カテゴリ:韓国の親日派狩り( 14 )
韓昇助叩き・その後 (1)
 韓昇助氏が高麗大学名誉教授の座を退いて以来,日本語メディアには続報が殆ど上がって来ていないようですが,韓国では韓昇助叩きが相変わらずやみません.
 韓氏本人の周辺には その後目立った動きはありません.彼のwebサイト「賢明なる少数」は 昨日(03/09)今日も「サーバー点検中です」とのこと.例の「イナゴの群れ」の罵詈雑言コメントが殺到して対応し切れなくなったのか,あるいはDoS攻撃でも受けたのか知りませんが,事実上運営不能状態に追い込まれたらしい.
 目下の事態の進展具合をまとめると
  1. 与党・ウリ党議員らが 韓昇助氏を相手に損害賠償請求訴訟を起こす動きが本格化しそうだ
  2. 韓氏が共同代表を務めていた「自由市民連帯」なる団体が,韓氏除名の是非を巡って内部抗争を始めている
  3. 韓氏の「日帝礼讃」の是非云々を超え,一部では反共派と親北派との間の泥仕合の様相を呈しつつある
の3点に集約できそうです.時間の都合により3番については後で書きます.


【 1.損害賠償請求訴訟 】
 これについては,昨03/09の朝に上がって来たニュースで 次のようなのがありました:
宋栄吉「韓昇助氏相手に損害賠償請求訴訟」 ─聯合ニュース 03/09 10:18
(ソウル=聯合ニュース) コ・ヒョンギュ記者

 ヨルリン・ウリ党のソン・ヨンギル(宋栄吉)議員は9日,日帝の韓半島(訳註:朝鮮半島のこと)植民地支配を美化して波紋を起こしたハン・スンジョ(韓昇助)前・高麗大名誉教授に対し,国家と国民の名誉を毀損した責任を問い,損害賠償請求訴訟を起こすことにした.
 宋議員は聯合ニュースとの電話インタビューで「現在,日本の歴史教科書歪曲などを巡って対日感情が悪化しており,日本のこうした行いを正そうとする我が国民の努力が熾烈な中で韓氏が植民地支配を美化したのは利敵行為に等しい」として「法理的争点化の為に訴訟を起こすもの」と述べた.
 宋議員は「さる16代国会の折,日本の歴史教科書を歪曲した扶桑社に対し損害賠償請求訴訟を起こした前例がある」として,ウリ党のチェ・ジェチョン(崔載千)議員と共にそうした経験を生かして損害賠償請求訴訟を起こす為の法理検討を進行中」だと付け加えた.
 宋栄吉といえば,韓日議員連盟の「21世紀委員会」委員長を務めている人物.彼のwebサイトに関連文書が無いか探してみましたところ,03/09付の日記中で,
 崔載千議員と相談して,韓昇助・教授を相手とする損害賠償請求訴訟を準備することにした.私が16代国会当時,フショサ(ママ:「扶桑社」のこと)の歪曲歴史教科書の販売禁止・可処分訴訟を提起した際に準備した資料をもとに,法理構成を行なってみようと思う.韓昇助問題をこのままにはしておけないという考えである.
とだけ触れられています.
 これについては,以前ご紹介した世界日報の7日付の記事にあった通りですが,同じく7日付のオーマイニュースの記事の時点では「(訴訟が可能かどうかについては)今週中に結論を出す」としていたのに比べると,訴訟に踏み切る方向で話がやや具体化して来ているようです.
 ただ──本来こんなことは言うまでも無いことだと思うのですが──韓国の刑法第33章・名誉に関する罪(第307~312条)が定めるのは 当然ながら個人の名誉に関する罪であって,「国家や国民に対する名誉毀損」などというものは──仮にそんなものが存在するとしても──第33章で裁くのは無理でしょう.この議員らが韓昇助氏のどういった「罪状」を持ち出して来るかは,今後もう暫く様子を見る必要があります.


【 2.自由市民連帯内部の対立 】
 昨03/09早朝に上がって来ていたニュースですが,こんなのがありました:
自由市民連帯 イム・グヮンギュ代表,韓昇助除名に反対 ─ブレイクニュース 03/09 05:31
 同記事によると,このイム氏は韓昇助氏の除名に反対する理由を3つ挙げています.曰く,
  1. 自由市民連帯は 現在の憲法秩序すなわち自由民主体制を毀損・破壊しようとする勢力と闘争する団体であり,過去の歴史観を巡って闘争する団体ではない.
  2. 我々は共通の自由理念を中心とした多様な意見や主張を持つ市民団体および市民の連合体である.韓教授の意見が他の共同代表らの意見と対立するからといって,彼に共同代表職辞退を求めたり会員資格を剥奪しようとしたりすることには同意できない.
  3. 自由市民連帯メンバーの絶対多数は,韓教授の歴史紛争に於いて 論争によって勝つ自信と誠実さを持っているものと信じる.「韓教授が自由市民連帯メンバーらを汚染し,誤った影響を与えかねない」とする見解には同意できない.

 一方,同じ自由市民連帯内部で多数派を占めているらしい 除名賛成派の主張は
「指導部は(今回の韓氏の論文が)物議を醸したその場で 韓教授の共同代表職は勿論,会員資格をも剥奪すべきだった.だが指導部は『本人の真意を確かめた上で処理する』として態度を保留した」
「いかに自由民主国家とはいえ,法的にはともかく道徳的には,国や国民を圧迫した日帝の植民地支配を美化する自由まで保証されるべきだと主張することは出来ないのではないか」
というもの.かの国で謂う所の「言論の自由」がどういう性質のものであるかを端的に示す主張です.
 ところで,オーマイニュースの6日付記事「自由市民連帯 青年会員,『共同代表5名 同伴辞退』求める」によると,自由市民連帯の共同代表というのは
  • 韓昇助(高麗大名誉教授)←5日付で共同代表を辞任
  • イム・グヮンギュ(弁護士)
  • ソン・ジョンスク(前・保健社会部長官)
  • キム・ハンウン(自由経済委員会 委員長)
  • ハン・グヮンドク(予備役少将)
の5人いる(いた)ようです.で,もともと韓昇助氏の除名・会員資格剥奪を強硬に訴えていた中心人物は 最後の「ハン・グヮンドク予備役少将」氏であるらしく,自由市民連帯内部で韓昇助叩きに乗り出している一派が しばしば「少将派」なる呼び方をされたりしています.その後,若年層の会員らを中心に「指導部の対応は生ぬるい」として総辞職を求める方向に過激化した結果が どうやら上のニュースらしいのですが,果たして「少将」殿の運命や如何に.
[PR]
by xrxkx | 2005-03-10 09:57 | 韓国の親日派狩り
韓名誉教授は高麗大を去ったが
a0026107_12325925.jpg 先日来取り上げている「韓昇助叩き」の続き.googleで拾ってみると,今回の騒動だけでニュースが381件もあるので,とても読み切れていないのですが….
 騒動のほうは,6日夜に「韓氏が高麗大名誉教授辞任の意向を表明」と伝えられたことから,高麗大側が7日に予定していた 韓氏の処遇に関する緊急処長会議は 開かれずに終わった模様.
(私が探して見た限りでは,韓氏の名誉教授辞意表明についての初報は世界日報(03/06 22:21付)だったようです)
もともと高麗大というのは民族主義史観が売り物の大学で,朴正熙時代以来の学生運動の総本山の一角を成してもいただけに,その高麗大の名誉教授という肩書き付きで「日帝の植民地支配を礼賛」する文章が発表されたことから,大学当局への輿論の風当たりは相当に強いものだったようです.とはいえ名誉教授職という肩書きは終身職で,大学の規定上 当人が犯罪でも犯さない限り剥奪は出来ないのが普通ですから,「韓国輿論の大勢に反する意見の表明」を理由に名誉教授資格剥奪など行なえば,それはそれで問題になったでしょう.韓氏が進んで名誉教授の座を退いたのは,そうした板挟みによって大学当局に迷惑を掛けるのを避ける目的でのことだったように思えます.

 このように大学側としては韓氏の自発的退任により事なきを得た形ですが,一方,韓氏が共同代表を務める「自由市民連帯」なる団体も,韓氏の会員資格剥奪を発表(但し「代表」の役に関しては韓氏が進んで辞意を表明した由)している他,与党・ウリ党のソン・ヨンギル議員が韓氏に対し慰謝料請求訴訟を起こす意思を表明するなど,事態は必ずしも収拾の方向に向かっていません.
 かの金完燮氏の一件の折には 結局「外患罪」容疑のほうは立件されなかったものの「死者の名誉毀損」で罰金刑判決が出ていたことを考えると,今回の韓氏の場合も何らかの法的措置が取られる方向に事態が進展する可能性が高いと見ておくべきでしょう.

 さらに,韓氏の名誉教授資格返上表明に先立って 今度は軍事評論家・池萬元(チ・マンウォン)なる人物が自分のwebサイトに韓氏を擁護する文章を掲載したことから騒動が飛び火している状態.03/05付で寄稿された池萬元氏の文章「韓昇助・教授に石を投げるな」 がその発端のようです.
 03/07付の聯合ニュースの記事によれば,この池氏,ネット上で「韓昇助叩き」に狂奔する群衆を いみじくも「イナゴの群れ」に譬えた由.その「イナゴ発言」を今度は世界日報やらハンギョレやら韓国経済新聞といった各紙が一斉に報じて 「イナゴ」たちを焚き付けている状態.
イナゴといえば,03/07付の「民衆の声」の記事などは例によって掲示板ネタ.「韓昇助を国家保安法違反容疑で拘束せよ」などとする書き込みが殺到,と報じています.今に始まったことではありませんが,こういうのを見るにつけ,ホリエモンも真っ青の既存媒体とネットとのメディアミックスが かの国では何やらたくまずして成立しているように見えて面白い.

 ちなみに,上の「石を投げるな」には 韓氏の「正論」4月号への寄稿の韓国語原文が全文転載されていますので,「正論」に載った日本語版との読み比べをなさりたい方は参考になさるとよいでしょう.この騒動,暫く続きそうです.

(上の風刺画は昨7日夕方のハンギョレの記事から)
[PR]
by xrxkx | 2005-03-08 12:31 | 韓国の親日派狩り
ハンギョレ,「正論」を叩く
 所謂「386世代」御用達の「市民寄り」新聞として知られるハンギョレが,前回取り上げた韓昇助氏の件に便乗して「正論」叩きをやっているのを見つけました(ついでに「月刊朝鮮」叩きも).短い記事ですが,この新聞の論調や雰囲気をよく伝えていますので訳出しておきます.
日本の「正論」誌は極右派の「メガフォン」 ─ハンギョレ 03/04
 韓昇助名誉教授の文章が掲載された月刊誌「正論」は,日本の極右勢力の機関紙と呼ばれる.極右性向の「産経新聞」が発刊するこの月刊誌は,歴史歪曲を主導する極右人士らの「勝手知ったる発言台」であり,日本の良心的進歩人士を叩く「狙撃手」役を存分に果たしている.極右派の「メガフォン」だという点で韓国の「月刊朝鮮」と双璧を成す.
 この雑誌の性格は,今回の4月号の見出しや登場人物だけ見ても容易に窺える.3月号に続いて今号の特集も,公営放送「NHK」が 強硬右派の代名詞である安倍晋三自民党幹事長代理らの圧力を受け,日本軍慰安婦関連番組を歪曲して問題となっている件に関するものだ.同誌は,この件をすっぱ抜いた「朝日新聞」に対し「見よ,狡猾なるトリオが作り出した朝日報道の執念」「朝日の従軍慰安婦欺瞞報道の系譜」「朝日・NHKはそれでもメディアなのか」といった文章で無差別攻撃を加えている.「朝日に対する不信」を寄稿した安倍は,同誌の常連客だ.「歴史と民族に対する責任」という文章を書いたニシオカカンジ(ママ:「西尾幹二」のこと)は,日本の歴史教科書歪曲で我が国でもお馴染みの「あたらしい歴史教科書をつくる会」の核心人物だ.
 同誌が最も比重を置いているテーマは「歴史転覆」と「北韓叩き」だ(訳註:「北韓」とは北朝鮮のこと).
 ここには韓名誉教授をはじめ韓国人たちも時折顔を出す.韓名誉教授は3月号でも日本の右派教授と共に「韓日自由主義勢力の連帯と親北左派への反撃の為,『金正日延命装置』である韓流自虐史観を攻撃する」なる文章を掲載し,両国右派の連帯を促している.北韓出身の「朝鮮日報」記者・姜哲煥氏は2月号に「脱北者を絶望に追い込む親北韓国」という文章を書くなど頻々と寄与しており,呉善花氏など在日同胞専門家の資格で日本称揚や韓国の歴史・現実歪曲に一肌脱いでいる固定寄稿者らも多数いる.「月刊朝鮮」記者も登場する.日本で植民地支配正当化の陣頭に立ったり,北韓制裁の主張を展開している人々もしばしば目に付く.趙甲済「月刊朝鮮」社長は,同誌の「兄貴分」である「産経新聞」に定期的に文章を載せ,韓日右派の連帯を呼び掛けている人物だ. 東京/朴チュンオン特派員
 例の「女性国際戦犯法廷」の番組改編の件に言及していますが,あの一件ひとつ採っても,ハンギョレの謂う所の「右翼」サイドから朝日なりNHKの泣きオヤジなりに向けられる批判が 軒並み論点を明確にしている(例えば今年01/12の朝日に記事にあった「安部・中川両氏がNHK職員を呼び付けて云々」というのは裏を取っているのか,といった類)のに対し,「右翼」を批判する側からはそうした論点の明確化が全く行なわれないのは何故でしょう.出て来るのは「ことの本質を見失うな」なる争点ぼかしや「公開討論には応じない」なる逃げの姿勢ばかり.
 ハンギョレの謂う所の「良心的進歩人士」のそうしたやり口というのは どうも日本に限ったものではないようで,上に登場する「正論」に限らず 安倍氏にせよ西尾氏にせよ「つくる会」にせよ,彼らの主張のどこがどう間違っているかに対する指摘は一切無く,あるのは「極右」だの「強硬右派の代名詞」だの「歴史教科書歪曲」といったレッテル貼りばかり.こういう記事を書く記者さんたちというのは,例えば「つくる会」の教科書に実際に目を通してみてから どこがどう「歪曲」なのか具体的に指摘してみせるだけの能力も無いのでしょうか?
 上の記事の謂う所の「良心的進歩人士」は,「右翼は右翼であるが故に弾劾されねばならない」という彼らだけの間で通用する公理に基づいて 専ら脊髄反射的な発言に終始しているということです.だからこそ こういう珍妙な記事がネット上に出て来る.ハンギョレも 曲がりなりにも新聞を名乗るなら,学生運動のアジビラを書いていた頃の気分で記事を書いてもらっては困るのですが,こういう論調に拍手喝采する雰囲気が昨今の韓国社会に充満している以上,一朝一夕にどうにかなるものでもないでしょう.韓国人が誇ってやまない民主化運動による文民政権成立から10年以上を経てもなお,彼らの社会には開発独裁型か衆愚政治かに両極分化した指向性しか存在せず,真に「市民」と呼べるほどの代物は当分育ちそうにないということです.

----
 おまけ.一国の政治家を捕まえて「安倍は」などと呼び捨てにしているくだり,もともと韓国メディアに於いては別段珍しいことではなかったのですが,それでもさすがに今どきの新聞の文体としては些か違和感があるのも事実.ハンギョレの場合,その生い立ちが生い立ちだけに こうした口調になりがちな面は あります(そのくせ金正日のことは「国防委員長」と肩書き付きで呼ぶ.南北朝鮮の間で互いに相手側の政治家等に対しては敬称付きで呼ぶという取り決めが交わされたことが 過去何度かあります).
 とはいえ,昨年12/17の日韓首脳会談後の共同記者会見での質疑応答でも,文化日報のハン・ジョンホなる記者が「横田めぐみのニセ遺骨」と やはり呼び捨てにしていたのを見ると,「右翼だから呼び捨てに」というわけでもなさそうです(笑).
[PR]
by xrxkx | 2005-03-06 13:01 | 韓国の親日派狩り
親日派狩りの新たな標的
a0026107_0433743.jpg
 あの金完燮氏以来 日本でもすっかり有名になった 韓国の「親日派狩り」ですが,またぞろ新しい標的が脚光を浴びて(?)いるようです.
 今回槍玉に挙げられているのは,高麗大学名誉教授・韓昇助(ハン・スンジョ)なる人物で,どうやら日本の「正論」4月号への寄稿が問題視されている模様.これ,私はまだ読んでいないのですが,昨日-今日と大量に流れている韓国のネット記事から 彼の発言を抜粋してみると,
「日本の植民統治により,韓国が高度成長を遂げる基礎が作られた」(YTN 03/05
「韓日合邦は韓国にとって幸いであった.…当時の国際情勢や列強との関係をよく理解すれば,韓国がロシアに占拠されずに済んで寧ろ幸いだったことが分かるだろう」
「万一我が国がロシアに占拠されていたら,1917年のロシア革命により韓国は共産化を免れなかっただろう」
「日本の植民地支配は韓国の早期成長や文明化に貢献した.である以上,日本の植民地支配は祝福すべきことであり,日本人に感謝すべきだ」(以上 ブレイクニュース 03/04
「寧ろ近代化が促進され,失った物に劣らず得た物が多かったことは認めざるを得ないはずである」
「韓国の歴史や語学・文化など韓国学研究の基礎を作ったのは,寧ろ日本人学者やその弟子の韓国人であったではないか.日本支配は結果的には韓国という国の早期成長と発展を促進する刺激剤の役割を果たしたことを認めるべきである」 (以上 ノーカットニュース 03/05
といったところ.「親日派のための弁明」が言及していたラインから特に踏み出しているわけでもなさそう.私たちにとっては特に目新しいものでもありません.
 ところが,これに対する韓国国内の反発は 例によって病的といってよい域に達しているようです.特に例の民族問題研究所なども早速論評を発表しています.曰く,
「日帝強占期(註:韓国では日本統治を「強制占領」と見做してこう呼ぶ)に朝鮮総督府が耳にタコが出来るほど喧伝していた植民史観・帝国の論理が,日本の右翼ではなく韓国人教授の手で華々しく復活している」
「彼(韓氏)は学者ではなく 21世紀に蘇った親日ファシストに他ならない」
「彼は過去の(明治)維新体制を積極的に称賛・擁護するイデオローグであり,朴正熙の女性問題までも英雄的面貌に美化するなど,既に学者としての最低限の良心すら捨て去った男」
「彼の妄言と狂態こそが,我々が今からでも親日の残滓を清算せざるを得ない理由を逆説的に示してくれており,親日清算に反対する者たちの正体をまざまざと見せつけるものだ」
だそうです.第三国の方々から見て,韓氏と民族問題研究所のどちらが「ファシスト」に見えるか意見を聴いてみたいところ.
 こちらの記事などは ご丁寧にも今から12年前にソウルで開かれた「アジア未来会議」なるシンポジウムまで掘り起こして来て,その席で「日本極右人士ら」が行なったという発言を紹介,今回の韓氏の寄稿の論旨がそれらの発言を「そのまま踏襲している」などと指摘(同記事には「韓氏は同シンポジウムに韓国側パネラーとして参加していた」とあるのみで,彼自身の発言は一切紹介されていません)してみせた上,「高麗大総学生会および同窓生ら」を登場させて
「教育救国を建学の理念とする高麗大で,どうして韓氏のような人物が数十年間も教授の座にいられたのか疑問」
などと語らせている.
 高麗大といえば,上のYTNの記事によれば,高麗大当局は わざわざ
「韓教授の発言は彼個人の立場であり大学としての立場ではない」
なる表明まで行なっている他,来る7日には総長主催のもとで緊急会議を開き,韓氏の処遇についての措置を検討する予定である由.
 ご多聞に漏れず一般市民によるネット上での「韓昇助叩き」が行なわれているそうですから,或いはNaverなどにも既に関連投稿が出始めているかも知れません.
 上のYTNの記事なども 例によって
「…日本の植民地支配を美化する発言を行い,波紋を呼んでいます
式の書き方をしているのですが,「波紋を呼んでいる」のではなくて彼らメディア自身が大衆を煽っているのだという自覚が全く無いのか,或いは確信犯的にやっているのか.

 そもそも,相手が韓氏であれ「日本極右人士ら」であれ,その発言の何処がどう誤っているというのか具体的に示そうともせぬまま「韓日合邦美化」なるレッテル貼りから記事を書き起こしているのを見れば,韓国という国の言論の質がどういうものであるかは推して知るべしということです.
上の韓氏のような「日本統治再評価論」に対して納得し難い部分があるなら,真っ向からそれを論駁したらよい.そうやって多様な意見の持ち主が遠慮会釈の無い相互批判を行う中からのみ,思想や言論というものは育つのです.それが韓国人には何故か出来ない.──もっとも,今回の韓氏の場合,日本語誌である「正論」への寄稿ですので,ネット上で息巻いているという一般の韓国人たちは勿論のこと,一連のネット記事を書いている記者の大部分も,おそらく韓氏の文章を読んでもいないのでしょうが.
 上の民族問題研究所にしても 一般市民の反応にしても そうですが,自分たちから見て異質の思想や言論に対して示す拒絶反応の激しさという点に於いて,韓国は私の知る他の如何なる国と比べても突出しています.こうまで言論の幅に乏しい国に まともな学問など育つわけも無いでしょう──特に歴史研究の場に於いては.
 ついでに,こうした国民との間での「共通の歴史認識」などを謳う日本人は,一度自らのお気楽さを顧みるべきです.

----
03/06昼 追記.昨夜のうちに名無しさんから鍵コメントでお知らせ戴いたのですが,韓氏の件について中央日報が4日の時点で日本語版記事を載せているようです.
[PR]
by xrxkx | 2005-03-06 00:45 | 韓国の親日派狩り