<   2004年 09月 ( 45 )   > この月の画像一覧
今更ですが 謝罪旅行考
 私が普段よく読ませていただいているblogで,ここ数日一斉に 智弁学園の修学旅行の件を採り上げています.

韓国謝罪修学旅行 (散歩道)
韓国への修学旅行に保護者は反対するべき (rx178の最近気になる朝鮮半島)
智弁学園、自虐修学旅行 in 韓国 (娘通信♪)

 ソースとなっているのは 次の2本の記事.

智弁学園理事長、韓国大統領から表彰 ──朝日 「MYTOWN - 奈良」 2004/09/28
修学旅行など交流続け評価

  智弁学園(五條市)の藤田照清理事長(75)が韓国大統領表彰を受け、27日に同学園で報告会があった。智弁学園高校が約30年前から韓国へ修学旅行に出かけているほか、韓国の高校生を毎年招待して交流を深めてきたことが評価された。
  藤田理事長は24日に開かれた韓国の「観光の日」記念式典で、盧武鉉大統領から産業褒章を授与された。
  韓国への修学旅行は1975年に始まった。藤田理事長が、生徒に国境を越える体験をさせ、日本文化の源流である朝鮮半島を訪れることの大切さを感じて計画。日本から韓国への修学旅行は同校が初めてで、いまでは全国で約6万人に広がっているという。
  藤田理事長は「反対の声や不安もあったが、自分が進めたことが間違いなく、広く理解を得られたのがうれしい」と話した。

韓国修学旅行30年目 藤田照清理事長 ──中央日報 2004/04/21 17:29
「大和から飛鳥に続く日本文化の源流は新羅(シルラ)と百済(ぺクジェ)文化です。 生徒らに正しい文化観と歴史観を持ってもらうという趣旨で、毎年、韓国へ修学旅行に来ています」。
日本・奈良県にある智弁学園の藤田照清理事長(73)。 彼は財団傘下の奈良校と和歌山校の修学旅行団およそ700人を率いて今年も韓国を訪れた。 修学旅行団は高校別に分かれて19日と20日、下関から船に乗って釜山(プサン)に到着した。 同校の生徒らは慶州(キョンジュ)、扶餘(プヨ)、民俗村、景福宮(キョンボックン)、非武装地帯を観光する4泊5日の日程を終えた後、23日と24日に帰国する。
藤田理事長が初めて韓国に修学旅行団を送ったのは1975年。 当時、韓日関係は74年に起きた「陸英修(ユク・ヨンス)女史狙撃事件」で緊張状態にあった。 周囲は引き止めたが、「いま行かなければ、今後はもっと行くのが難しくなる」と考えて強行した。 その後30年間、一年も欠かさず計1万5000人の生徒が韓国を訪れた。
彼は韓国を頻繁に訪れているので自然に知韓派になると語った。 88年ソウルオリンピック(五輪)を通じて成し遂げられた「漢江(ハンガン)の奇跡」を実感したと話す。 日本植民統治35年を贖罪(しょくざい)するという意味で、韓国への修学旅行を少なくとも35年間続けようと思うようになったという。 韓国への修学旅行が長年続いたので行き先を変更しようという意見も少なくないが、藤田理事長は「韓国行きに反対すれば修学旅行自体をなくす」と冗談(?)を言う。和歌山校はソウルの漢陽工高と姉妹提携している。  

金世俊(キム・セジュン)記者 < sjkim@joongang.co.kr >
写真=辺ャ搭縺iピョン・ャ塔O)記者

 馬鹿馬鹿しいにも程がありますね.

 贖罪どころか,韓国人に近代というものを教えたのは日本人なのですから,少しは感謝してもらいたいものです.それくらいのことは胸を張って言ってよい.
 子供たちに《正しい歴史》を教えたいなら,ありもせぬ「植民統治」に関する謝罪文など読ませるより香港返還式典のチャールズ皇太子のスピーチでも読ませたほうが遥かに為になる.

 ちなみに,同じような「謝罪修学旅行」が話題になったことは 5年ばかり前にもありました.

韓国に「謝罪修学旅行」 広島・世羅高校 ─韓国紙報道 ソウル記念公園に生徒200人

という産経の記事があります (おそらく99/03/06付:元々のURLは http://www.sankei.co.jp/databox/paper/9903/06/paper/today/itimen/06iti001.htm ←既にリンク切れ).この「世羅高校」なる学校,99/02/28に校長が自殺しています.…というより,それがきっかけで同校教師陣の左翼偏向ぶりが世間に広く知られるに至ったわけですが.

参考: 広島の公教育はなぜ崩壊したか ―検証「人権」「平等」30年の“果実”― (鴨野守 著,世界日報社)

 世界中のどこに行っても「私は日本人だ」と胸を張って言える人間が こういう教育者のもとで育つかどうか,甚だ心許ないのですが,高校生ともなれば一応の分別はあるでしょう.
「学校で教えられる『日本が過去に朝鮮で行なったという悪事』というのは 本当なのか?」
について 自分の頭で考えてみるようになるには それ相応の時間や勉強量が必要でしょうけれども,少なくとも
「半世紀以上も前のことを なぜ私が謝らなくてはならないのか?」
といった《釈然としない気持ち》くらいは 彼らも持つはずです.そうしたことが,鍵括弧の付かない本当の意味での正しい歴史を彼らが学んでくれる契機になってくれれば,それはそれで良いことかも知れません.
 それには何と言っても情報量が肝心でしょう.差し当たっては,例えば 目を通したこともない教科書を「侵略戦争を美化している」だのと称して排除しようとするような手合いには 一切譲歩しないことが肝要です.

上の産経の記事に出て来る,
高橋史朗・明星大教授の話 「過去の立場を超えて戦争犠牲者を慰霊するなら良いことだが、条約に基づいて日本が朝鮮半島を統治したことの非のみを一方的に謝罪する行為は、かえって国際的な信頼や友好を妨げる。本当の和解とは、言うべきことを言い合って築かれるものだからだ。日本の一部の教師たちが持つ思い込みや非常識さが、この修学旅行のような広島県の異常な教育の背景にある」
という言葉が,教育の現場に限らず これからの日本人の取るべき姿勢がどういうものであるかを 語り尽くしているように思います.

----
 蛇足.
  1. 「漢江の奇跡」だか何だか知らないが,新興工業国の経済成長を高校生に見せたいなら マレーシアにでも連れて行ったほうが数段マシです.わざわざ自腹を切って 今も喉から手が出るほど外貨が欲しい韓国に 高い日本円を落としに出掛けて行ってまで,そういう韓国人の薄っぺらな自尊心を満足させてやる必要が どこにあるか.
  2. 朝鮮半島が「日本文化の源流」だというのが滑稽.韓国人という連中は 日本の文化(とりわけ世界的に有名なもの)は何でも自分たちが起源だと言い張るのが習い性になっている.そんな 根拠も何もない韓国人の自己肥大やら劣等感やらに 無闇に物分りのよい顔ばかりして見せてどうするのか.
    (参考: 韓国のホームページを日本語で読む
     だいたい,こういう阿諛迎合を日本人の口から聞いて喜んでいる韓国人たちは,そうした考えがそのまま「日韓同祖論」に繋がり,ひいては日本による韓国併合の根拠付けに利用された歴史を知っているのやら いないのやら.

[PR]
by xrxkx | 2004-09-30 19:16 | 時事ネタ一般
中共当局の情報遮断に協力するgoogle
※ 昨日(2004/09/29)POSTしようとして ネットの具合が悪く失敗したので,本日再投稿.

----
 私がときどき読みに行く "The Inquirer" というサイトに,今日(2004/09/29)付で "Google agrees to Chinese censorship" という記事が載っていました.

 中共でのネット上の言論統制については つとに知られるところで,例えば「SAPIO」 2004.07.28号 p.96には 「中国本土ではアクセスできないインターネット・サイトの一部」として
http://www.tibet.com/ チベット亡命政府公式HP
http://www.minghui.ca/  法輪功公式HP
http://www.amnesty.org/  アムネスティ・インターナショナル
http://www.wangdan1989.com/  民主化活動家・王丹 氏
http://asiademo.org/  民主化運動団体・民主論壇
http://www.gio.gov.tw/  中華民国行政院新聞局
http://news.chinatimes.com/mainpage.htm  中国時報(台湾)
http://www1.appledaily.atnext.com/template/apple/sec_main.cfm  蘋果日報(香港)
http://www.mingpao.com/  明報(香港)
http://www.caochangqing.com/  ジャーナリスト・曹長青 氏
などが挙げられていますが,上の "The Inquirer" の記事は 単に「中国国内でアクセス遮断されているサイト」の話ではありません.要するに 中共当局が好ましくないと判断したサイトは検索にすら引っ掛かって来ないような措置を googleが取った(但し支那でgoogleを使った場合のみ)ということ.「支那でのビジネスチャンスと引き換えに 中共当局による言論統制に力を貸している」として googleが非難されているわけ.

 同じようなことは googleだけでなく yahooもやっているようで,例えば "Google, Yahoo Accused of “Irresponsible” Chinese Censorship" (webproworld.com) のような記事も既に上がって来ています.

 他に Glutterという在米香港人bloggerのサイトが中共当局による(特にネット上での)情報統制について以前から詳しく扱っていますが,同サイトにも "News: Google and Yahoo Censors Search in China" というエントリがありました.
(ついでに,同じ執筆者の "All Typepad Sites Banned in China" というエントリは,支那からアクセス不能なものが如何に多いかについて かなり詳しく述べています)

 よく知られているように,中共当局は こうした言論統制の口実として「ポルノに対する規制」を挙げており,実際に一部ポータルなどでは賞金まで懸けて「エロサイト狩り」をやってもいるわけですが,これがあくまで体制批判を抑え込む為の口実に過ぎないのは,例えば googleで「女体盛」を検索してみると支那のサイトがトップに出て来るのを見ても一目瞭然.写真入りの記事もたくさん引っ掛かって来ますので,そういうのがお好きな方はぜひどうぞ(笑).
 あんな写真を官営通信社のサイトに平気で載せておいて,「ポルノの取り締まり」も何もあったものではない.要するに,《体制に対する民衆の不満のガス抜きとしての反日》に役立ちそうなものは野放しになっている.しかも 上の女体盛りなんぞは 店の経営者も「お皿役」も支那人なのに,何故か「日本が悪い」「日本文化は低俗」ということになっているのが摩訶不思議.

----
 折しも今日 09/29は 日中共同声明が発表 (1972) された日です.海の向こうでは このような人権抑圧や安手の反日プロパガンダが続く一方で,先日 こんなニュースがありました.

中国人男性の収容と送還停止 家族の生活崩壊危機と判断 ──朝日 2004/09/23 03:00
 在留資格が切れたまま日本で暮らしていて3月に無免許運転で逮捕され、入管に収容された中国人男性(36)について、東京地裁(鶴岡稔彦裁判長)は22日、収容と強制送還を停止する決定を出した。男性はラーメン店を経営しながら、日本人の妻と子どもら家族4人で暮らしており、鶴岡裁判長は「収容が続けば営業ができなくなり、家族の生活が崩壊する危険が高い」として男性側の申し立てを認めた。
 決定によると、男性は日本語を学ぶため88年に来日。同年に在留期間を更新して以来、手続きをせずに滞在していた。中国に離婚交渉中の妻がいるが、内縁関係の女性(29)と女性の子(9)、2人の間に生まれた子(2)と暮らし始め、ラーメン店で生計を立てた。逮捕後の5月に収容され、6月に道路交通法違反と出入国管理法違反の罪で懲役3年執行猶予4年の有罪判決が確定した。
 鶴岡裁判長は「妻は健康状態が悪いなか、2人の子どもの世話をしながら営業している。収容が続けば、子どもも福祉施設の保護を受けることになって影響は大きい」と判断した。
 事情はどうあれ,不法入国者への過度の「人道的配慮」は 却ってこの種の不良支那人たちに味を占めさせるだけで有害無益のような気がしますが,どうでしょう.

----
 同日14:30 追記.上のGoogleのニュース,よりによって「Excite」に上がっていました(笑).blog以外にExciteを使っていないのがバレバレだな… :D
『Googleニュース』中国版、中国政府の検閲に追従 Excite, 2004/09/28

 googleといえば 以前中共当局が国内からのアクセスを制限していたことがあります.当時の記事を探してみたら,他にもいろいろ出て来ますね.Wikiがやられているというのは初耳でした.

中国政府によるインターネットの検閲
突然Yahoo!が見えなくなった事件 (プロフェッショナルDTP)
中国政府、Chinese Wikipediaへのアクセスを遮断 IT Media News, 2004/06/15
 ウィキメディアニュース
中国がネット規制を強化 HotWired, 2000/10/03
中国でGoogleが使用不可能?~米大学の研究者が指摘 Internet Watch, Impress, , 2002/09/03
中国政府、グーグルを遮断 HotWired, 2002/09/03
中国からGoogleにアクセスすると中国系企業サイトが表示される ~検閲政策の一環か Internet Watch, Impress, 2002/09/11
中国政府、今度は AltaVista を遮断 japan.internet.com 2002/09/11
中国のインターネット言論統制 - その厳しさは世界一の実態が明らかに (MYCOM PC WEB, 2002/12/05)
[PR]
by xrxkx | 2004-09-30 09:26 | 時事ネタ一般
町村新外相の靖国発言を読んで
 組閣が終わり,新外相に就任した町村氏が さっそく靖国参拝についてコメントしていましたね.今 この記事を書いている 2004/09/28 18:46の時点では,ネットに上がって来ているニュースは

首相の靖国参拝、英霊に平和誓う当然の行為…町村外相 ──読売 2004/9/28/12:53

首相の靖国参拝は「当然」=慰霊の方法、各国で違う-町村外相 ──時事 2004/09/28 13:02

首相の靖国参拝 町村外相「当然」 ──産経 2004/09/28 15:53

町村外相、首相の靖国参拝に理解示す 自身は再考姿勢 ──朝日 2004/09/28 16:27

<町村外相>首相の靖国参拝「普通の感覚」と理解示す ──毎日 2004/09/28 16:36

の5件あるようです(全てmore欄に控えがあります).共同通信は採り上げていないようで,見つかりません.それはさておき.
「恒久平和のため努力していることを日本国首相として英霊に誓う行為は当然のこと」
「それぞれの国にそれぞれの慰霊の仕方がある」
等のくだりは,多少の表現の違いこそあれ 概ね共通の報じられ方(但し毎日だけが「当然」発言についてスルー).ここまでは良い.記事ごとに 書いたり書かなかったりしている箇所について見てみましょう.まず「死生観」発言について.おそらく時系列順に追うと
「中国の方は、悪人で死んだ人はあの世に行っても悪人だという死生観を持っている」 (産経)
 ↓
「日本では、亡くなった人はすべて神であるとの死生観を持つのが普通の感覚ではないか」 (毎日)
 ↓
「日本と中国では死生観が違う。お互いもう少し、率直な話ができないかと思う」 (朝日)
というようなことを言っていたのでしょう.こんなこと,新外相がわざわざ就任早々,しかも中共がまだ何も言って来ていないうちからコメントすべきことでしょうか.しかも,これでは靖国に合祀されている戦没者を事実上「悪人で死んだ人」と自ら認めているに等しい.一国の外相たるものがこんなことでどうするのか.
「靖国神社への参拝は中国人民に対する冒涜(ぼうとく)だという議論は、日本人にはすとんと分かったとは言い難い」 (産経)
「A級戦犯が合祀(ごうし)される靖国神社への参拝が『中国人民を冒とくする』との議論は、日本人にはすとんと分かったと言い難い」 (毎日)
と,ここでも「A級戦犯」などという言葉が出て来るようですが,実際にこんなことを言ったのだとしたら心許ない限り.
 そもそも戦争に於ける大義というのは決して戦勝国の側にだけあるものではない.アジア諸国の日本を見る目を御覧なさい.日本の「植民地支配」だの「侵略」だのの「被害者」を演じているのは中国と朝鮮だけです.間違っているのは靖国参拝ではなく,占領国の論理で一方的に明治以後の日本をナチと同列に断罪した「東京裁判史観」のほうです.ましてや大東亜戦争当時は日本国民だった朝鮮人や,日本軍と国府軍とを争わせて漁夫の利を拾っただけの土匪に過ぎない中共などが,戦勝国なみの口を聞こうなどは僭越の極みです.「すとんと分かったとは言い難い」など,生ぬるすぎる.
「一議員、一国民の立場で参拝してきたが、そのことと外相という職について参拝するかしないかというのは別の考え方があっていいのではないか。もう少し時間をおいて決めたい」 (朝日)
「一国会議員、一国民の立場で、靖国神社に参拝していた。そのことと外相に就いて参拝するかは別の考えがあってもいいのかもしれない。(判断まで)少し時間をいただきたい」 (毎日)
 これも変です.一国会議員としての参拝も 首相の参拝もOKなのに 外務大臣の参拝を何故「もう少し時間をおいて決め」る必要があるのか理解不能.もし中共が「靖国に参拝するような閣僚とは一緒に交渉のテーブルには着けない」とでも言うなら,好きにさせてやればよいのです.非は中国側にある.相手の言うことに耳も貸さぬというなら「話し合いによる解決」もヘチマも無い.そんな国の駐日大使・領事などは全員国外退去させてしまえば済むこと.

 町村氏といえば,日中友好議員連盟とやらの幹事長を務めたこともある人物ですが,そのこと自体が外相就任に差し支えるとは敢えて言いますまい.私が言いたいのは
「ただ相手の言い分に対して物分りの良い顔をして見せるばかりが『友好』だと思うな.こちらから主張すべき時に堂々と主張できないなら 動物園のパンダでも見て喜んでいろ」
という,それだけのことです.

----
 同2004/09/28 20:46 追記.
 かつて「動物園のパンダでも見て喜んでいてもらいたい」人々の筆頭だった──今でこそ見る影も無いが──人物が,さっそく こんなことを言っています.

町村外相の靖国発言、「問題を増幅」と社民党首が批判 ──朝日 2004/09/28 17:45
(※ これもmore欄に控えがあります)

 要するに 上の町村発言なども,媚中マスコミ(どことは言わないけれど朝日とか朝日とか朝日とか)が 外相の回答を概ね予想した上で用意した靖国参拝関連の質問をぶつけておいて,その回答をいそいそと持って行って野党側に御注進に及んだのだろうな….
 それにしても,
首相に『アジアで孤立するから考え直すべきだ』と是正を求めるどころか、日本外交の問題点を増幅している
と来ましたよ.ゴネて見せているのは中国・朝鮮だけなのを アジア全体であるかのように言い募るのもどうかと思うけれど,そんなこと以上に救いようが無いのは 靖国が「日本外交の問題点」でも何でも無い 純然たる日本の国内問題だということが分かっていないか,あるいは意図的に目を背けているという点ですね.

More
[PR]
by xrxkx | 2004-09-28 18:53 | 時事ネタ一般
町村のブタ化
by MS-IME スタンダード2002
ひどすぎる T-T
[PR]
by xrxkx | 2004-09-28 18:43 | 雑記
今回はたまごは飛ばなかったのかな
 私自身 芸能ネタには全く興味無いのですが,目に触れてしまったが百年目.

【中華芸能】張恵妹:重慶の「沸点9・25」コンサートで熱唱 ──サーチナ 2004/09/27 18:44
 ハスキーボイスで多くのファンを魅了する張恵妹(アーメイ)が25日、重慶(じゅうけい)市のオリンピック体育センターで、コンサート「沸点空間9・25」を開催した。26日付で中国新聞社が伝えた。
 写真は舞台上で熱唱するアーメイ。会場に集まったファンとアーメイが一体となり、大合唱が巻き起こる場面も見られるなど、コンサートのタイトル通り、会場の盛り上がりは「沸点」に達したという。(編集担当:田村まどか)
 例の田村まどかが相変わらず飛ばしてます.
 この張恵妹なる歌手については 以前 こちらにも書きました.2000年の陳水扁総統の就任式で中華民国の国歌を歌ったりして,中国人の間では「台独派」扱いされ,コンサート会場で玉子が乱舞したりもした由.以前は ↓こんな記事もありました.これも田村まどか.

張恵妹:台湾独立派と批判も大陸での活動続行 ──サーチナ 2004/06/17 20:54:00
 台湾の人気歌手である張恵妹(アーメイ)は12日、浙江(せっこう)省・杭州(こうしゅう)市で飲料メーカーの宣伝イベントを予定していた。しかし、同市の一部の地域及びインターネット上で、アーメイを「台湾独立派」と批判する声が強まり、イベントを急きょ中止。その他、台湾の人気歌手らが、独立を推進しているとして名指しで誹謗されたことが問題化している。17日付で中国新聞社が伝えた。
 アーメイは、2000年5月に開催された陳水扁・総統の就任式で、台湾の国家を歌い、その後1年間、中国大陸での芸能活動を禁じられるなど大きな波紋を呼んだ。こうした背景の中で、アーメイ本人は、「大学生らの気持ちも分かる」としながらも、これ以上騒ぎを拡大させないよう求め、中国大陸と台湾の掛け橋として、大陸での音楽活動を続けたいとの意思表示をした。
 また、インターネット上で独立派を象徴する「緑色芸能人(緑は民進党の政党カラー)」として台湾の芸能人らの名前が明記されたリストが出回っていたことに関し、中国国家広播電視総局は「事実無根の情報」と説明。同リストには、台湾の人気歌手であるF4、周傑倫(ジェイ・ジョウ)、S.H.E、任賢齊(リッチー・レン)、蘇有朋(アレック・スー)、など20人を超える芸能人の名前が掲載されていたとされる。
 中国政府は、今回のような騒動は、中国大陸と台湾の間の相互理解、友好的な感情を踏みにじることになると述べ、問題の早期解決を促していく方針。(編集担当:田村まどか)
 いつもながら,硬軟取り混ぜた中共の対外プロパガンダの「軟」の部分をせっせと日本向けに垂れ流すだけしか能の無い こういう記者の存在意義を疑いますね.昨今のにわか韓国ファンと同じ類の単なる中国カブレなのか,もっと意識的に中共のイメージアップに貢献しているつもりなのか,その辺は知りませんが.
 それにしても今回のはひどい.とうとう 記事中に台湾の「た」の字も出て来なくなってしまいました.…って,それではサーチナの大好きな「両岸友好」が読者に伝わらないような気もしますが.へんなの.

----
 おまけ.サーチナは日本語の原稿で段落の頭を2文字分インデントするのをやめなさい.それは日本語の習慣ではありません.日本人なのに殊更「中日関係が云々」とか言っている連中と同じで,そんなことまで中国のしきたりに従わないと気が済まないような者は いっそさっさと日本人廃業すべし.
[PR]
by xrxkx | 2004-09-27 20:54 | 時事ネタ一般
【米国防長官イラク撤兵発言】 梯子を外されても文句を言うな,親米保守
イラク駐留米軍の撤退、治安回復まで待つ必要ない=米国防長官 ──ロイター 2004/09/25 16:32
[ワシントン 24日 ロイター] ラムズフェルド米国防長官は24日、イラク駐留米軍撤退開始の条件について、イラクが「平和で完璧」な状態になるまで待つ必要はない、との認識を示した。
 イラク暫定政権のアラウィ首相との会談後、記者会見で述べた。
 報道陣の質問に対し、長官はまず、米政府は1月予定のイラク選挙実施のため治安面で万全を期すと指摘。
 しかし、「米国と同盟国が部隊を削減できるように、イラクが平和で完全な場所になっている必要があるとの考えは賢明ではない」と述べた。
 その理由として、「イラクは平和だったことがなく、今後もその見込みはない。イラクは世界でも最も困難な場所だ。我々の目的は、駐留部隊が(治安面での)責任を引き継ぐイラク人を訓練するため、時間と資金を投じ努力することだ」と指摘した。
 ただ、イラク駐留米軍削減の具体的な時期については言及しなかった。
 イラク国民の ますます激しくなる抗米闘争を見て なおも「独裁者フセインを倒し,イラクに自由をもたらした解放者」というアメリカの建前を信じるお人よしは 世界中に何人もいないでしょう.
 アメリカとしては,昨年4月のバグダッド陥落を以て アフガンの時のようなスピード戦争に終止符を打ったつもりが,結局は この体たらく.今となっては イラクから退くも負け.泥沼のゲリラ戦を続けるも負け.アメリカに勝ちは無い.
 もっとも ラムズフェルドにしても,まさか本気で米軍をイラクから撤退させる気など無いでしょうし,第一 どうせ大統領選挙が終われば彼らもまたコロッと態度を変えるだろうから,今から我々がこんな発言に一喜一憂する必要は全然無い.所詮他人事です.

 たった一つ 他人事で済まないのは,
万が一本当に米軍が撤退した場合,自衛隊は「では我々も」というわけには行かない
という点でしょう.何しろ小泉政権は自衛隊派遣の是非をめぐって国会がもめていた当時から ○×の一つ覚えのように
「自衛隊は戦争をしに行くのではない.復興支援に行くのです」
を繰り返していたわけですから.本当に復興支援だったら 米軍による占領統治が続くか終わるかに係わり無く復興支援は続けざるを得ない.米軍と一緒にさっさと引き揚げてしまったら,
「あぁ,やはり日本は米軍による占領統治を手伝いたかっただけなんだね」
と見なされても文句は言えない.

----
 今まで何度となく言って来たように,私はアメリカによる対イラク開戦にも自衛隊のイラク派遣にも一貫して反対の立場です.
 ただ,ひとたび国の決定によってイラクに赴いた以上,自衛官たちには,その任務の持つ意義がどんなに馬鹿げたものであるかに関係なく 立派に任務を果たし,無事で帰還してもらいたい.
 一方で,アメリカの対イラク開戦以前から「テロとの戦い」を盲目的に支持し,自衛隊派遣肯定論を喧伝して来た 日本国内の親米保守論壇が,いざ自衛隊が丸腰同然で米軍に置いてきぼりを食った際には どんなことを言い出すのか,ぜひとも聴いてみたいものだという やや意地悪な本音もあります.
[PR]
by xrxkx | 2004-09-26 16:47 | 時事ネタ一般
「靖国参拝に怒るアジア人民」という嘘。
 私が愛読しているメールマガジン「台湾の声」から,今朝配信された記事.結構分量がありますので,まず標題と各小見出しをまとめておくと,
【論文】靖国を訴えた台湾の女性国会議員の背後関係
平成15年9月号「正論」より
(転送転載自由)
「台湾の声」編集長 在日台湾同郷会顧問 林建良(りんけんりょう)

・多数の原告は訴訟のことを知らなかった
・反靖国活動に乗り出した経緯
・「被害者」扱いは高砂義勇隊への許し難い侮辱
・歴史の捏造に憤る台湾の老世代
・台湾原住民というけれど
・親中国勢力に支えられ
・靖国問題を巧妙に操る胡錦涛政権
・酷似する台湾と日本の戦後思想状況
・靖国神社参拝国民運動を起こそう
という感じです.
 事の発端は 今年(※)2月の朝日の記事だとのこと.また朝日か….
二月十七日の朝日新聞夕刊に、「台湾戦没遺族ら提訴、『精神的苦痛』と国など」の見出しで以下のように報道された(敬称略)。

小泉首相が今年一月を含めて三年連続で靖国神社に参拝したことに対し、台湾人一二四人を含む二三六人が十七日、「首相の参拝で精神的苦痛を受けた」として国などを相手に一人あたり一万円の損害賠償を求める訴えを大阪地裁に起こした。小泉首相の靖国参拝をめぐっては〇一年夏の最初の参拝に対し、韓国人を含む戦没者遺族らが東京、大阪、福岡など六地裁で違憲確認などを求めて争っているが、今年の参拝をめぐる提訴は初めて。
 ところが,
何とか訴状の副本を入手してみると、驚くべきことに原告となっている何人かの台湾人の住所は、台湾に存在しない架空のものだった。
(中略)
そこで、更に追跡すると、何と多数の原告は訴訟のことを知らなかったのである。ある人びとは、日本政府から賠償をもらえることになったと言われて、名前を出したと言い、またある人びとは、高金素梅主催の集会に参加しただけで、訴訟のことは何も知らされなかったと言う。
…と まぁ,日本のサヨク勢力がフィリピンやインドネシアの元慰安婦をそそのかして日本政府に対する賠償請求訴訟を起こさせたのと全く同じ手口を使ったらしい.今回の件に日本のサヨクが絡んでいるかどうかには触れていませんが.
 続いて,同論文は この原告団が参加したという「アジア・太平洋地域の戦争犠牲者に思いを馳せ、心に刻む集会」のことに触れ,
この会は一九八五年の中曽根康弘首相の靖国神社参拝をきっかけに発足したものだが、中国政府がそれまで行わなかった首相の靖国参拝批判を突然開始したのがこの年だから、中国の反日戦略に相呼応するかたちで組織されたのだろう。この会が「南京大虐殺」や「三光作戦」などをテーマとする中国の反日宣伝や、中国人による戦後補償要求など、中国政府の戦略と軌を一にしていることは確かである。
と指摘しています.中でも,そうした「反靖国」運動の背後にある中国の存在に言及している
中国の新しい指導者胡錦涛は国家主席に就任後、歴史問題への言及を控えるなど対日接近政策をとり、小泉首相との初対面の時にも靖国問題に言及しなかった。これを中国の「新思考外交」として、大方の日本のマスコミは好意的に取り上げている。実際、胡錦涛に強い影響力を持つとされる時殷弘・中国人民大学国際関係学院教授は、日中国民間の嫌悪感の増長は危険との理由で、「対日接近は最も必要であり、中国の安保、外交環境の改善に価値ある『迂回戦略だ』」(『戦略と管理』二〇〇三年二月号)と述べている。

しかし、これを中国の靖国カードの放棄と取るのは、いささか短絡である。中国政府が対日接近を「迂回戦略」と考えているのは、反日の基本路線に変更なしと言うことだ。これがいかにも中国人的発想であることは、台湾の「中国化」社会で育った私にはよくわかる。日本糾弾の中華愛国主義で支えられている中国が、反日を止めることはあり得ない。

一連の歴史問題をめぐる中国の対日抗議、内政干渉には、絶えず日本国内の左翼グループが援護射撃を行ってきた。中国政府は直接大っぴらに日本を攻撃しないとすれば、彼らへの支援、教唆、懐柔を強めていくのが中国人の手口である。台湾原住民を新たに加えた反日ネットワークで靖国に代理戦争を仕掛けることは、攻撃力を増強しながら台湾と日本を離間させる一石二鳥の戦術にもなるのだ。
などのくだりは,私たちにとって目新しいものではありませんが,中国人というのがどういう生き物であるかををよく知らずに軽々しく「日中友好」などを口にする向きには 爪の垢でも煎じて飲ませたい着眼点を持っていると言ってよいでしょう.
 webでも読めますので,ぜひどうぞ.「軍国主義の象徴」とか「アジア諸国の国民感情を逆撫でするもの」とかいったステレオタイプを通してしか靖国を御覧になったことの無い方には なおさら全文に目を通していただきたい.ついでに,この文章を書いているのがどんな人なのかという点もお忘れなく.

----
2004/09/26 訂正.
冒頭部に引用した朝日の記事,「今年2月」と書いてしまいましたが,本論文そのものが平成15年9月の「正論」に掲載されたものだそうですから,今年ではなく 去年ですね.
[PR]
by xrxkx | 2004-09-25 16:33 | 時事ネタ一般
毒ガスの素を犯罪集団に売って稼ぐ国
 昨夜流れていたニュースです.

韓国産の青酸ソーダ107t、中国経由で北朝鮮に渡る
 ──読売 2004/09/24 21:09
【ソウル=福島恭二】韓国政府は24日、韓国産のシアン化ナトリウム(青酸ソーダ)107トンが昨年、中国経由で北朝鮮に渡っていたと発表した。
 青酸ソーダは化学兵器の原料となることから戦略物資として輸出が規制されており、韓国政府は今後、輸出規制を強化する方針だ。
 韓国政府によると、昨年6月から9月にかけて、韓国の業者が政府の許可を得ずに中国の業者に輸出。さらにこれが北朝鮮の貿易業者に再輸出された。韓国業者はすでに、対外貿易法違反で処罰されている。
 マレーシアの業者が今年8月、北朝鮮に輸出した青酸ソーダ40トンの中に韓国産15トンが含まれているとの情報もある。
 一方、韓国企業が1999年2月と2002年6月、リビアに、ウラン濃縮用の遠心分離機の回転精度を調べるのに使用できる製品「バランシングマシン」を輸出していたことが、国際原子力機関(IAEA)によって把握され、通報を受けた韓国政府が調査しているという。
 24日の発表は、韓国政府が国会に対して戦略物資の流出について報告したのを受けて、行われた。

 韓国から第三国経由での北朝鮮へのシアン化ナトリウム輸出といえば,先月もこんなのがあったばかり.

「北」貿易会社 サリン原料70トン輸入計画 今年5月タイ当局が阻止
 ──産経 2004/08/27 03:48
 北朝鮮の貿易会社が化学兵器への転用可能なシアン化ナトリウム七十トンをタイ・バンコクにある化学会社から輸入しようとして、今年五月にタイの捜査当局に輸出を停止させられていたことが分かった。朝鮮半島情勢に詳しい関係筋が二十六日明らかにした。
 この企業は「朝鮮クムガン(金剛)貿易会社」。韓国の企業からタイの化学会社を通じ、シアン化ナトリウムを輸入しようとしていた。シアン化ナトリウムは化学兵器サリンの原料にもなる。
 「朝鮮クムガン貿易会社」は鉱物や金属を扱う専門商社で、同筋によると同社は「金属処理に必要だ」と民生用であることを主張、輸出を許可するよう求めているという。
 韓国企業は当局の事情聴取に対して「北朝鮮に向けて再輸出されることは知らなかった」と述べているという。
 韓国の潘基文外交通商相は二十五日にタイを訪問した際、スラキアット外相との会談で、化学兵器への転用可能な化学物質の拡散防止に協力していくことを確認した。
 北朝鮮への化学物質輸出をめぐっては、昨年五月十九日発売のドイツ週刊誌シュピーゲルが、ドイツからシンガポールに向けて輸送中だったシアン化ナトリウム三十トンについて、ドイツ政府が「北朝鮮向け密輸の疑いがある」として停止させたと報じた。
 北朝鮮は化学剤を生産・貯蔵できる施設を国内に複数持ち、数千トンの化学兵器を保有しているとみられている。北朝鮮は昨年四月にも、日本企業からタイ経由で、核開発に転用可能な直流安定化電源を調達しようとした。

 真っ先に問われるのは「こうした自国から北朝鮮への戦略物資の漏洩を韓国政府は一体どこまで本気で取り締まる気があるのか」という問題でしょう.
 南北の軍事対立解消の目途が依然として立たない以上,北朝鮮が今なお自分たちを含めた自由主義陣営の共通の敵であるという,当たり前の,しかも厳然たる事実を,どうも昨今の韓国人は官民問わず忘れてしまっているか,意図的にそのことから目を背けたがっているように見えてならない.このことがどういう背景に基づくかはずっと前にも書きました
 一方ではIAEAの監視を誤魔化しつつ核実験などやるかと思えば,他方では こうやって北朝鮮のような犯罪集団の延命を陰で助けている韓国という国を,このまま「自由主義陣営の一員」として扱っていて良いのか,というところまで 一度遡って考えてみたほうが良いかも知れません.
 先のIAEA事務総長の「深刻な憂慮」表明なども,その背景には 理事国各国の「ミニ・イラン」を見る疑いの目があるということを忘れるべきではないでしょう.
 また,先の核実験や今回の化学兵器などの開発をめぐって,南北朝鮮の間に何らかの合意事項──当然ながら それによって最も得をするのは金正日でしょうけれど──が存在する可能性を大いに疑って掛かったほうが良い.何せ韓国人は「自主的平和統一」という言葉に弱い.「外国勢力の介入を避ける」というお題目の為なら「同胞」の犯罪行為にも目を瞑る,韓国人とはそういう国民なのだと思って掛からざるを得ない.

 韓国に対する処断以上に根本的な問題は,化学兵器の原料に使えるようなシロモノを公然と北朝鮮に輸出している(または しようとしている)貿易会社が 上の記事だけでも タイ・中国・マレーシア・シンガポールの4ヶ国にあるという点でしょう.こうした国々をも含め,対北禁輸体制全般を強化して行く必要がある.北朝鮮からミサイルまたはその技術を買った国が制裁を受けるなら,北朝鮮に毒ガスの原料を売った国も同様に罰せられるべきです.さもなければ韓国などは今後も「北の同胞」をこそこそと庇い続けるでしょう.
 以下,余談.
 北朝鮮との貿易などは 軍事転用可能性の有無を問わず(つまり民生用物資も含め)全面禁止くらいでちょうど良い.とにかく抜け道を作ってはならない.それくらいやらないと,8/27の記事にあるような電源ユニットの輸出など防ぎ切れたものではない.
(電源の件は未遂に終わったようですが,日本企業にも COCOM健在なりし頃から 潜水艦用の静かなスクリューを作るのに使う工作機械をソ連に売ったなどという前歴が無くはない)
 それで北朝鮮住民が飢えるというなら さっさと南に降伏して「南北平和統一」でもしてしまえば済むことです.誰も止めない.
 その意味では現行の「人道援助」でさえ筋が通らない.本気で人道を口にするなら,核や拉致をネタに他国から援助をせびる以外に何の能も無い ああした乞食強盗のもとから 北朝鮮住民を早急に解放してやることこそ,最大の人道援助と言うべきでしょう.
 ところで,北朝鮮のこととは別に,昨夜の記事の最後のほうに さりげなく書かれていますが,
韓国企業が1999年2月と2002年6月、リビアに、ウラン濃縮用の遠心分離機の回転精度を調べるのに使用できる製品「バランシングマシン」を輸出していたことが、国際原子力機関(IAEA)によって把握され、通報を受けた韓国政府が調査している
って,何なのでしょう.先般のIAEA理事会および総会での報告によれば,韓国が受けている核疑惑は 例のウラン濃縮実験・プルトニウム抽出実験を含めて 計6件あるらしいですが,これは その6件の中の一つなのでしょうか.
[PR]
by xrxkx | 2004-09-25 16:07 | 時事ネタ一般
【常任理事国入り問題】 韓国各紙の論調
 日本の国連安保理常任理事国入り意思表明をめぐる,ここ数日間の韓国メディアの論調.まぁ,概ねご想像通りです.09/01にも触れたように,中国とは異なり韓国の場合は日本の常任理事国入りの可否に関する発言力は微々たるものですので,言いたいなら言わせておけば良いと言ってしまえばそれまでですが.
※ 朝鮮日報のだけは日本語版が出ていました.中央・東亜は社説やコラムでは扱っていないようです.

[社説] 日本の常任理事国入り 道徳的障害を乗り越えなくては ──朝鮮日報 2004/09/22 20:12 (原文 同日18:45)
 日本の小泉純一郎首相は昨日、国連総会で「日本は、国際平和と安全に主要な役割を果たす意思と能力がある」とし、「国際社会から高く評価されていると私は信じる。わが国の果たしてきた役割は、安保理常任理事国となるにふさわしい確固たる基盤になるものだ」と述べた。日本は常任理事国入りを狙うドイツやブラジル、インドとともに「お互いに立候補を支持する」という共同声明まで発表した。
 国連安保理の常任理事国条項は、第1次世界大戦以後、世界の平和を維持するため発足した国際連盟が「1国1標主義」、言い換えれば世界政治の現実的力学を反映できない構造のため無力化したという教訓から生み出されたものである。1945年に国連が発足してから60年が経った世界の現実は、当時とは様変わりしたのが事実であるだけに、その変化した現実を国連が反映すべきというのが、安保理常任理事国改編の名分である。
 実際に、今年の日本の国連分担金280万ドルは、米国の363万ドルに次ぐもので、他の常任理事国4か国の分担金合計220万ドルよりも多い。発展途上国への政府開発援助(ODA)も、年間約100億ドルに達し、米国に次ぐ第2位である。国連の平和維持活動にも多くの経済的・軍事的支援を行っている。
 にもかかわらず、日本が常任理事国になる十分な資格を備えているとは言いがたいのが現状だ。現在の常任理事国である米国やロシア、中国、英国、フランスは、第2次世界大戦の戦勝国としてその資格を獲得したのが事実だ。しかし、単に戦勝国であるからではなく、その戦争がファシズムという世界悪を相手にした道徳的戦争であり、この善悪の対決を勝利に導いたという道徳的名分がその基底に横たわっているのである。
 つまり、日本の安保理常任理事国資格審査においても、日本の国力と国連に対する経済的な寄与のみならず、道徳的姿勢が問題にならざるをえないのである。しかし、この道徳的基準については前世紀に日本が起こした戦争被害国だけでなく、相当数の日本国民もあっさりとは同意しがたいはずだ。
 小泉首相が隣国の批判を尻目に、第2次世界大戦のA級戦犯が合祀された靖国神社を堂々と参拜し、それを日本の伝統と慣習として合理化しようとしているのが、その証拠である。
 日本が世界政治で主導的な役割をし、そのためには国連の常任理事国入りが必要だとしても、その資格基準は日本自らが名乗り出るよりは、日本から被害を受けた国々が世界の現実を国連に反映するため、あるいは日本から道徳的更生意志が見られ「もう日本が常任理事国になる時期だ」と支援してくれる環境を作り、そうした段階を踏むことが順序と言えるのである。

[社説] 日本,安保理常任理事国の資格は無い ──ハンギョレ 2004/09/22 20:57 (原文)
 小泉純一郎日本総理が,国連総会の演説で自国の安保理常任理事国入りの意思を表明した.彼は日本がこれまで国際社会の平和と安全,国連活動に寄与した点を踏まえれば常任理事国となる資格は十分だと強弁した.
 これは日本が今まで行なって来たこと,行なわねばならぬのに行なわなかったことと食い違う厚顔無恥な主張だ.一言で言うなら今の日本には常任理事国入りを語る資格が無い.
 日本は過去の侵略の歴史を徹底的に反省し清算するどころか,合理化することに没頭して来た.軍隊慰安婦が存在したという事実すら認めないのがその代表的な例だ.第2次大戦の戦犯に対する稱頌(訳註:讃え敬うこと)も公然と行なわれている.特に小泉総理は戦犯らの位牌が安置されている靖国神社に憚りも無く参拝している.自衛力以上に軍事力を強化し,平和憲法改正を目指すなど,軍事大国化・覇権主義の勢いをも加速化している.侵略の歴史を美化した歴史教科書も編纂し,独島(訳註:竹島のこと)領有権主張などを通じて領土的野心をあらわにしているのも見逃し難い.こうした国が国際平和を守って行く核心的な地位を占めてはならない.日本が国連に支払っている財政負担金がアメリカに次いで多いからと言って,常任理事国になる権利があると思ったら大間違いだ.中国と北韓(訳註:北朝鮮のこと)が日本の常任理事国入りに反対するのは当然だ.
 国連は来年で創設60周年を迎える.51ヶ国で発足した加盟国数も191ヶ国に増えた.アメリカ・中国・フランス・イギリス・ロシアなど(訳註:ママ)5ヶ国が独占して来た常任理事国体制に問題が多いのも事実だ.特にアメリカは国連を無視してイラクに侵攻することで混乱を激化させた.安保理の権威と信頼を高めるには,こうした事態を防ぎ得る牽制装置を備えるとともに,多くの開発途上国・低開発国を含め代表性と民主制を強化すべきだ.わが政府も小泉発言に対する怒りや反対見解表明とともに,国連改革に積極的に賛同することを望む.

[社説] 日 安保理常任理事国の資格はあるのか ──ソウル新聞 2004/09/23 10:34 (原文)
 日本が国連安全保障理事会の常任理事国入りの意志を公式表明した.小泉純一郎総理は昨日,国連総会での演説を通じ「日本はこれまでの役割に鑑みて常任理事国となり得る」と主張した.国連活動に物質的・政治的に大きく寄与したからには,常任理事国の「資格」を備えているという意味だ.日本は同様に常任理事国入りを狙うドイツ・インド・ブラジルなどと歩調を揃えている.
 国連および安保理の改編は時代の要請だと思う.国連加入国は1945年の創設当時の51ヶ国から191ヶ国に増えた.少数の強大国が全世界の主要問題を思いのままに取り仕切る国連の体制は現実にそぐわない.地域を代表し,開発途上国・低開発国の声を反映する必要がある.国連のアナン事務総長が各国の指導者16名に委嘱して結成した「著名人士委員会」は,来る12月1日までに国連改革方案に関する報告書を提出するという.常任理事国改編方案も具体的に論議されるのは確実だ.
 我々は日本の常任理事国入りに嘴を差し挟むつもりは無い.だが日本が国際社会から「指導国家」として遇される為には,見過ごせないことがある.まず韓国・北韓・中国など近隣諸国との関係から円滑に整理することだ.日本政府は過去の植民地侵略行為についての徹底した清算どころか,むしろ機会あるごとに歴史歪曲行為にいそしんでいる.靖国神社参拝・教科書歪曲・領土紛争などで外交摩擦を起こしながら世界平和の担い手を以て任じようとするのは矛盾した態度だ.「常任理事国(訳註:「~の座」のこと)は金では買えない」という中国外交部スポークスマンの言葉は何を意味するか.日本は常任理事国入りに先立って国連憲章に記された「敵国」の汚名から脱すべく努力を傾けるべきだ.

 また,社説ではありませんが こんな報道も流れていました.

●日本の国連常任理事国入りに対する各国の反応 ──世界日報 2004/09/23 01:35 (原文)
 日本の国連安全保障理事会常任理事国入りについて,アメリカ・ドイツ・イギリスなど主要国が支持または黙認しているのに対し,中国は強く反発している.
 中国の政治指導者らとメディアは,日本を「資格未達国家」だと攻撃し,「ドイツはこれまでの60年間,徹底して過去の歴史を反省し,被害国に賠償している」と指摘した.これに合わせて中国の胡錦涛・党総書記兼国家主席は22日,日本の小泉純一郎総理の度重なる靖国神社参拝を強く非難した.
 北京駐在大使館(訳註:どこの国のか不明)は この日の声明を通じて このような胡主席の発言内容を明らかにした後,両国関係改善の為にはこの問題を解決する必要があると強調した.これに先立ち,孔泉外交部スポークスマンは21日の記者会見を通じ,「国連安保理は会社の理事会とは違う」と反対意思を表明した.
 日本の細田博之官房長官は22日,過去史問題について「常任理事国となることと この問題とは 性格が異なると考える」として「我々は多くの国と異なる独特の方式で国際安全保障に寄与することができる」と述べた.
 一方アメリカは,日本の常任理事国入りを支持している.消息筋は,ブッシュ大統領が21日に小泉総理の国連演説に先立って(訳註:小泉総理と,だろう)会見した席で,日本の常任理事国入りを支持する立場を再確認したと伝えている.
 安保理常任理事国中,中国を除いてはイギリス・フランス・ロシアも日本の立場を支持しているとAFP通信が22日報道した.
 イギリスは日本の常任理事国入りについて積極的な支持の意思を表明した.ビル=ラメル外務次官は最近,アジア特派員らとの記者会見で「日本の常任理事国入りを支持する」と確認している.
 フランスは日本を含め特定国家の常任理事国入りに反対しないが,拒否権まで与えるのには否定的な立場だ.
 同様に常任理事国入りに名乗り出ているドイツ・インド・ブラジルも,21日の声明を通じて「常任理事国候補国は互いに支持し合っている」と明らかにしている.
 こうして見ると,大方の予想通り ハンギョレの論調が最も尖鋭であると同時に,その報道姿勢のいい加減さが一目で見て取れます.こうした場合,韓国側が持ち出すのは決まって「歴史歪曲」「靖国」「教科書」「植民地」「慰安婦」「領土問題」などですが,それらについての上の社説の扱いは いずれも容易にその嘘を暴露可能なものばかりですので,ここでは繰り返しません(後で愚かな韓国人や中国人,もしくは日本のプロ市民でも闖入して来れば別だが).

 「国連安保理は会社の理事会とは違う」「常任理事国の座はお金では買えない」などという中国の言い分をわざわざ引いて来なくてはならないことからも分かるように,彼らとて 日本が国連の運営の為にどれだけの寄与をしているかは認めざるを得ないわけです.だからこそ朝鮮日報などのように「道徳的障害」を言い立てたり,戦前の日本をナチになぞらえるような嘘八百を唱えたりし続けなくてはならない.それをやめた途端,自らの国力に対する応分の負担を避けて来ている自分たちの立場が危うくなるからです.
 そもそも韓国といえば 今や曲がりなりにもOECD加盟国ではないか.日頃は「先進国の仲間入り」だの「IT強国」だのと威勢の良い御託を並べつつ,都合の良い時だけ「開発途上国の声を反映させよ」だの「地域を代弁」だの言い出すのは,いい年をした月給取りが子供料金で地下鉄に乗るようなもので みっともないことこの上ない.

 もっとも,世界日報の報道ぶりを見ても分かるように,日本の常任理事国入りに反対しているのは 韓国・北朝鮮・中国の極東三馬鹿のみであることを,むしろ韓国メディア自身が図らずも暴いてしまっているのは興味深い.韓国が日本の常任理事国入りを妨げようと思うなら,あとは中国にすがるしか方法が無いことは 彼らも分かっている筈.韓国が中国寄りの立場を取って日本の常任理事国入りに反対すること自体は 日本にとって何ら差し障りは無い.無理して韓国などを味方に付けようとするよりは,後日別の形で借りを返したほうが良い.
 この点は中国に対しても同様です.一昨日も書きましたが,日本としては今回の常任理事国入りは中国の妨害によって不成立に終わるだろうという見通しのもとで行動したほうが良いでしょう.むしろ 最初の一回くらいは流れてくれたほうが日本にとっては良いのではないかとすら,私は考えています.
 最も良くないのは,中国が日本の常任理事国入りを承認することと引き換えに日本に対して何らかの外交的譲歩──領土問題であれ,経済・技術「協力」であれ──を求めて来た場合に 日本政府がこれに安易に応じてしまうことでしょう.私が最も危惧するのは この点です.中国に対しては,韓国のような《どうでもよい国》に対する場合よりも遥かに強硬な姿勢が必要です.

 最後に,韓国から離れ 安保理改革の行方について 一言だけ触れておきます.
フランスなどは 新規参入する常任理事国に拒否権を与えることには慎重な姿勢をとっているそうだが,実際 拒否権の無い常任理事国など 意味があるだろうか?
という点ですが,私は これについては
 日本が現在の常任理事国が持っているのと同等の権限を持つことには必ずしも拘る必要は無い.
 それよりは むしろ既存の常任理事国が持つ権限を今後制限して行く方向で考えたほうが良い.これには カナダなどのような「常任理事国という制度そのものに反対」という立場の国々との連携が特に有効だろう.
 言うまでも無く,その目標とするところは 中国の発言力を抑えるにある.
という立場に立ちます.つまり,日本は常任理事国入りによって自身の発言力を高めるよりは中国の発言力を削いで行くことに力を注いだほうが良いということです.この点を 憲法や自衛隊法の改正への弾みをつけるという国内の問題と並ぶ 日本の対国連戦略の柱とすべきだと考えます.
[PR]
by xrxkx | 2004-09-24 19:52 | 時事ネタ一般
「知る」と「分かる」の違い
 最近ニュースに上がって来て 随分話題になっているらしい「天動説ショック」ネタ.本当は書きたくなかったのですが.
(以下,引用した記事は 全てmore欄に控えがあります)

「天動説」の小学生4割=月の満ち欠けと月食も混同-国立天文台調査
 ──時事 2004/09/20 19:01

月の満ち欠け、分からない 危うい、小学生の天文知識
 ──共同 2004/09/20 20:06

小4~6年生の4割「太陽が地球の周り回っている」
 ──産経 2004/09/21 03:07

<天文知識>小学生の4割は「天動説」 天文台助教授ら調査
 ──毎日 2004/09/21 10:37

 文部科学省側のコメントも 昨日付で流れていました.

指導要領に問題ないと反論 天文知識崩壊で文科省
 ──共同 2004/09/22 20:15

<天文知識>「地動説は中学で教える」文科省次官が反論
 ──毎日 2004/09/22 20:26

 この話,新聞で話題になるかなり前から既にネットには上がっており,私も

● 「地球が回っているってホント?」 (林 公代)
 ──三菱電機 DSPACE 2004年 8月分 vol.3

という記事を先月読んで知ってはいました.当時はサッカー・アジア杯絡みの投稿ばかりしていて こちらの方は「何を今更,くだらん」と思い放っておいたのですが.

 上の各紙や三菱電機の記事,軒並み 少し前にあった「分数の計算ができない大学生」と同じノリですね.マスメディアというのは えてして こういうことを無闇やたらとセンセーショナルに書きたがるものですが,そこまで言うなら,こういう記事を書いている記者に逆に尋ねてみたい.
  1. あなたが立っている地面が 実は平面ではなく球面であることを,宇宙からの映像に頼らずに証明するには どうしますか.
  2. 上の問に答えられたとして,では 「地球」の直径をどうやって測定したらよいですか.
  3. 天動説を採択する限り説明の付かない自然現象を,あなたはいくつ挙げられますか.
  4. 「月の満ち欠け」について.では 逆に月面から地球を見たら どのように見える(筈である)か即答できますか.
上の記者さんたちが もしもこれらの一つでも答えに窮してしまったとしたら,むしろ その科学的素養に於いて自分たちは「天動説こども」にも劣っていると自覚したほうが良い.上の文部科学省側のコメント中で,事務次官が
「自転や公転を体系的に理解するのと、単なる知識として地動説を知っているのとは別」 (共同)
「理解できない段階で単なる知識として教えることが良いことか」 (毎日)
と言っているのは,何も子供相手に限ったことではない.「知っている」ことと「分かる」こととは違うのです.

 上の産経の記事に
縣助教授は、「今は月の満ち欠けの理由は小学校では教えていないが、四-五年生で理解できる。現行の学習指導要領の授業の範囲が“平らな地球”からの宇宙観にとどまり、地球が丸いことや自転、公転していることさえ扱わない」と問題点を指摘。そのうえで、「テレビなどでは宇宙の映像に触れる機会も多く、日常生活で得た知識と授業内容が結び付かない。理科の授業で太陽、地球、月の全体像を教えないことが理科嫌いを招く原因ではないか」と話している。
とありますが,当たり前です.まず何より先に「平らな地球」からの宇宙観とやらを十分に自分のものにしておいてからでなくては,その「平らな地球」からの宇宙観が どうやって崩れて行き,「地球は太陽の周りを回る天体の一つに過ぎない」という認識に至るのか,など分かる筈が無い.
 最も重要なのは,上の三菱電機の記事に出て来る
 なぜこんなことが? 今の小学校では「観察や実験できないことは教えない」という絶対的な基準がある。だから子ども達はテレビや図鑑などで「丸い地球」や、太陽を中心に惑星が回るイラストを目にするのに、小学校ではどちらも教えていない。「子ども達は矛盾を起こしているんです。」と縣さんは言う。外から得る情報と日常体験、学校で教わる内容がきちんとつながらない。
というくだりでしょう.だったら観察や実験をさせればよい.毎日の日の出・日の入りの時刻や方位くらい,小学校低学年の子供でも容易に観察/記録できる筈.そういうことを面倒がらずに子供が自分の手でやってみることが何よりの勉強になる.
 本に書いてあることをそのまま無批判に受け入れるだけの子供──および そうやって育った大人──を作らないことが肝心です.「信じる者は救われる」というのは宗教の世界だけでよい.疑うことを教えなくてはいけない.どんなにエライ先生の言うことよりも,自分の眼で,自分の手で確かめたことを信用し,それに基づいて自分の言葉で考え,その考えが正しいかどうか 更に自分の手で確かめてみて,…という繰り返しこそが科学の科学たる所以なのであって,単にそこから得られた知見だけを他人から聞いて《知った》だけで《分かっている》ようなつもりになっているとしたら,これくらい学問というものをナメた話は無い.

 ついでながら,
「ただ、知識の問題ならば、日常生活の常識としてどこで教えていくか。家庭や大人との会話などで教えていくという問題を、もっと考えることが必要とは思う」 (共同)
という文部科学省の言い分(勿論これは事務次官の個人的意見でしょうけれども)を「組織弁護」「身内に甘い」などと批判する向きも多数見られましたが,私は彼(彼女?)の言い分は極めて真っ当だと思いますね.単なる知識の寄せ集めなら,本でも読んで知ればよい.
 学校というのはそういう知識を子供に詰め込む為の場所ではなく,考える方法・道筋を身に付けさせる為にあるのです.

More
[PR]
by xrxkx | 2004-09-23 13:09 | 雑記