カテゴリ:時事ネタ一般( 139 )
韓国国内親北言論の 日本にとっての利用価値について (1/2)

姜禎求騒動,韓国国内では相変わらず議論が紛糾しているようです.


姜氏を不拘束捜査(逮捕ではなく書類送検)とするよう法務部長官が検察に対し指揮権を発動したこと,
で,その法務部長官に対する辞任要求をハンナラ党が出しているところまでを
前回書いたのですが,
その途中にもう一つ大事な出来事──法務部長官による指揮権発動を受けた検察側では総長が辞表を出す騒ぎになったこと──があったのを書き漏らしていました.


検察総長の辞任騒ぎについては「韓国を心から愛する良心的日本人」・kimuraお兄さんのところの
10/16の記事がよく纏まっていますので御参考に.



正直なところ,10/02の検察による3度目の召喚以降の関連報道は流量が多すぎて
枝葉までフォローし切れていないのですが,
つい先日読んだニュースに ネタ的にはお誂え向きのがありました.



本文のほうは機械翻訳でも使って読んで頂くことにして,
冒頭の表の部分だけ──ここは画像になっていて機械翻訳で読めないでしょうから──訳出しておくことに.
姜禎求騒動に関連した各紙の社説の日付と標題です.




京郷新聞
10/14 … 重要なのは国家保安法廃止だ
10/15 … 多くの課題を残した検察総長電撃辞任
10/17 … 捜査指揮権波紋 強硬対応は控えよ

東亜日報
07/29 … 姜禎求教授は何故大韓民国にいるのか
10/11 … 「姜禎求保護幕引き」どうするつもりか
10/13 … 金鍾彬総長は最後まで検察の独立を守るべき
10/14 … 検警意見書中で取り上げられた姜教授の衝撃的行跡
10/15 … 千正培長官は「検察指揮波動」の責任を取るべき
10/17 … 「親北左派」の面倒を見るのが「検察保護」なのか
同上  … 盧政権,検察改革の美名で国の基を揺るがすな

ソウル新聞
10/14 … 検察は不拘束捜査指揮を受け入れるべき
10/15 … 理念の限界を示した検察総長辞任波紋
10/17 … 検察の反発は組織の利己主義だ

朝鮮日報
07/29 … 姜教授は「敬愛する指導者同志」の懐に抱かれよ
10/12 … この政権は姜禎求氏の国選弁護人なのか
10/13 … いっそ国軍殺害パルチザンに「英雄勲章」を与えよ
10/14 … 騒動で人目を引こうとする大学街の姜禎求シンパたち
同上  … 法と検察と検察総長の首を締める法務長官
10/16 … 国民が現政権に問う5つの質問
10/17 … 反米商業主義に喘ぐ東国大の苦悩
同上  … 青瓦台が読むべき総長辞表の中の法学原論
同上  … 選出された権力も憲法のもとにあるのだ

中央日報
10/03 … 姜教授の相次ぐ妄発を放置し続けるのか
10/13 … 千・法務の捜査指揮 検察の独立侵害を憂慮
10/15 … 次は北韓体制を支持するつもりか
同上  … 検察総長を追い払うため「指揮権」発動したのか
10/17 … 検察飼い馴らし 手順は踏んだのか

ハンギョレ
10/07 … 無知とレッテル貼りがもたらした姜禎求騒動
10/13 … 未だに北の体制を恐れる人々
10/14 … 指揮権発動を「生産的論議」に
10/15 … 検察総長辞任は残念だ



…と まぁ,物の見事に真っ二つ.
詳しくは触れませんが,本文のほうはどうやらハンギョレ-京郷寄りの記者が書いているらしい.
このことは記事のサブタイトルが


東亜・朝鮮,「国保法無力化の企て」議題化に総力

京郷・ハンギョレ,輿論集めを主導した一部メディアを批判

となっていることからも分かります.



参考までに,ここには出て来ませんが韓国日報は論調としてはほぼ朝鮮日報並み.
同紙のサイトでは 随時オンライン投票をやっており,先日見たときには

Q: 皆さんは千正培・法務長官が姜禎求教授に対する不拘束捜査指揮権を発動したことについてどうお考えですか?

A: 公正な指示 … 12.3%

  不当な介入 … 87.7%    (回答者数4,083名)

というのもありましたし,今やっているのは

Q: 皆さんは千正培・法務長官の進退をどうすべきだとお考えですか?

A: 辞任すべき … 78.6%

  辞任の必要なし … 21.4%    (10/21正午現在 回答者数8,774名)

というもの.読者層としては保守三大紙とカブっているらしいことが窺えます.


[PR]
by xrxkx | 2005-10-21 14:30 | 時事ネタ一般
「首相の靖国参拝を擁護せよ!」 「ムリデス」


10/17の小泉首相の靖國参拝の件,
此処数日来あちらこちらのblogを拾い読みして来た中で,
それなりに読ませる文章になっていながら
その主張に於いてどうしても腑に落ちないのが一つありましたので,
所感など書き残しておこうかと.



首相といえども、いや首相であるからこそ、司法府の判断を無視するわけにはいかない。8月15日ではないことや「私的参拝」であることを非難する向きもあるかもしれないが、今回、首相が取った行動はやむを得ない。

むしろ、中・韓が強く反発し、国内の親中派、反小泉派がいっせいに非難の声をあげる中、ここで我々がなすべきことは、小泉首相の行為を擁護することだ。

ここで、原則論を楯に不用意に批判することは、利敵行為になる。そのことをわきまえてほしい。

(後略)
依存症の独り言 - 首相の靖国参拝を擁護せよ! (10/17)



上の文章には続きがあるので目を通して頂きたいのですが,
この筆者もまた靖國参拝に対する支那朝鮮の不当な容喙に反駁する立場であるには違い無さそうです.
そこのところは踏まえた上で敢えて言いますが──.



「政争は水際まで」と言いたいならそれ自体は理解できなくもない.
但しそれはあくまで国内の参拝反対派──理由の如何を問わず 総論として内閣総理大臣たる者による参拝全般に反対する立場の人々──に対して言うべき言葉であって,
各論として今回の小泉首相の参拝の仕方──日程の面であれ作法の面であれ公私の別の面であれ──を批判する
私もその一人ですが)
立場の人々に向けるのはお門違いです.



そもそも「原則論を楯に不用意に批判」とは何事でしょう.
靖國から「原則論」を取ったら何が残りますか.



メディアの報道ぶりを見ていますと,
小泉首相の靖國参拝を肯定する側であるか否定する側であるかを問わず,
ややもすると靖國参拝を「国益」とやらの観点から論じる風潮が見受けられます.
上で引用した擁護論なども どうやらそうした立場に端を発するものであるように私には見えます.
敢えて言いますが,それ自体が誤りです.




やや脱線.



かつては恰もそれ自体がタブーのようですらあった「国益」という言葉が,
戒めを解かれるや否や 国家のありようを論じるに尤も相応しからぬ輩の手垢にまみれ,
今ではすっかり
「他国との間に波風を立てないこと」
もしくは
「周辺諸国への配慮」
と同義であるかのように用いられているのは,
笑うに笑えない冗談というべきでしょう.


この点は何も靖國に限ったことではなく,
自衛隊の海外派遣その他「国際貢献」という名の対米貢献にしてもそうですし,
昨今喧しい東シナ海ガス田の問題で 支那による既成事実作りに一方的に押され続け,
EEZ確定を先送りにしての共同開発案を今度は日本から逆提案する形になってしまっているのもそうです.
特に後者などは如何に方便とはいえ外交的には邪道の極みです.




靖國は日本という国家の利益に関する事柄ではなく,
日本という国家の──そして当然ながらその国家の形成に参与する私たち国民一人一人の──名誉と尊厳に関する事柄です.
ここを譲ったらもはや日本が日本でなくなるというぎりぎりの一線の問題です.
敗戦後の占領統治以来この国を精神的去勢状態に据え置いて来た所謂東京裁判史観と戦い これを克服する上での 原理原則の問題です.
そこのところを履き違えているから,靖國参拝が如何にあるべきかを専ら支那・朝鮮による容喙との対立軸上で捉えようとする おかしな論理になる.本来日本国民のものである靖國を,外国が何を言っているかを通してしか眺められなくなる.



原理原則というものは「楯」どころか核心です.
その場その場の政治的動機によって濫りに枉げてはならないものです.
一高裁レベルでの「違憲判断」への「配慮」なども余計なこと──早い話が
「もし私の参拝が違憲だというなら,寧ろ憲法の方が間違っていると私は思う」
くらいの事は言ってみせるべきです──ですし,
ましてや支那や朝鮮の如き自称「日本軍国主義の侵略の被害国」への「配慮」などは微塵もあってはなりません.
私が前回「ただ行けばよいというものではない」と述べた所以です.



敢えて言いますが,その意味では,「国益」の観点から靖國を論じたがる自称保守派や 戦ってもみないうちから「落とし所」を探ろうとする自称リベラルに比べれば,首相の靖國参拝を「憲法違反だ」「軍国主義賛美だ」云々の理由で糾弾している左巻きの言う事の方が,──気の毒にもその議論の出発点で何か間違えているだけで──彼らは彼らなりに通すべき筋を通そうとしている分だけ まだしもマシに思えます.



最後に,これは別に皮肉を言うわけではありませんが,
小泉首相自身が靖國参拝をあくまで「個人の心の問題」と位置付けている結果として,
靖國に関する限り 外野による「国益」云々の議論が悉く空振りに終わっているのは,
小泉首相本人の意図が何処にあるかによらず 評価すべき姿勢だと言ってよいでしょう.
但し,「心の問題」といっても,
それは小泉首相が再三繰り返している所の「個人の信念」などでは断じてなく,
日本国民の公心に属すべき問題ですが.



[PR]
by xrxkx | 2005-10-20 12:34 | 時事ネタ一般
よもや来年の夏はクールビズ参拝なんて事にならないでしょうね
 …或いはホリエモンみたいにTシャツとか.冗談じゃないなぁ.
 靖國の件,真面目に書き出すと気が重くなるので後回しにしてしまいましたが,宇宙大使だけ書きっぱなしというわけにも行かないので.

 最初に結論を書いてしまうと,今回の小泉首相の靖國参拝に対する私の採点は20点.不可.ただ行けば良いというものではない.
 得点の20は専ら「支那・朝鮮の100%いいなりにはならなかった」ことによる得点で,こんなのは やって当たり前.仮にも国連安保理常任理事国入りを標榜する政治家に これっぽっちの事で及第点はつけられない.

 そもそも一国の宰相ともあろうお方がですよ,平服で,たった5分で,一礼してお賽銭投げるだけの参拝なんて,これくらい靖國をコケにした話がありますか.…まぁ 「個人の信念」で「不戦の誓い」なんかしに出掛けては,その都度支那や朝鮮の反発にいちいち弁解じみた「心の問題」論など持ち出さすような御仁に こんな事を言ってみても詮無き事ではありましょうが.あれやこれや言い出すとキリがありませんが,あれくらい靖國に相応しくない参拝者も珍しい.
補遺.言うなれば私が今回に限らず参拝を支持するのはナイカクソウリダイジンという一種の着ぐるみであって,中の人たる小泉純一郎氏ではありません.悩ましいところではありますが,ともあれさっさと中の人をもうちょっとマシなのに入れ替えて欲しいと切に願うばかり.
 昨日はニュースの他にあちこちのblogを読み漁りましたが,参拝支持派の意見にしても上述の特定アジアによる内政干渉との絡みで論じるものが大半だったのは,私としては合点が行きかねます.
 何の為に靖國に行くのか.
 どういう立場で行くべきか.
 それは靖國でなければ出来ないことか.
 「政教分離の原則」との折り合いをどう着けて行くのか,或いは憲法のほうをその点も含めて見直すべきなのか.
 靖國をこのまま一介の宗教法人にしておいてよいのか.
 …等々,国内的な議論をきっちり煮詰めて行かなくてはならない点は山ほどある(そんなのは既に論じ尽くされた問題だという向きもありましょうが,他でもない首相のあの対靖國態度が そうした議論の不十分さの何よりの証左でしょう).それに比べたら支那や朝鮮が何を言っているかなどということは全くの些事です.

 以下,今回特に心に残った3篇──賛否の度合いは別として──から各々一部抜粋.
…賛成したひとり武部幹事長が「参拝は不戦の誓い」と語っているが、これはおかしい。
 靖国参拝は一旦緩急あるときに英霊の後を追って自分も国のために戦うという誓いのために行われるのであって、不戦の誓いのために行われるものではない。…行かないより行ってくれた方がいい、ととかく考える人がいるが、さてどうだろう。
 小泉首相ほどに動機の不純が分ってしまった人でも、行ってくれてよかったと考えるのであろうか。それは心を質ではなく、量で計測する政治主義ではあるまいか。…
首相の靖国参拝 ---西尾幹二のインターネット日録 10/17
選挙では参拝問題を全く争点にしなかったというのはルール違反だがそれには目を瞑ってでももちろん私は参拝を支持する。なぜならそれはこの日本国に殉じて亡くなっていった方々への不可逆な約束だからだ。これからのことを論議するのはかまわない。しかしもはやその論議に加わることもできない人々との約束を反故にしろなどと言える連中のことを没義道という。…
小泉さんの靖国参拝は形式においては姑息時期においては意義があったと言うべきであろう。…

[PR]
by xrxkx | 2005-10-18 12:32 | 時事ネタ一般
今日から君を「宇宙大使王毅」と呼んであげよう
 小ネタ.昨日のネットヲチはもう靖國に始まって靖國に終わる感じの1日でしたが,アレは今後暫く使えそうなので書き残しておこうかと.
靖国参拝 中国「重大な挑発」 / 韓国も強く抗議 ---中日新聞 10/17

 中国の王毅駐日大使は十七日、小泉純一郎首相の靖国神社参拝を受けて「中国政府は小泉首相のいかなる時期、形式での靖国参拝にも断固反対する」との談話を発表した。
 大使は談話で、中国の有人宇宙船「神舟6号」が同日帰還し、中国人民らが祝賀中の参拝であることを指摘して、「中国人民に対する重大な挑発だ」と批判。さらに「首相は日中関係を損なった歴史的責任を必ず負わなければならない」と強調した。 (共同)
(後略)
 新華社電だとこんな感じ:
中国驻日大使强烈谴责小泉参拜靖国神社 ---新華網 10/17

日本首相小泉再次参拜靖国神社

  新华网东京10月17日电(记者吴谷丰)中国驻日本大使王毅17日上午就日本首相小泉纯一郎参拜靖国神社一事发表谈话,强烈谴责小泉参拜靖国神社。
  王毅说,中国政府坚决反对小泉首相在任何时间、以任何形式参拜供奉着日本甲级战犯的靖国神社。他还说,17日是中国的神舟六号载人航天飞船胜利返回之日,中国人民正在庆贺,小泉在这一天参拜靖国神社也是对全体中国人民的严重挑衅。
  王毅强调,小泉必须承担破坏中日关系的历史责任。
  小泉17日上午再次参拜了供奉有甲级战犯牌位的靖国神社。这是小泉2001年4月就任首相以来第5次参拜靖国神社。(完)

うっひゃぁ ヽ(゚∀゚ )ノ

 「抗議」ではなく「譴責」ですよケンセキ.またまたヤメナサイとゲンメイされちゃいましたわよ.それも「A級戦犯」やら「中国人民の感情を傷つけた」やらでは物足りなかったのでしょうか,謂うに事欠いて宇宙飛行ですってよ奥様.支那人が宇宙を飛ぼうが海に潜ろうが地底人になろうが靖國や小泉首相の知ったことではないのですが.支那人の祝賀ムードとやらに靖國が都合を合わせる理由も無いですし.
 まぁ日本外交周りで「神舟6号」とやらと関係ありそうなトピックを挙げよと言われて靖國を挙げる人は日本にはおそらく1人もいないだろうな.「有人宇宙飛行までやる国にODAなど不要」論なら幾らでも耳にしますが.ひょっとして 他でもないそのODA打ち切り論議に腹を立てて「江戸の仇を長崎で討ったアルヨ」ということになっているのかしら,王毅の宇宙脳内では.
 それから「いかなる時期、形式での靖国参拝にも断固反対する」と言った舌の根も乾かないうちに「こういう日に参拝するのは…」と言い出す一貫性の無さも いかにも支那人っぽくてヨロシ.日時が気になるのかどうでもいいのかハッキリせよと.
 さすが4000年の歴史を誇る大国ともなると バカ発言も宇宙級.寝言は寝て言わないと今度から「♪中華が生んだ~正義のマグマ~♪」とか歌っちゃうぞ :D
[PR]
by xrxkx | 2005-10-18 10:42 | 時事ネタ一般
「明日はどっちだ」は他人事ではなかったり.
 話を続ける前に一言.当方の記事への言及の無いTBは原則としてその場で消させていただいておりますので悪しからず.「打たれたから打ち返す」というのも不毛なので.

----
 というわけで承前.その韓国の親北言論の実情についてですが,かの黒田勝弘氏のコラムの抜粋が「ぼやきくっくり」さんとこの10/10の記事に載っていますので御参考に.
つまり親北擁護で先頭に立つマスコミや市民団体が、日本がらみでは「学問・思想の自由」など知らん顔なのだ
と,この一節だけで私が常日頃言っていることの半分は説明してくれていますのでオンブしてしまおうかと.韓昇助氏による日韓併合再評価論が国を挙げての袋叩きに遭ったことは当blogでも以前散々扱いました.「アカ教授」と「親日派教授」とでは受ける社会的プレッシャーがこれだけ違うということです.かの国では「アメリカを取るか北朝鮮を取るか」では国論が真っ二つに割れ,それがしばしば与野党間の政争の具になったりもするのですが,ひとたび「日帝36年」への恨みつらみを語り出すや否や彼らは俄然一枚岩ですから.
 その意味で韓国輿論が親米に傾こうが親北に傾こうが日本人の知ったことではないのです.親米ならば「こっちの陣営」の一員だろうなどという甘い期待はゆめゆめ持ってはなりません.そのことは例えば最近韓国で銅像が倒されようとしているというマッカーサーを見れば一目瞭然で,親米韓国人がマッカーサーを称揚するのは彼が「日帝の強占から韓国を解放してくれた恩人」だからに過ぎません.韓国人がアメリカに媚態を示すのはアメリカを信頼しているからでも何でもなく,アメリカという後ろ盾を日本に独占されるのが怖いからです.

 私としては,「韓国とどう付き合うか」などという分かり切った問題を今更蒸し返すよりも,ああしたお国柄の持ち主を私たち日本人がどこまで他山の石とし得ているかという点に余程興味があります.上で黒田氏が指摘していることを逆さまに辿れば,批判の矛先は直ちに私たち日本人に向かい得ます.今年春の韓昇助氏の「親日」発言の一件に関して韓国をその「言論の自由の無さ」「民度の低さ」ゆえに或いは批判し或いは失笑を漏らしたことのある人々は,今回の姜禎求氏の「親北」発言をめぐる一見に関しても同じ態度を取らなくては一貫性を欠くでしょう.「アカ教授」が──ここで私が言っているのはあくまで前述の「6・25=統一戦争論」に話を限った場合であって,他にも何か仕出かしているなら話は別ですが──アカであるが故に逮捕さるべしと信じて疑わないナイーブな御仁はハッキリ言ってオツムの出来が韓国版ネットウヨクと同レベル.
脱線.上の黒田氏のコラムの結びにある
今回話題の姜教授や、反米・親北論調で知られた元ハンギョレ新聞論説主幹の鄭淵珠・現KBS(韓国放送公社)社長もそうだが、子供はちゃんと米国に住まわせているのだ
というのは私も初耳.いかにもかの国らしい話で苦笑する他ありません.最近では「君が代」に何かイチャモン付けているらしいですが(これまたkimuraお兄さんdoronpaにオンブだ.ものぐさだなぁ),よその国の心配をする前に自分たちの国歌を
東海の水が干上がり白頭山が磨り減っても
アメリカに逃げれば済むからウリナラマンセー♪
とでも改めては如何かと.逃げる先は別にアメリカでなくても良いけれど.上海でも満洲でもハバロフスクでも御自由に.
 ふざけてばかりいないでもう一つ.見方によっては恰も韓国と親米ぶり・対米貢献ぶりを競うかにすら見える当世の日本の外交・安全保障方針の浅ましさに私たちは一度は思いを馳せるべきでしょう.
 「大韓民国」建国まで一度として独立主権国家というものを持ったことのない,常に強国の鼻息を窺いながらでなければ生きられなかった,そのお陰で事大主義の骨髄まで刻み込まれた憐れむべき境涯にある民族と同じ生き方を,我が日本が進んで選ぶべき理由が何処にあるか.
 敗戦後のGHQによる占領以来一度としてアメリカに頼らない自主国防の道を模索して来なかった対米盲従型エセ保守層が一体どの口で「自主憲法制定」を語るのか.
 国の行く末に関する最終的責任を負うべき立場にあって自分の国は自分で守る覚悟をしに行くべき場所に,「個人の信念」とやらによって「不戦の誓い」を立てに行く馬鹿が何処にあるか.
 いつまで「テロとの戦い」なる安酒に酔って「Show the flag」しているつもりか.そうしている間にも何処ぞの隣国が他ならぬその「テロとの戦い」を口実に内には民族浄化を憚らず,外には日本をも標的とした軍事演習をやっているというのに.
 そこのところをおかしいと思わない自称愛国者なんぞは,かつてソ連だか支那だかの核をクリーンな核だなどと戯言を抜かしていた左巻きと馬鹿さ加減に於いて大差は無いということです.
[PR]
by xrxkx | 2005-10-15 16:16 | 時事ネタ一般
承前・中山文科相 慰安婦発言のこと
 もう暫くこんな感じで書き散らそうかと思います.

 韓国支那が一昨日(07/12)付で中山発言について各々コメントを発表していますので,昨13日あたり細田官房長官が午前の記者会見でお得意の「火消し」に乗り出すかな,と待っていたのですが,今日(07/14)になっても それらしいニュースが入って来ません.細田氏,風邪でも引いたのでしょうか.先方から いつもの通り「日本大使を外交部に呼んで抗議」が出るのを待っている状態でしょうか.

 前回,一連の慰安婦発言に於ける中山文科相の姿勢を「切り込み方が遠慮がちすぎる」と評したのでしたが,無論 私も中山氏が史実に反した事を言っていないという点そのものは一定の評価を受けるべきだろうとは思っています.こうした発言が閣僚クラスの政治家にとっては命取りになりかねない風潮が曾ては存在したことを考えれば 今昔の感があります.
 寧ろ,こうした事があるたびに 折角の一歩を大慌てで「河野談話」のラインまで引っ張り戻してしまいたがる細田氏のような人物の明白な利敵行為をこそ責めるべきなのであって,こうした人物が内閣の大番頭のポジションにある限り,文科相たる者にあれ以上踏み込めと要求するのも酷かな,とも思うのです.その意味で中山氏も彼なりに精一杯やっている.しかも,さる6月の発言の際にも中山氏は
閣僚懇談会の席で「自分の発言のせいでご迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げる」旨発言した
とする細田氏の説をきっぱり否定していたのでした.上述のように今回は細田氏の「火消し」すら出て来ていないのは,或いは中山氏のこうした態度が効いているのかも知れません.さる6月の中山発言の折にも細田氏は
「問題は言葉ではなく実質だ。実質的に従軍慰安婦の存在があった以上、政府の考え方は変わらない」(06/13 時事)
と述べていたのでしたが,他ならぬその「実質」如何の問題に もしもこれ以上深入りすれば,つまり中山氏が「その通り.ではその『実態』についてだが…」と応じたならば,持説を撤回せざるを得なくなるのは細田氏の側だということ──それは当然ながら「河野談話」以来の政府見解の修正を余儀なくされることを意味する──を,細田氏ご自身がよくお分かりの筈です(こちらの頁の,特に97/03/12の参院予算委員会での小山孝雄議員と平林博・内閣外政審議室長との質疑応答を参照.河野談話発表に先立つ政府の調査に於いては「強制性」があったことを示す証拠は何一つ見つかっていない).そういう切羽詰まった事態を避けるには,政府は中山氏の文科相の任を解くしか方途が無くなるでしょう.官邸もそこまでやりたくはない筈です.

 無論,慰安婦問題がいつまでも「『従軍慰安婦』なる用語はもともと無かった」という議論にとどまっていてよいものではなく,「河野談話」以来の政府見解の抜本的な転換を いずれは誰かがやらなくてはならないでしょう.ただ,今がその時期かどうかという点について 私はやや否定的です.どうせ小泉内閣は余命幾許も無いのですし,郵政民営化絡みでの解散-総選挙も(無いとは思うけれど)どうなるか分かりません.私は 中山氏のような政治家に このような時期に現内閣と刺し違えてほしくありません.ポスト小泉政権のアウトラインが固まってくるまでの間,韓国や支那が無用のちょっかいを出してこない限り慰安婦問題は凍結しておくといったモラトリアム期間はあってよいように思えます.

(たぶんまだ続く)
[PR]
by xrxkx | 2005-07-14 20:29 | 時事ネタ一般
中山文科相 慰安婦発言のこと
 相変わらず私事のごたごたのため更新が滞っておりますが,久々に書き散らし.中山発言の件,既に3日も過ぎていますので皆様ご存知でしょうが──

従軍慰安婦はなかった言葉 文科相がメールを紹介 ─北海道新聞(おそらく共同電) 07/10
従軍慰安婦発言で支持者の手紙紹介…中山文科相 ─読売 07/11
慰安婦発言支持のメール、中山文科相「感銘受けた」 ─朝日 07/11
(more欄に記事控えあり)

 何よりまず,文科相には「支持者から寄せられた意見の紹介」という形を取るのでなく,もう少し自分の言葉で語って戴きたかったという気はします.どこか「これは私が言ってるわけじゃありませんよ.こういう意見の国民もいるという単なる紹介です」という逃げの匂いがする.
 「私が歴史認識を話すと良からぬ誤解を招くといけないので」と仰いますが,「良からぬ誤解」あるいは曲解なら 既に巷間に溢れています.無論 日本国内のみならず海外にも,です.
 東亜日報(韓国)などは中山発言を「稚拙な歴史歪曲」とまで呼んでいます.東亜日報の この記事中にある
中山文科相は6月、「『従軍慰安婦』という言葉は当時はなかった」と述べ、事実上軍慰安婦の存在そのものを否定する発言をし、韓国と中国から強い反発を受けている。
という箇所などは そうした曲解の典型です.昨年11/27の「教科書から『従軍慰安婦』とか『強制連行』とかいった言葉が減ってよかった」発言以来,中山文科相が「慰安婦は存在しなかった」などと一度でも言ったことがあるか,東亜日報の記者氏には是非とも実例を挙げてみせて戴きたい.
 ちなみに こうした「従軍慰安婦不在説」なるものを生み出したのが朝日新聞であることは,藤岡信勝 著「『自虐史観』の病理」 第II部第7章「『従軍慰安婦不在説』という妖怪」に詳述されていますので,お読みになっていない方には一読をお勧めします.
 上の朝日の記事にしても,「彼女らには大いに同情すべきだが、(意に反して売春させられたのは)古い時代の日本の農村で見られた情景とそう変わらない」となっています.もし中山氏が「彼女ら」の存在そのものを否定しているなら こういう文言が出て来る筈がありません.

 ところで,上の引用部分中 「意に反して売春させられたのは」の部分は括弧に入っており,朝日の記者が補ったものであることが分かります.こういうところに朝日お得意の印象操作の悪質さが見られます.「意に反して売春」といいますが,私も生まれついての怠け者であるにも拘らず「意に反して」毎日せっせと働いていますので,これも政府に責任を取ってもらうべきなのでしょうかね.

 今まで再三にわたって触れて来た事ではありますが,そもそも慰安婦問題の核心は「日本政府・軍による強制性があったのか無かったのか」という点にあるにも拘らず,その部分についての中山文科相の切り込み方は──今回に限らず従来も──あまりにも遠慮がちに過ぎるように思えます.
 本来,彼は もっとはっきりと,自分の言葉で「彼女らは職業売春婦であった」と公言し,慰安婦を「性奴隷」だったとする人々──日本国内のであれ海外のであれ──の挑戦を堂々と受けて立つべきでしょう.いつまでも議論を「『従軍慰安婦』なる言葉が当時あったか無かったか」という枠内だけにとどめておくことは,却って上の朝日の例のような悪質な曲解を生みます.

More
[PR]
by xrxkx | 2005-07-13 13:26 | 時事ネタ一般
サイパンの慰霊碑のこと:拾遺
 前回は「単発のネタでお茶を濁すことに」などと書いたものの,韓国人が絡んで来る話が簡単に終わるわけもなく….
 前回 コメント欄に面白いのがありました:
Commented by くろ at 2005-06-30 13:46
支那人がガム噛むのか?
支那人が噛むのはスイカの種だろう!
東アジアでガム会社がある国といえば言わずもがななんだがなぁ。
1) 支那人がガム噛むのか?
これは私も思った.支那では滅多に見かけないし.ただ《サイパンあたりに旅行に来るほど裕福な支那人》に話を限ればまた別かも.
2) 支那人が噛むのはスイカの種だろう!
すいかの種では なかなか慰霊碑に引っ付かないだろう! :D
3) 東アジアでガム会社がある国といえば言わずもがななんだがなぁ。
まぁ,誰もが最初にそれを考えるだろうけれど,問題は その「言わずもがな」の国の国民には「日本鬼子」なんていう高級な漢字は書けそうにないという点なのだね.何しろ自分の国の国名も漢字で書けないソウル大生まで...おっと,名前を出しちゃった :D
 海外旅行に出掛けるほど懐具合に余裕があるのを見ると 「華」僑かな,もしくは台湾のコテコテの反日外省人かな,などと あれこれ想像を巡らすのも楽しいかも(註:下に一部種明かしあり).
 閑話休題,「それでは 気になる<ヽ`∀´>さんたちの生態は?」に移りますが,「rx178の最近気になる朝鮮半島」さんが昨日の記事中でフォローアップしてくれていました.
사이판 자살절벽에서 절하는 일왕 내외 (サイパンの Suicide Cliff で礼をする日王夫婦) ─AP/聯合 06/28
詳細は先方の記事をご覧あれ.要は
漢字には弱いけど ガムならウリにも <ヽ`∀´>
ということでせうか.
 それにしても よく見つけたな,こんなコメント….私もコメント欄は一応覗いてみましたが,「皇后の帽子がヘン」「頭にお皿でも乗せてる?」など相も変わらず低次元な会話だらけなので放り出してしまひました.

[蛇足]
 ついでながら この記事,英文部はどうやらAP電そのままのようで,天皇に関しても「Emperor」と標記していますが,韓国人が英文でwebに文章を載せる場合 非常にしばしば「King of Japan」などと書いていたりします.
 そういえば この記事,韓国語部分も 見出しは「日王」,本文では一箇所だけ「天皇」で他は「日王」と 標記が揺れまくっています.こういうのを見るにつけ,当世の韓国人が「日王」なる語をムキになって/無理して使っている匂いが漂います.

[蛇足 その2]
 上のは聯合電ですが,これが新聞になりますと現在は「日王」派が大部分であるのは 日本でも何ヶ月か前に報道されたことがあります(たしか産経で読んだのだったかな).
 日本語版webサイトを持っている保守三大紙の場合,記事を日本語訳する時に「日王」を「天皇」に書き改めてしまうのが普通ですが,その際に「天皇陛下ご夫妻」と「陛下」まで付けてしまう例(東亜日報)もありました.原文ではあくまで「日王 (일왕)」ですのでお間違えの無いように.
 一方で,同じ東亜日報が日本語版でも「日王」を使っている例もあります.
[PR]
by xrxkx | 2005-07-01 12:58 | 時事ネタ一般
サイパンの慰霊碑のこと
 中10日も空けてしまいました.今月は何とまだ本稿で6本目です.それほど多忙というわけでもなく,ただ私事であれやこれやゴタゴタが重なって すっかり長文を書くのが億劫になり《現実逃避モード》に入ってしまっていただけなのですが.
 どうも調子が戻りませんので,暫くはリハビリがてら単発の話題でお茶を濁しておくことに.

慰霊碑に供花、犠牲者追悼 韓国人の碑も (共同 06/28)
 【サイパン28日共同】天皇、皇后両陛下は28日午前、太平洋戦争の犠牲者を追悼するため、米自治領サイパン島北部の中部太平洋戦没者の碑に供花、スーサイドクリフ、バンザイクリフを訪れて黙とうをささげられた。61年前の6月から7月にかけての激戦で亡くなった日米両軍の兵士や多数の民間人に思いを寄せた。
 両陛下は韓国人を慰霊する韓国平和記念塔と、沖縄出身者を慰霊するおきなわの塔にも立ち寄り拝礼した。この2カ所は当初、予定を公表していなかった
 中部太平洋戦没者の碑は日本政府と現地政府が合同で1974年に建立した。スーサイドクリフのがけ下、戦後の遺骨収集で多くの骨が見つかった場所にある。両陛下は碑の前で一礼し白菊の花束を供えた。
(共同通信) - 6月28日11時11分更新
 このニュース,何時間か前にも流れていた(削除済)のですが,そちらには「韓国平和記念塔」の「か」の字も出て来ません.上の記事中にも「当初予定を公表していなかった」とありますので,そのせいでしょう.
 予定を公表しなかったいきさつについてですが,韓国のほうは おそらく 日本──ましてや天皇ともなれば なおさら──のやる事為す事にケチを付けなくては気の済まない韓国人が またぞろ詰まらぬいざこざを起こすのを嫌っての事とは容易に察しが付くものの,それだと沖縄のほうが何故なのかよく分かりません.
余談.共同も,何も先発のほうの記事が誤報だったわけでもないのに 何故一々消すのでしょう.マスコミがこうやって一度流した記事を安易に消したり差し替えたりするの,やめて戴きたいものです.こういうことがあるから,一部から「著作権侵害」だの何だのと言われようが何だろうが 記事の全文転載をやめるわけに行かなくなるのです.

----
 さて,韓国云々は放っておくとして.私が気になったのはこれ自体ではありません.次の記事,つい先日 yahooで「最も読まれた記事」1位に上がっていたニュースですので,御記憶の方もたくさんおいででしょう:

「好意ばかりではない」 壊される日本人の慰霊碑 (共同 06/25)
【サイパン25日共同】割れた石碑、土台だけの墓―。太平洋戦争の激戦地だった米自治領サイパン島には、家族や戦友のために日本人が建てた慰霊碑や墓が数多いが、壊されているものが少なくない。「観光客や住人のすべてが日本に好意的なわけではない」。自治政府の人の説明は、日本にとって忘れがたい戦闘に、別の思いを持つ人の存在を思い起こさせる。
 27日からのサイパン訪問で天皇、皇后両陛下は中部太平洋戦没者の碑に献花する。多くの遺骨が見つかった場所。周囲の岩や草むらに、高さ数10センチの石碑や墓石が隠れるように立っている。磨かれ、手向けた花の残る石碑の横に、刻んだ名前の途中で折れたままのもの、墓石の跡だけが残るものが並ぶ。
(共同通信) - 6月25日6時16分更新
 言わずもがなの事かも知れませんが,この記事がそれほど注目されたのは,おそらく読者たちが「かつて戦地となった地域の住民に今も残る侵略者への心のしこり」云々に感じるものがあったが故ではないでしょう.ここで見過ごせないのは,特に速報すべき内容を含んでもいない こういう記事を,天皇訪問を目前に控えた この時期に持って来ることによる,共同通信お得意の印象操作の悪質さです.
 あれは一昨年でしたか,広島で千羽鶴が某大学生によって焼かれる騒ぎがあったのを 皆様もおそらく御記憶のことと思いますが,上のような記事を平気で書ける記者氏は あのときも「ヒロシマの思い」なるものに寄せられているのは「好意ばかりではない」と言ってのけるべきでした.そういう記事が載っていたという話を 私などはついぞ聞いたことがありませんが.

 無論,自分の住む島を戦場にされれば誰だって良い気分はしないでしょう──ここで「サイパンを戦場にしたのは日本だけでなくアメリカも同様ではないか」などと野暮なことはあえて言わずにおきますが,それを差し引いても,「日本に言いたい事があるなら生きている日本人に言え」とだけは言っておきたいところです.慰霊碑や墓に八つ当たりするなどは,理性ある人間のすることとも思えません.

 さて,上の段落は「慰霊碑や墓を壊したのがサイパンの現地住民である」としての話です.
 よくよく見ると この記事,「観光客や住人の全てが日本に好意的なわけではない」とあるものの,「家族や戦友のために日本人が建てた慰霊碑や墓」を実際に壊したのが誰なのかについては ただの一言も触れられていません.
 それもその筈,別のところに ちゃんと種明かしがありました.

バンザイクリフ慰霊碑にガム サイパン島 (産経 06/22)
≪清掃…また被害/「日本鬼子」の字も≫

 先の大戦の激戦地、サイパン島にある戦没者の慰霊碑にチューインガムが付けられる被害が相次いでいる。3月に慰霊事業で現地を訪れた日本人がガムを取り除き、その後現地当局も清掃を行ったが、同様の被害がおさまらない。戦没者の霊を冒涜(ぼうとく)する心ない行為に関係者は心を痛めている。(森本昌彦)
 ガムによる被害を受けているのは日本軍の将兵、民間人らが「万歳」と叫んでがけ下に身を投げた島北部の断崖(だんがい)、バンザイクリフにある慰霊碑。三月一日から五日間、慰霊のためサイパン島を訪れた長野市の若麻績(わかおみ)敬史さん(45)らが見つけた。
 「最初は『何だろうこれ』と思った。初めからこういうふうになっているのかなと思って近づいたらガムだった」
 「忠魂碑」という文字が刻まれた慰霊碑の表側だけでなく、その裏側までびっしりとガムがくっついていた。表側のガムは素手で何とか取り除くことができたが、裏面に付けられたガムは乾ききっており、手ではがすことはできなかった。
 ガムだけでなく、碑の表側には、きりのようなもので彫った「日本鬼子」という漢字が記されていたという。
 在サイパン出張駐在官事務所によると、現地のマリアナ政府観光局がガムが付けられているのを見つけるたびに清掃を行っているが、その後も被害は続き、慰霊碑が完全にきれいになるまでには至っていない。バンザイクリフには約二十の慰霊碑が存在するが、同様の被害を受けているのはこの慰霊碑だけ。
 若麻績さんは「誰がやったかは分からないが、死者を弔う人類の普遍的な感情に相反する行為で、やった人の気持ちは理解できない」と話している。

【2005/06/22 東京朝刊から】
 「日本鬼子」.
 そんなことだろうと思った.何しろ既に死んだ仇敵の体を八つ裂きにしてその肉を喰らったり,墓を荒らしたり,といった所業を 謂わばお家芸にしている国民ですから,「慰霊碑にガム」くらいは朝飯前でしょう.
 惜しむらくは この記事中に「慰霊碑にハングルでも同様に何か刻まれていなかったか」が書かれていないことでしょうか.
[PR]
by xrxkx | 2005-06-28 12:36 | 時事ネタ一般
いっそ内閣に助っ人ガイジンでも入れたほうが良くないか
 標題は半ばヤケクソです.マジレスされても困りますので悪しからず.それから鄭香均みたいなのはそもそも助っ人になりませんので論外.
 昨日はサーバのメンテナンスがあり(←当日になるまで知らなかったよ:D),それが予想外に長引いたようで ほぼ丸一日潰れたままでしたが,更新をサボっていた2日間をも含め どうしても書いておかないといけない話題は次々に湧いて出ます.「こういう時はとにかく走り書き程度にでもよいから書き散らして行かないと追いつかなくなる」と先日来感じているのですが,目を通すべき記事やら資料やらがまだ大量に残っている状態で書きに入るというのは存外難しいもの.どうしたものやら.
ともあれ,中山文科相の慰安婦発言のこと.経緯をおさらいすると (註:more欄に記事全文の控えをとってあります),
◇ 11日 ◇

中山文科相: 静岡市のタウンミーティングの席上 質問に答え
「従軍慰安婦という言葉はそもそもなかった。これまでなかったことがあるということが問題」
「教科書は正しいことを述べるものだ。間違った記述がなかったから、よかったなということ」
(昨年11月に同様の発言を行い 後に「個人的な発言」と修正した件について問われ)「その問題はその後発言しない(ことにしている)が、質問されたから答えた」
(以上毎日


◇ 13日 ◇

細田官房長官: 閣僚懇談会の前に中山文科相に対し "個別に注意を促"す
(以上読売

細田官房長官: 閣僚懇談会の席で全閣僚に
「閣僚は外交関係についてよく配慮して発言するように」
(細田氏によれば同懇談会の席で中山文科相は「発言でご迷惑をおかけしたことをおわびします」と謝罪)
(以上読売

細田官房長官: 午前 記者会見
「実質的に従軍慰安婦の存在はあった。おわびと反省の気持ちを表明している政府の立場は変わらない」
「従軍慰安婦問題が多数の女性の名誉と尊厳を傷つけた問題であると認識している」
(以上日経

問題は言葉ではなく実質だ。実質的に従軍慰安婦の存在があった以上、政府の今までの考え方は変わらない」
「従軍慰安婦問題が多数の女性の名誉と尊厳を傷つけた問題であると認識しており、これまで官房長官談話でおわびと反省の気持ちを表明している。この立場は変わらない
(以上朝日

「問題は言葉ではなく実質だ。実質的に従軍慰安婦の存在があった以上、政府の考え方は変わらない。これまで官房長官談話などでおわびと反省の気持ちを表明しているところだ」
(中山発言について)「発言の趣旨はよく確認する必要がある。ちょっと関係者とよく話をしてみたい」
(以上時事

「問題は言葉ではなく実質だ。多数の女性の名誉と尊厳を傷付けたと認識し、これまでおわびと反省の気持ちを表明している。従軍慰安婦の存在があった以上、政府の今までの考え方は変わらない」
(中山発言について)「どのような発言の趣旨かよく確認する必要があるが、全体的な経緯は知っていると思う。関係者とよく話をしてみたい」
(以上四国新聞,おそらく共同電)

中山文科相
「朝鮮半島出身の方もいっぱいいた。それこそ筆舌に尽くし難い苦労をされたことも良く知っている」
「用語と実態の問題で、そういう実態があったことは知っている。ただ(その当時)そういう用語はなかった」
(以上産経,但し共同電)

中山文科相: 閣議後の記者会見
「言葉を選んでしゃべっていますと言った。それだけだ」
(以上読売


◇ 14日 ◇

細田官房長官: 午前 記者会見
「閣僚懇談会で中山氏から『わたしの発言でご迷惑をおかけしたことにおわびを申し上げます』との話があった」
(以上河北新報,おそらく共同電)
 細田氏は、閣議に続く閣僚懇談会で、文科相が「私の発言でご迷惑をおかけしたことをおわび申し上げる」と述べたと発表した。これを受け、細田氏が「各閣僚は外交関係によく配慮して発言してほしい」と注意したという。
 一方、文科相は「『言葉を選んでしゃべっている』と言った」と強調。「ご迷惑をかけた」と述べたかどうか聞かれると「言っていない」と否定した。
(以上日経
 細田官房長官は14日午前の閣議後の記者会見で、中山文部科学相が自らの従軍慰安婦問題を巡る発言について閣僚懇談会で陳謝したことを明らかにした。細田長官は閣議前に中山文科相と会い、発言に注意するよう求め、閣僚懇談会では全閣僚に対して「外交関係によく配慮して発言するように」と呼びかけた。
(以上朝日

中山文科相: 記者会見
(河野談話と認識が同じかとの質問に対し)「その通りだ」
(慰安婦問題について教科書に記述すべきかどうかについて)「(教科書)執筆者、出版社のお考えだ」
(慰安婦について)「日本の女性がほとんどだった。そういうことも含め、そういう時代が日本にもあったことを教えることが、歴史を学ぶということだ」
(以上朝日

細田官房長官: 午後の記者会見
「閣僚懇談会に出ていた人にも聞いたが、『ご迷惑をかけたと謝るような言葉があった』と言う人が多く、その趣旨の話はあったと思う」
(以上河北新報,但し共同電)
 いま改めて記事を探してみたところでは,中山・細田両氏とも12日には特にこれといった発言をしていないようです.12日というのは 日本国内での報道を受けて支那の外交部やら韓国の与野党やらが相次いで中山氏を非難する声明を出し,両国のメディアがそれを盛んに煽っていた時期.要するに細田官房長官は支那・韓国が騒ぎ出してから慌ててお得意の「火消し」に乗り出した格好です.
 しかも,日本政府内がごたごたし始めたのは,13日の閣僚懇談会の席で中山文科相が「ご迷惑をおかけしたことをおわび」したかしなかったかをめぐっての 中山・細田両氏の主張の食い違いという,あまりに低レベルなもの.15日の産経の記事がいみじくも指摘しているように
政府内では「従軍慰安婦」という用語の信憑(しんぴょう)性は検証されず、「陳謝」問題だけがクローズアップされている
のであって,これは如何にも情けない.「言葉ではなく実質」が問題なのだと思うなら なおのこと,「従軍慰安婦」なる語がいつから使われ始めたのかについて きちんとした調査──既に幾らでもある──に基づいて,これまでの政府見解に問題があるなら正して行くのが政治家たるものの務めでしょう.
 なのに,13日午前の記者会見の段階で細田長官がわざわざ言及しているように,要するに 細田長官が金科玉条としているのは かの悪名高い河野談話であって,あのラインから政府見解を一歩たりとも踏み出させたくないということです.官邸の大番頭たる者が こういう事なかれ主義に退嬰していては….
 当blogでも昨年12/07に少しだけ触れたインチキ売春婦への謝罪という大失策なども,そうした彼の態度に端を発するものです.
補遺.河野談話の問題点については 今回改めてあちこちで語られたでしょうから くどくどとは書きませんが,要点としては
  1. 慰安所の設営そのものについては,「軍当局の要請」で行なうのは当たり前.
  2. 日本の「官憲」が「慰安婦の募集に直接加担したこともあった」などという証拠,即ち日本による慰安婦の「強制連行」の証拠は 現在に至るまで何一つ示されていない.
の2点について日本側として当然主張すべきところを主張しないまま,河野洋平が日本政府の「過ち」を認めてしまった点にあるのでした.
 私は12/07にも書いた通り,細田氏の政治家としての資質──実務能力云々以前に 国家の名誉と利益を預けるに足るだけのフィロソフィを備えているかどうかという点──について 甚だ否定的であらざるを得ないのですが,13日付の「酔夢ing Voice」も 同氏を激しく糾弾していました.一介のすいか泥棒が言うのとは迫力も影響力も2桁3桁違うでしょう.
懲りないのはNHKだけでなく、「亡国の官房長官」細田氏も同様だ。今日の午前中の記者会見であの裏声で犯罪的な発言を行った。細田さんは君が代を歌うときも、きっと丸谷才一氏のように裏声で歌うのだろう。細田さん、あなたは即刻、辞任すべきだ。
(中略)
この分かりやすい「反日の構造」に輪を掛けて、まるでターボチャージャーのように反日の馬力を増強したのが今朝の官房長官談話なのだ。細田さん、即刻辞任してください。なぜ、あなたは歴代の官房長談話の愚を繰り返すのか? あなたはこう言うべきだった。「文科大臣の言うように、従軍慰安婦という言葉は無かった。歴史は事実が大切であって、従軍慰安婦という言葉は極めてイデオロギッシュな造語であり、歴史認識を危うくするものです。正確に言えば、追軍売春婦なのです。」
 おまけ.
民主代表、文科相の慰安婦発言「首相は責任全うせず」 ─日経 06/14
 民主党の岡田克也代表は14日の記者会見で、中山成彬文部科学相が「従軍慰安婦という言葉は当時なかった」と発言した問題について「小泉純一郎首相は場合によっては首を飛ばすべきだ。首相としての責任を全うしていない」と批判した。国家公務員の定数削減に関しては「減らすが増やすというごまかしの計画ではなく、トータルで人件費を減らしていく明確な方針を出すべきだ」と語った。(19:59)
 もしもジャスコ政権が成立したら,支那・朝鮮に平身低頭しない閣僚は首を飛ばされるらしいです.おぉコワイ.

◇ 記事控え ◇
[PR]
by xrxkx | 2005-06-17 12:53 | 時事ネタ一般