筋が何本か切れたのか,あるいは単に 頭に血が上った国民向けに意図的に義憤を演じて見せているのかは分かりませんが,
などと書いたのですが,今回もこういう調子でやっているところを見ますと,
  • これを地でやっているなら相当な馬鹿者であり
  • これを演技でやっているのだとすれば相当な役者ではある
わけで,今のところ どちらとも判断のしようがありません.
 どちらであるにせよ,「日帝=反人類的犯罪国家」「韓国=被害国家」という旧来のいかにも韓国的な被害者史観を万古不易の真理と信じているらしい点に,この人の何よりの不幸があると言えるでしょう.
 昨03/21にも書いたように,日本統治下の韓国は フランスのような被占領国ではありません.私とて日本による朝鮮統治に何ら問題点が無かったとまで断言するつもりはありませんが,ともあれ総体的に見れば 朝鮮人は日本統治の被害者ではなく受益者であったのは動かし難い事実でしょう(そもそも第2次大戦当時,「被害国家」としての韓国は存在していません).朝鮮人にとって認めたくない事実でしょうが,残念ながら朝鮮は日本統治によって初めて近代というものを知ったのです.朝鮮に自力近代化の可能性などかけらもありませんでした.朝鮮にも少なからずいた開化派人士が 誰によってどういう弾圧のされ方をしたかを思い起こしてみれば 一目瞭然でしょう(例えばその代表たる金玉均がどういう末路を辿りましたか).
 そうした「植民地近代化論」を「日帝の侵略を美化するもの」として糾弾したいなら,歴史研究の舞台で相応の反駁を行えばよいだけの話です.法によって他者の口を閉ざす必要があるとは思えません.
 元氏が第2次大戦後のフランスに於けるナチ協力者粛清の事例を自らの法案の大義名分の唯一の裏づけにしているらしいことは 上の文章からも明らかですが,一つの大義名分を以て他の全ての圧制を糊塗しようとするのは 古今東西の専制政治の常套手段です.バスティーユの囚人たちを解放した群衆に如何なる正義があろうとも,ロベスピエールの恐怖政治が免罪されるわけではありません.
 法を以て言論を抑圧することの危険さを敢えて顧みようとしない こうした韓国的「合理的保守」とは 畢竟民族的ショービニズムの域を出るものではなく,上のような数々の批判にも拘らずこうした法が罷り通るならば 韓国社会は今なお文革期の支那と何ら変わりない迷妄の中にあると言わざるを得ないでしょう.
[PR]
by xrxkx | 2005-03-22 21:56 | 韓国の親日派狩り
いよいよ韓国人が「親日 擁 護 発 言 も処罰する」と言い出した
 既に昨日(03/20)辺りから韓国保守三大紙も日本語ニュースで伝えているように,親日・反民族行為に対する擁護・称讃を処罰する法案を国会に提出しようとする動きが出始めています.昨年3月に国会を通過した「日帝強占期 親日反民族行為真相究明に関する特別法」では 特に罰則規定は設けないということになっていたはずなのですが,今回の法案は「親日派」やその子孫ではなく それを擁護する発言を行なった人物を処罰の対象としている点が画期的(?)です.

 面白いことに,この動きは与党・ウリ党からではなく野党・ハンナラ党から起こされています.その中心人物が,実は当blogでも今までたびたび取り上げて来たウォン・ヒリョン議員です(上の朝鮮日報のニュースにより,「ウォン・ヒリョン」の漢字標記が「元喜龍」であることが ようやく確認できましたので,以後漢字標記に統一します).昨03/20付で,元氏のblogに同法案についての文章が上がって来ていました.それによると 同法案の骨子は
公共の場所で公然と煽動や言論,出版を通じて日帝侵略期間の反民族行為,戦争犯罪,反人類的犯罪行為等を称揚したり擁護した場合,表現の自由の範疇に該当しない犯罪行為と見做し,こうした行為を処罰するようにするもの
だそうです.更に元氏の言うには
「表現の自由には責任を伴う」とする大韓民国憲法の精神に則り,反民族行為,反人類犯罪,戦争範囲(ママ:「犯罪」の誤記か?)行為に対する公然たる歪曲や擁護行為を処罰する
戦犯国家であるドイツと日本が行なった「反人類的犯罪行為」についての歪曲および擁護,称揚は,国連人権委員会に於いて「表現の自由」ではなく「他者に対する暴力」であり「深刻な人権侵害」であると規定されており,処罰されるべきである
とのこと.
 ところで,同文中で元氏は同法案の必要性について「フランス並みの過去史清算の為に」と述べていますが,これには少し説明が必要かも知れません.
 韓国人は戦前の日本をナチスドイツになぞらえるのが大好きで,口を開けば「日本はドイツのように真面目に反省していない」とか何とか言い出すのはご存知の通りですが,例えば今月10日付のオーマイニュースの記事では,フランスの某大学教授が「ナチ占領下のユダヤ人虐待の実態については再検証が必要」などと発言して のちに職を追われた事例を挙げ,「フランス版・韓昇助」だの「幼稚型人格」だのとお得意のレッテル貼りに終始しています.韓国人にしてみれば,「過去史清算」に名を借りた昨今の親日派狩りに もっともらしい大義名分を付けたいのでしょう.「別に韓国だけではありません,海外でもやってます」というわけです.
 ただ,何度も言うように,韓国人たちが 自らの社会で行なっている魔女狩りを第2次大戦後のフランスに於けるナチ協力者粛清になぞらえることには,次のような無理があります:
  1. ナチスドイツはフランスを武力により占領したのに対し,日本による韓国併合は両国間の平和的手段による外交行為の結果である.
  2. 日本による韓国併合は1910年の事であり,「ファシズム」とは何ら関係が無い.仮に百歩譲って第2次大戦期に於ける日本の「反人類的犯罪行為」なるものが存在したとするならば,朝鮮人はそれを裁く側に立つ資格は無く,むしろその共犯として裁かれる側に立たなくてはならない.
要するに韓国人は第2次大戦当時のフランス人とは異なり「被占領国民」ではなかったのですから,韓国とフランスとを同列に論じること自体がナンセンスです.誤った前提からは誤った結論しか出て来ません.
 脱線.韓国は被占領国ではないという明白な事実を 併合当時の朝鮮人たちがどの程度正確に理解していたかという点については,多少議論の余地があるかも知れません.現に朝鮮人たちは,彼らが属する日本が敗戦を迎えるや一転して「戦勝国民」並みに振舞い始めた経緯があります.
 それがその後の在日韓国人/朝鮮人らへの日本人の反感の主たる原因になっているのであり,こうした相応の理由に基づく国民感情は 彼ら朝鮮人らの謂う所の「差別」とは異なります.

 冒頭に述べたように,この動きが保守陣営サイドから出て来ていることには注目する必要があるでしょう.今まで親日派狩りといえば,ウリ党側のハンナラ党叩き(もっとズバリ言ってしまえば朴槿惠叩きだが)の道具という側面が強かったのは周知の事実.あの朴正熙までが昨今では親日派に祭り上げられているのは,そうした背景があってのことです.
 ところが,竹島領有権論争や教科書検定などを巡って韓国の大衆の反日感情が俄かに表面化して来ているご時世に,保守を自認する論客の側から「親日擁護」とも受け取られかねない「日本統治再評価論」だの「日本に学べ論」だのが飛び出して来てしまいました.03/14にも書いたように,ハンナラ党など保守派にしてみれば「保守派が世間から十把一絡げに親日派扱いされるのは困る」という事情もあり,どこかで保守派内部での「トカゲの尻尾切り」をやる必要があったということでしょう.
 韓昇助氏の「正論」への寄稿に端を発する一連の「親日叩き」は,保守派から見ても「踏み絵」であると同時に,人気取りと割り切ってさえしまえば 実にお誂え向きの材料だということになります.もっとも,韓国内部のご都合のために一々ダシにされる日本にすれば たまったものではありませんが.

 同時に,日本統治のありのままの姿を広く社会に知らされることを 韓国人たち自身が如何に恐れているかを,この法案は如実に物語っていると言えるでしょう.殊に上の元氏のような戦後生まれの,ガチガチの反日教育を受けて育った世代の韓国人にとって,日本統治がもたらした功罪の再検証・再評価などは それこそイスラム教徒にキリスト教への改宗を迫るのに等しいほどの精神的インパクトを伴う作業でしょうから.その意味では,彼らの親日叩きを単なる人気取りとのみ見ては,彼らが少々気の毒かも知れません.──もっとも,彼らをお世辞にも「合理的保守」などと呼べないのは間違いありませんが.

a0026107_13192777.jpg ところで,その元喜龍氏が池萬元氏に仕掛けた公開討論について 前回(03/17)にも触れたのですが,討論の模様を伝えたニュースを見る限り,討論の主たるテーマであったはずの「真の保守とは」云々については それほど突っ込んだ議論が交わされたわけでもなさそうです.全文訳出するほどの価値は無さそうですから,引用されている双方の発言だけ抜粋しておくと
元:
「独島(訳註:竹島のこと)侵奪により全国民が憤っている敏感な状況のもとで,親日擁護発言により国民の血圧を上げている」
「民族の自尊を守らないのは偽保守であり,保守の仮面をかぶった守旧だ」
「民族の魂の泉に唾を吐き,汚物を撒き散らす汚物(ママ)を除去する為,守旧を保守から分離除去しに来た」

池:
「メディアは池萬元が妄言を吐かないかと追い掛け回している.元喜龍議員もメディアが私を攻撃しているのを聞いて私を汚物とまで卑下させている」
「挙句は私がもと慰安婦らに自殺を勧めているとまで言って攻撃している.そんな事を言った覚えは無い.これまで私は妄言など言ったことは無い.妄言はでっち上げ(訳註:原文では「加工されたもの」)だ」
と,単なるネガティブキャンペーン合戦もしくは罵詈雑言の応酬に終始したようです.
 討論を終えた後 池氏が自サイトに掲載した文章と,それに対する元氏の「釈明」が それぞれ公表されていました.興味のある方は機械翻訳でも使ってお読みになって下さい.
 特に後者,これが国会議員の書く文章だというのだから…いやはや何とも.一見Naver韓国人と間違えそうなほど「何々です~^^」が乱舞していますが,ご想像通り.「勝手に勝利宣言」→「勝者の余裕を殊更強調」という,Naver韓国人がよくやるアレですね.
 竹島領有権という現在進行形の国際的懸案事項と 親日擁護云々という韓国国内の歴史認識の問題とが,この元喜龍なる議員の頭の中では 何の疑問も無しにリンクしているらしいのは興味深い現象でしょう.元氏に限らず多くの若い世代の韓国人に見られるこうした傾向が生まれて来る要因が 上で言う「独島侵奪」なる史実誤認にあることが,上の発言からも分かります.──もっとも,日本国内にも
 日本は、島根県への編入は手続きにすぎず、それ以前から固有の領土だったとの立場だ。しかし不幸なことに、韓国民にとっての100年前は、第2次日韓協約によって外交権が奪われ、日本による植民地支配に道が開かれた年である。
 皆さんはあの島を「独島」と呼び、韓国領であることに議論の余地はないと言います。島根県が竹島を編入した100年前は、日本による韓国併合に道が開かれた年。折から歴史教科書の検定もからんで、この問題を植民地支配の歴史に重ね合わせる皆さんの気持ちは分からぬではありません。
などという社説まで載せて韓国人の歪んだ被害者史観の醸成に一役買っている新聞があるくらいですから(特に17日付の日本の主要紙の社説は韓国にもその日のうちに伝えられた),日本人としても 彼ら韓国人の歴史認識の歪みっぷりを笑ってばかりもいられません.


◇ 参考 ◇
反日に狂奔する言論弾圧国家の誇らしき民衆 (doronpa, 03/20)
竹島だ教科書だと騒いでますが (rx178の最近気になる朝鮮半島, 03/21)
[PR]
by xrxkx | 2005-03-21 13:11 | 韓国の親日派狩り