カテゴリ:ここが変ニダ韓国人( 75 )
ウリナラ版自虐史観,愚痴っぽくてちょっとオゲレツ。

朝鮮日報(日本語)から2本.



  1. 現役高校教師、自作詩で韓国卑下 市民団体の非難殺到 (01/19)

  2. 【XX大韓民国】「表現の自由」「教師不適格」…論争拡大の様相 (01/20)


1本目のほうを見て「また『韓国卑下ニダ』系か」と思ってしまった私はまだ甘いようです.
これ,朝鮮日報にすれば全教組のアカ教師を叩くネタなら何でも良くて,謂わば「ミニ姜禎求」みたいな持って行き方をしたいのだろうな
(姜禎求について初耳の方は以前書いたエントリをどうぞ).


 


同じアカ教師にしても,日本のそれが「過ちは繰り返しませんから系」なのに対し,韓国のはもっとずっと好戦的というかアジ掛かっているというか.
おかげで自称詩人まで4文字ワード吐きまくり.


日本で「自虐」史観(「自虐」は鍵括弧入り.あれは本当は自虐でも何でもない単なる一揆史観だし)といえば常に「日本=侵略国・加害国」なるプロパガンダと表裏一体ですが,その点韓国人にもとより「加害国」としての負い目などある筈も無いので,ウリナラ自虐史観というのは必ずといってよいほど「自国の立場の弱さ」への鬱憤に収斂して行くことになります.


上の記事に米軍の装甲車に惹かれて轢かれて死んだ中学生の件が出て来ますが,あれで反米感情が一気に盛り上がったのが盧武鉉大統領誕生の原動力だったのは有名な話で,「迫害されるウリ」という構図は韓国人のツボ.

韓国の新聞などでしばしばお目にかかる単語で「위상 wi sang」というのがあります.
漢字で書くと「位相」です.
といっても phaseでもtopologyでもありません.
この場合の「位相」とは「立場」,特に「他者との力関係に於ける立場」を指します.
つまり「自分が相手に対して有意に優位にあるか劣位にあるか」ということ.


これを韓国人はやたらと気にします.
で,その結果 自分が優位だと思えばすぐ有頂天になるのはご存知の通りですが,劣位の場合はひたすら内に鬱憤を溜め込み,何かあるたびに爆発させる.
しかも面白いことに何度爆発しても鬱憤は消え去らない.


ただ,彼らが長い従属の歴史の中で身につけた唯一といってよい知恵は,「自立できないが故の無責任」の味を覚えたという点でしょう.
ベトナム派兵にしてもそうでしょうし元寇にしてもそう.
「生きて行く為にはそうせざるを得なかった」.
彼らがしばしば日本を「戦犯国家」と呼びながら,ほかならぬ彼ら自身が曾てその「戦犯国家」の一員だったことはあっさりスルーできる所以です.


 


反米ナショナリズムがサヨクのおもちゃにされている国というのは別に韓国に限らないだろうけれど,
この国の一番気の毒なところは 保守派に親米・媚米しかいないという点だな….


もっとも,だからこそ こういう国と例えば「靖國」なら「靖國」について分かり合おうとするのがそもそも無理のような気がしますが.



[PR]
by xrxkx | 2006-01-20 21:17 | ここが変ニダ韓国人
かの国の「翻訳文学者」にまつわる思ひ出

息抜き的な小ネタ.
土日はいつもアクセス数が減ることもあり,第一 黄疑惑ネタばかりやっていては読者も飽きてしまうでしょうから,たまにはいいでしょう.
黄ネタについては 10日のソウル大調査委の「最終発表」までに まとめ的なエントリを2本ばかり上げておく予定です.



褌仲間のrx178さんのところで昨日読んだ記事で知ったパクリネタ.
何より載っていた写真を見ればパクリ具合は一目瞭然でしょうが,件のエントリで紹介されていた記事を一応見ておきますと──.




「剽窃ではありません.法的にも引っ掛かる点はありませんし」


映画俳優チョン・ジンヨン(42)が16年前に出した子供童話本が剽窃ではないかとのクレームを生じたことから,該当出版社代表が立場を表明した.


最近,映画「王の男子」(訳註:?)で狂気じみたヨンサングン役で熱演を繰り広げたチョン・ジンヨンは,さる1990年「はろんはろん探検隊」という童話本を出し,作家としての力量を誇った(訳註:「はろんはろん」は粗忽なさま,落ち着きの無いさまなどを表す擬態語らしい).


こうした事実が映画興行と併せて再び知られると(訳註:最近まであまり知られていなかったらしい),ネティズンらは「優れた俳優が優れた作家でもあるとは驚いた」とか「ソウル大国文科出身の秀才だとは前から知っていたが,こうして本まで出すとは,俳優チョン・ジンヨンを見直した」といった賛辞を惜しまなかった.


しかし,程なくチョン・ジンヨンの本が日本童話を剽窃したものだという指摘が起こった.
ネティズンらは,「はろんはろん探検隊」は日本のポプラ社が1980年12月に刊行した「あやうしズッコケ探検隊」の書名はもちろん,内容や表紙絵まで殆どそっくりだとして,関連インターネットアドレスを公開するなど疑惑を流布させた.


これに対し,「はろんはろん探検隊」を出版した小学社の関係者はクッキーニュースとの電話インタビューで,「チョン・ジンヨン氏が日本の童話を翻案創作したのは事実」だと確認した.
続けて同関係者は,「しかし当時は我が国は国際著作権契約に加わっていなかった上に,翻案作家を作者として紹介する慣行があり,法的・倫理的に何ら問題は無いと判断している」と述べた.


この関係者はまた,「チョン・ジンヨン氏は演劇や映画,放送などで素晴らしい活動をしている俳優でもあるが,文章も巧いことで以前から有名だった.
剽窃疑惑により彼が誤解を受けて残念」だと語った.



以前にも書きましたが一応注意しておくと,ここで謂う「剽窃」とは早い話が盗作のこと.
元はといえば かの国の人々は漢字を殆ど読めない上に パロディとパクリの区別がついていないから こういう言葉の誤用が生まれるのでしょうが,もうひとつには ちょうど黄疑惑関連ニュースで「捏造」のことを「操作」と呼ぶのと同じような婉曲表現のつもりでもあるのでしょう.


他に「芸人までが学歴を誇る姿というのは 逆にその国の文化水準の低さの表れのように見えないか」とか,「小学社という社名そのものが某社のパクリだし」とか,そういう枝葉にまでツッコミ出したらキリがありませんが,それはともかく


当時は我が国は国際著作権契約に加わっていなかった上に,翻案作家を作者として紹介する慣行があり,法的・倫理的に何ら問題は無い

というところがミソですか.
「当時は韓国は合法的にパクリの出来る国だった」ことを韓国人が認めている.
つい最近聞いたばかりの「2004年までは卵子売買は違法ではなかった」というのとよく似ています.


この出版社関係者氏の言い分で 誉めてあげたいところは,「パクりの罷り通る国」だった頃の自国の慣行を 現在の自称先進国の尺度で裁こうとしていない点.
こうでなくては,かの国の方々の大好きな「正しい歴史認識」など望むべくもありませんので(大笑).




上のネタを私が特に面白く感じた理由の一つに,私自身がずっと以前にした経験があります.


その昔,私が韓国語を独習した当時は,まだネットを通じて簡単に生の韓国語に触れられる環境などありませんでしたので,長文読解の練習をしたければ 古本屋に文庫本でも出ているのを見つけては買って来て 辞書と首っ引きで読むわけです.
そうやって入手した本の中に「갈매기의 꿈(かもめの夢)」というのがあった.
タイトルですぐお分かりでしょうが,「かもめのジョナサン」のことです.


初めのうちは「何と日本語に似た言い回しの多いこと」と無邪気に驚いていたのですが,読み進めて行くうちに「これはどうも変だぞ」と.
韓国語が幾ら日本語に比較的よく似た文法を持つからといって,英文から別々に訳したものが こうまで似るだろうか,…と疑念が湧くわけです.


で,何とか最後まで読了して,ついでに「訳者あとがき」まで読んでみて初めて合点が行く.
その「訳者あとがき」,実は五木寛之訳の新潮文庫版の丸写しだったのです.
しかも御丁寧にも,日本人が書いたとバレそうな箇所は全部削ってある.
たしか「ホキ徳田」でしたか,日本人の名前が出て来る箇所とか(笑).


ついでに,五木氏の「あとがき」原文に「~は恥ずべき事ではない.そのために働くこともである」とあるのを「そのために働くこともできる」と読み違えたらしい箇所もあり,そのまま「그것을 위해 일할 수도 있다」と訳されていたのはご愛嬌.


なるほど同書はもともと翻訳本ですから,何が何でも種本にはリチャード・バックの原書(英文)を使わなくてはいけないという法があるわけでもないでしょうが,何しろ「訳者あとがき」までそっくりそのままイタダイテしまうような方々のなさることですから,おそらくは版権のことなどハナから頭になかったでしょう.
もちろん,パクられた五木氏の方も こんな事までは把握していらっしゃらないのでは.


その本,訳者が2人いたのですが,「訳者紹介」欄を見てみたら彼らの肩書きが「翻訳文学者」となっていて苦笑したのを覚えています.
「訳者紹介」欄に五木氏の名前が無かったのは言わずもがな.
上のクッキーニュースの記事にある「翻案作家」という面白い言葉を見て,そのときの事を思い出したので 書いておくことにした次第.


韓国を評して「知れば知るほど嫌いになる国」という言い回しを用いるようになって久しいですが,私の場合は かの国の言葉の習い始めからしてこれでした.
最近では,例えば中学校の授業にまで韓国語の枠を設けるなどの馬鹿げた風潮には目に余るものがありますが,それが結果として日本社会にもたらすものについて 私が実はそれほど心配していない所以でもあります.


a0026107_1729047.jpg

↑何これw


パクリじゃないよ,剽窃だよ :p




おまけ.
私が当時入手した本の出版元である「汎友社」について.
先ほどGoogleしてみましたら,
その出版社は今もあって,「汎友サルビア文庫 かもめの夢(外)」ことパチモン・ジョナサンもまだ売っていることが分かりました.


この頁上では「1996年9月30日刊行」となっていますが,私が買ったのは80年代半ばに出たものだった筈.
表紙の装丁も,白地にえび茶の もっとずっと地味な物でしたし.
但し製本はとてもしっかりしていたのを覚えています.
あの製本なら現在の支那よりもずっとマシかも.


あ,上の頁,よく見ると「1985年 中高校生読書勧奨図書(ソウル市立南山図書館選定)」とあるな….なるほど…(笑).




[PR]
by xrxkx | 2006-01-07 17:31 | ここが変ニダ韓国人
「ネット検閲」でも何でもやらせておけばいいじゃない

今日は祝日でいつもにも増して油断しまくりで過ごしてしまったこともあり,
ついでにイマイチイケてるニュースが見つからなかったので,
手抜きというか暇潰しにちょうどよさげなキムチネタ.
こんなのを採り上げるのも我ながら「何を今更」な感じですが.




「汚い韓国と朝鮮人」「植民地時代は韓国にとって祝福」。 日本極右団体から出てくるような妄言が国内ポータルのコミュニティーや同好会サイトに堂々と登場している。


情報通信倫理委員会は先月19-26日、親日・反韓サイトに対する調査を一斉に行い、21のサイトに掲示された49件の文を審議した結果、歴史歪曲が著しい41件の関連情報を削除するよう該当インターネット業者に要求したと、1日、明らかにした。


委員会の関係者は「露骨に韓国と韓国人を侮蔑したり日本を盲目的に称賛するなどの内容に対し、是正要求をした」と語った。 これらサイトの内容はあまりにも虚無孟浪で、未来志向的な韓日関係を形成する上でもむしろ障害になることが憂慮されると、この関係者は付け加えた。


今回摘発された掲示物には「独島(ドクト、日本名・竹島)は日本の領土」「卑劣な韓国人」「明成皇后(ミョンソンファンフ)は悪女」などの内容が含まれていた。


委員会側は、サイバー空間で表現の自由は最大限保障されるべきだが、「情報通信倫理審議規定第19条(憲政秩序違反等)」「青少年保護法第10条(青少年有害媒体物議審議基準)」などに基づき、こうした親日・反韓サイトの不法な内容は削除を要求できる、と説明した。


委員会は今後も親日・反韓サイトの監視を続け、学生・保護者・ネチズンを対象にこうしたサイトの弊害を知らせる教育・広報活動を繰り広げる計画だ。

李元浩(イ・ウォンホ)記者


2005.11.01 19:10:54




この手のニュースはもうあちこちのサイトで採り上げられていますが,
「昨今の韓国当局によるネット検閲のひどさ」に着目する人はいても,
検閲される側の質の低さのほうは えてして見過ごされがち.


上の記事で言うような「親日サイト」というのは,
大抵の場合は「親日」と呼べるほど日本の歴史なり現代の時局なりに精通した上で書いているわけではなく,
まぁ台湾で言う「哈日」程度の代物.
もともと今どきの韓国の若者なんて,
幼い頃からハード面でもソフト面でも日本のサブカルチャー(及びそのパクリ)に
どっぷり漬かって育つわけですから,
「反日」やれと言われてもタカが知れているわけです
(この辺は,
いにしえの日本の全共闘世代が例えばヒッピーの真似事をしながら「米帝打倒」とか言っていたのと
多少似ているかも知れませんが).



余談.更に言うなら,
上の記事で言う「親日サイト」をやっているような若い世代の韓国人というのは,
学校で毎日叩き込まれる 実体験を何ら伴わない「日帝」像と
現実の生活の中での文化的憧れの対象としての日本とが,
アタマの中で一つに結び付いていないフシがある.


彼らくらいの世代ですと,そもそも自分を特に反日だと思ってもいないケースも多い.
本人たちはとうの昔に日本を「許している」つもりになっている.
「それなのに日本が歴史を歪曲するから腹が立つだけ」などと平気で言ってのけるわけです.
「歴史を歪曲」しているのがどちらの方か,と疑ってみようとはしない辺りが
如何にも韓国人らしいところですが,
彼らの大部分は「日帝の蛮行」についても学校で習った皮相的な知識しか持ちませんから,
ネットで日本人と歴史論争などやると簡単にぼろが出たりする.


そういう世代にとっての「反日」というのは,
歴史認識──特に近現代史の──をめぐる問題などは実は二の次で,
寧ろ現代の韓国の国際的地位のほうが余程大きな関心事だったりします.
とにかく自国が経済力や文化的水準などの面で劣っていることを見せ付けられるのが我慢ならない.
その証拠に,かの有名な「Kの国」騒動をはじめ,「韓国卑下」系ネタの食い付きの良いことと云ったら….
かの黒田勝弘氏の言葉を借りれば「反日の小粒化」が,こういうところにも見られます.



閑話休題.
上の記事で言う「親日サイト」なども,
「光復」後現在に至るまでの「ウリナラマンセー」なり「日帝憎し」なりに染め上がった社会に,
どこの国にでもいる単なる跳ね返りの若者が反発しているだけ,というのが
偽らざるところでしょう.


滑稽なのは,その程度の代物を行政がいちいち潰しに掛からないと安心できないらしい点.
あの国民性ですから,放って置けば池萬元氏の謂う所の「イナゴの群れ」に袋叩きに遭って
早晩消滅しそうなものですのに.



だいたい本気で「親日サイト」を運営しようと思ったら,
韓国人だって国外のサービスを利用したほうがよさそうだ,くらいの頭はあるでしょう.
国内でやって潰された前例なら今までに幾らでもありますし(かの金完燮氏もそうだった).
それをやらないのが「所詮はお遊び」である何よりの証拠.



ついでに言うと,そういうのを国外でやって,
もし当局が韓国国内からそういう国外サイトへのアクセスを遮断でもしようものなら,
それは同時に
VANKみたいな韓国人お得意の「サイバー外交使節」の足をも縛ってしまうことになりかねない,と.



支那のような一党支配体制の下での確信犯的かつ組織的・計画的な愚民政策との
決定的な違いがここにあります.



---


翌11/04 追記:親日サイト閉鎖に関しては今年08/11にも同様の事がありました.リンク先の韓国日報の記事で写真入りで紹介されているblogなどは「親日派」といってもこの程度です(註:何せ同blogは既に閉鎖済みなので,リンク先はGoogleのキャッシュから拾って更にsnapshotに保存したもの).このエントリなどは要するに「日本人はさすがに韓国人と違って交通ルールをよく守る.」というだけの話.この程度の代物でも韓国人には「親日」に見えるわけです.上の韓国日報の記事などにしても,こういうサイトは潰して当然という書きっぷり.



[PR]
by xrxkx | 2005-11-04 03:14 | ここが変ニダ韓国人
「サイバー独島」・その後

お昼の憩いのひとときにちょうどよさげな小ネタ.先日「日本のハッカーにサイバー攻撃を受けた」という「サイバー独島」の件.
「公示事項」という 管理者だけが書き込める(はずのw)掲示板があって,
その後の様子が載っているのですが,


と来て,昨日上がって来ていたのが これ:


さる10月22日のHP不法侵入に関連して,
徹底した総合的なサイバー安全対策を整えることに致しました.


専門のセキュリティ・コンサルタント業者に依頼し,
「サイバー独島」などシステム全般についての脆弱性分析および整備を
11月末までに完了するなど,(へんな改行ママ)


侵入探知および侵入防止システムのセキュリティレベルを一段階上向き調整し,
来年に統合セキュリティ管制システムを導入するなど,
不法侵入に対する持続的な監視・防御体系を確立すると同時に,
国家サイバー安全センターと共同でセキュリティ管制体系を強化する予定です.


一方,一部新聞で報道された,日本側ハッカーにより
「オウム真理教の教祖・麻原彰晃が新聞を読んでいる写真」が載せられた
とする内容は
事実ではなく,
公示事項のイメージを表す為(訳註:意味不明)国内のマルチビッツ・イメージ社の提供する
「若い女性が新聞を読んでいる単なる画像ファイル」を掲載したものであることを明らかにし,
ネティズンの皆様には誤解なきようお願い申し上げます.


22日のHP不法侵入とアクセス激増により円滑なサービスを提供できなかったことを
お詫び申し上げるとともに,再発防止に最善を尽くします.



何だか知らないけれど本気ですよ彼ら (゚Д゚;


どうやら今回のも例によってVIPPERの仕業だとか.
あまり日本の恥を国外に晒さないで貰いたい
(それどころかこんなのはわざわざ韓国人に
第三国向けの対日ネガティブキャンペーンのネタを提供してやるに等しいのだし)
ところですが,
どうもバカはお互い様のようで.


日本側は単なる暇人の集まりがやっているのとは対照的に,
向こうはとうとう国家なんとかセンターまで動員するらしい.
第一 go.krドメインですよ,あのサイト.goといっても慶尚北道の道庁か何かだろうけれど.
そのうち本当にテコンVか何か出て来かねないな.


管理者が大袈裟なくらい来訪者に対して低姿勢なのも面白い.
日本で靖國のHPが支那人やら朝鮮人やらに荒らされた時も,
別に管理者が日本人向けにこうまで大袈裟に
「お詫び」してみせたり「再発防止」を誓ったりはしなかったでしょうし,
その必要も無いと思うのですが.


まぁ,もともとが竹島領有権という格好の火病ネタである上に,
仮にも公営のサイトがこのありさまでは,
自称「IT強国」の面子も何もあったものではないものなぁ.
これでは「竹島の日」条例成立の頃に焼身自殺を図ったおじさんも浮かばれまい.:p


あと,上の「麻原が新聞を…」って何でせう.
これ,そもそも本当? 例によって韓国メディアが事実確認もせずに噂に尾鰭をつけただけ?
まぁいずれにせよ ここで麻原を持って来るセンスは嫌いではないがw


[PR]
by xrxkx | 2005-10-27 12:09 | ここが変ニダ韓国人
「朝鮮人は息をするように嘘をつく」というのはあながち誇張でもないという一つの例として.

朴チョルヒョンヲチのおまけ.
前回引用したオーマイのサイトで「朴チョルヒョン記者の他の記事を見る」というのを試して見ますと,今までに彼が書いた記事の一覧がズラッと出るのですが….


件の「ジェネジャン騒動」というのは今年1月末から2月アタマにかけての事.2ページ目の「裴勇俊に騙されている云々」(今年01/31付)を最後にオーマイの記者を辞めるとか何とか殊勝なことを言っていた朴氏でしたが,





2/8にはもう復活してますよ ヾ('◇' )ノ゙




上のリンクをご覧戴けばわかるように,その後現在に至るまでの記事総数は23件.
さすがオーマイだけあって なかなか香ばしいのがありますね.
私としては特に


  • 韓国が戦勝国の資格を剥奪されたいきさつ - [深層分析] 再び朴正熙政権と韓日協定を考える (03/01)
  • 日本右翼,「戦後50年(ママ) 歴史に残る快挙」 - [現場中継] 島根県「竹島の日」条例案ついに可決 (03/15)
  • 「南北統一 夢ではなく現実です」 - [現場] 6・15共同宣言5周年記念 在日同胞共同大会 (06/10)
  • 日本法曹界も「つくる会」教科書不採択運動に乗り出す - 自由法曹団,我が国の民弁と同時記者会見を開き立場発表 (07/07)
  • 日本市民団体「大田原奇襲,禍転じて福と為すきっかけに」 -「つくる会」教科書採択反対の為の韓日共同決議大会(ママ)開かる (07/14)
  • 「統一は現在進行形 - 結論は我々民族同士」 - 日本で6・15共同宣言5周年記念講演会開かる (07/21)
  • 自民党の一党独裁,憲法改正に拍車 - 武部自民党幹事長「これは歴史的勝利」 (09/12)

あたりがお勧めかと.



[PR]
by xrxkx | 2005-10-22 18:06 | ここが変ニダ韓国人
まさか今回のも「下書き」じゃないでしょうねチョルヒョンw

土曜日なので小ネタ.今週出たSAPIOの黒田勝弘氏のコラムを読んでいたら,
何号か前の同誌の特集記事「中国・韓国 反日決戦の秋」というのが韓国のネットで紹介されていたとあったので,
さっき試しに「サピオ 黒田」で検索してみたら簡単に見つかりました.出所はこれですね.容易に御想像が付くでしょうが,またオーマイです.



一通り読んでみましたが,記事の中身はまぁまぁマトモ(といっても,要は先日の「韓国人につけるクスリ」騒動の折の聯合通信その他による誇大報道に比べれば,という程度の話ですが).ただ,中には「黒田氏,『パブロフ』の時にこんな事まで言ってたっけ?」と首を傾げたくなるような記述も多少見られなくはなかったのですが,この記事を書いてる記者の名前を見てピンと来た.「박철현(tetsu) 기자」.


また朴チョルヒョンかっ ヾ('◇' )ノ゙



覚えておいでの方がいらっしゃるかどうか分かりませんが,
朴氏といえば懐かしの「ジェネジャン騒動」の折に大活躍した捏造市民記者ですね.
あの一件を機にオーマイの記者をやめると言っていた筈ですが,復活していたとは.何しろその節は


  • ノって来るとあること無いこと書きまくり
  • ヤバくなると「反省」と称して自blog削除で証拠隠滅

というウリナラクォリティを遺憾なく見せ付けてくれた朴氏の霊験あらたかな記事ですので,
消えないうちに大慌てでsnapshotを保存しておこう :p



[PR]
by xrxkx | 2005-10-22 14:08 | ここが変ニダ韓国人
韓国版和田春樹の明日はどっちだ
 はじめに 昨日書いた件のその後の進捗状況から.「さるさる」からは今日になっても何の音沙汰もありません.さすがにニューオーリンズの「佃煮」さんたちも一介のすいか泥棒にまで構っていられないのかも知れませんが,ともあれ1ヶ月前に管理者権限で削除されたのと同一内容の文章が現在「さるさる」上に掲載されたまま野放し状態になっていることに変わりは無いわけです.一週間ばかり事の成り行きを見守ってから次の一手を指したいと思います.以上,報告終わり.

 さて本題.韓国版・和田春樹こと姜禎求・東国大学教授のこと.今月の2日に姜氏が3度目の召喚を受けた頃は日本でも随分と話題になっていましたが,そろそろ日本での話題としては「旬」を過ぎた頃でしょうか.目下のところ千正培・法務部長官が検察に対し姜氏を不拘束捜査(逮捕でなく書類送検)とするよう指揮権を発動し,韓国国内で賛否両論が喧々囂々やっている状態なのは おそらく皆様既にお聞き及びのことでしょう.昨日のニュースでは法務部長官の辞職をハンナラ党が求めているとか.a0026107_1351568.jpg
 此処で私がよく分からないのは,上の朝鮮日報の記事中で朴槿惠も言及しているように姜氏を国家保安法で裁こうとしている点.具体的に何を罪状としているのかにも依りますが,ありきたりの親北プロパガンダなら韓国では刑法第2章(外患の罪)で十分取り締まれそうなもの.ちなみに国保法といえば盧武鉉政権およびその支持者らが目の仇にしている法律で,昨年夏にも国を真っ二つに割っての改廃論議が起きたことは以前当blogでも扱ったとおり.検察側は或いはかつて金完燮氏に外患罪を適用しようとして立件できずに終わったことを意識しているのかも知れません.まぁ確かなところは分かりませんが.

 その姜禎求氏の罪状とやらが具体的にどういうものであるかに関しては,今年7月にネット上で行ったという「6・25=統一戦争論」ばかりがクローズアップされているきらいがありますが,そもそも半世紀以上も前に起きた戦争を自己の歴史観に於いてどのように位置づけるかについての単なる意見表明が犯罪に当たるということ自体,通常の国では考え難い事ではあります.
脱線.韓国が何故「通常の国」でないのかと言えば,とりもなおさず6・25が未だ「休戦中」のままにされているからで,彼ら当事者にとっての南北関係の位置づけもまた「南北基本合意書」に謳われている所の
国と国との関係ではなく 統一を目指す過程に於いて暫定的に形成された特殊関係である
というヌエ的な規定が定着してしまっているわけです.本来なら韓国にとって北朝鮮は「国家を僭称する非合法集団」の筈なのですから,アメリカが北朝鮮を主権国家と認定するだの日本が北朝鮮との「国交正常化」を図るだのといった事案には韓国が真っ先に反対するのが筋(事実昔は南北双方とも××の一つ覚えのように「2つの朝鮮を認めない」を繰り返していた時期もあった)でしょうに,実際にはあべこべに「日朝国交正常化に向けた努力を評価」して見せたりするヘンな整形大統領が出て来たりするのは そのせいです.
脱線その2.韓国輿論の親北反米傾向には大雑把に言って3つの根があることは このblogを始めて間もない頃にも書いたので御参照あれ.ここで一つだけ注意しておきたいのは,日本ではややもすると韓国の親北傾向をあたかも金大中政権時代あたりから突如降って湧いたかのように言われがちだが実際はさにあらず,という点.今日の韓国の親北病はどう控えめに見積もっても80年代には既に不治の病の域に達していたように私には見えますが,そのことはまた別の機会に.
 まだ本論に入っていないのですが,マクラで脱線しすぎて中途半端に長くなってしまったので続きは後刻.

※上の漫画は10/07付デイリーサプライズより.ボコられているのが姜禎求氏で,ボコる側が「守旧勢力・守旧言論」だそうです.それを見ながら止めようとしないお巡りさんがウリ党.
[PR]
by xrxkx | 2005-10-15 13:10 | ここが変ニダ韓国人
あらこんな所にイ・テジンが
 本当は別の話を書く予定だったのですが,今朝ちょっと面白いニュースを読んだので 忘れないうちにそちらをサクッと片付けてしまおうと思います.
「伊藤博文,明成皇后弑害に介入」──裏付け資料 日 国会図書館で発掘 (朝鮮日報 10/05)

 1895年の明成皇后(訳註:閔妃のこと)弑害に日本の総理大臣・伊藤博文や閣僚らが介入していたことを裏付ける資料が,日本の国会図書館憲政資料室で発掘された.

 明成皇后弑害事件は 8日でちょうど110周年を迎える.明成皇后関連ドキュメンタリーを制作中のドキュソウルのチョン・スウン代表は5日,こうした内容を記した芳川顕正司法相の1895年6月20日付の手紙a0026107_11153423.jpgを公開した.陸奥宗光外相に宛てたこの手紙の中で,芳川は井上駐韓公使に向けて「(原文註:伊藤総理に)弥縫策を断然放棄し『決行の方針』を採択すべく強く勧めよと言った」とし,「我が方の希望通りに事が運びそうだ」と記している.

 日本近代史研究家の小松裕・熊本大教授は,「『弥縫策』とは朝鮮政府に貸与金を与えて懐柔しようとする井上の方針を指すものと思われる」とする傍ら,「『決行の方針』とは武断的な手段による解決を示唆するものと見ることが出来る」と分析している.

 日本はこれまで一貫して政府の介入を否認して来ており,国内の学会でも当時の駐韓公使・三浦梧楼の単独犯行説,井上馨主導説などが提起されて来ただけ.そのため当時の日本の最高指導者だった伊藤ら閣僚の介入を暗示する今回の資料は波紋を呼びそうだ.

 李泰鎮・ソウル大教授は,この書簡について 5日「司法相と外相が手紙でこうした問題に言及しているのを見ると,内閣レベルで明成皇后弑害を議論していたものと思われる」として「伊藤の弑害事件への関与を立証する資料は殆ど無かっただけに相当に注目に値する」と述べた.
 写真が小さくて判読が難しいのですが,どうやら赤線部がその「弥縫策を断然放棄し,…」の箇所のようです.
 念の為少し説明しておきますと,井上馨が駐鮮公使の任にあったのは1894年10月から1895年9月まで.この時期は朝鮮では第2次~第3次金弘集内閣の時期に当たりますが,その間 井上は朴泳孝をはじめ亡命中の開化派人士らを呼び戻して第2次金弘集内閣に入閣させるよう働き掛けるなど,もともと路線としては武断派とはいえません.
 記事に出て来る手紙というのは95/06/20日付とのことですが,この時期には 日清戦争後の三国干渉(95/04/23)の影響もあって 日本の対鮮外交も列強(特にロシア)の圧力をいよいよ強く受けるに至っており,そのため朝鮮政府内でも親日寄りの開化派は力を失い,第2次金弘集内閣は瓦解寸前の状態にあったようです.
 上の記事中 井上の「懐柔」策に言及している箇所がありますが,実際井上の在任中に日本は第2次金弘集内閣に改革資金として13万円(他に円借款300万円)という巨額の財政援助を行っています.が,井上は閔氏一派からは非常に嫌われており,結果的には彼の目指した改革路線は事ある毎に閔氏一派(およびその後ろ盾であるロシア)の妨害に遭い頓挫.第3次金弘集内閣では上記の改革派は退けられ,沈相薫ら閔氏寄りの一派に取って代わられています.
 余談ですが,第3次金弘集内閣の成立は95年8月で,かの李完用も新たに加わっています.彼は当時は「親日派」という扱いは受けていなかったわけです.
 さて,上の書簡に謂う所の「弥縫策」云々が「開化派への後援を通じた朝鮮国内の改革の推進」を指すのであろうことについては,おそらくその通りでしょう.が,「決行の方針」が直ちに閔妃殺害を指すかどうかについては,これだけでは何とも判断のしてみようがありません.
もう少し広義に解釈して「場合によっては武力を用いてでも閔氏一派を政府内から排除すること」を指すのでしたら,それに近い事は実際に前年にも起きていますが(94/07/23の日本軍による王宮占拠・高宗の身柄拘束・大院君による執政).
 それに,上の06/20というタイミングは 日本政府が上述の井上式改革路線に見切りを付ける前か後かという点でも微妙な時期ではありますし,「武断路線を井上が伊藤に『強く勧める』よう 芳川が井上に言った」までは良いとしても 実際に井上がそういう──自らの路線にそぐわない──建議を伊藤に対して行ったのかどうかも不明.
 さらに「我が方の希望通りに」の「我が方」が芳川と陸奥以外に伊藤も含むのかとなると尚更疑問.
 あれこれ突付けばキリがありませんが,この記事の面白い所は,かの李泰鎮大先生が 例によって例の如く その辺の検証を全部すっ飛ばして「内閣レベルで明成皇后弑害を議論していたものと思われる」などと断定してしまっている点.まぁ韓国で伊藤を悪玉に──「本物の悪玉は寧ろ閔妃じゃないのか」とかいった話は措くとして──仕立て上げれば株が上がるのは分かりますし,大先生お得意の自主的近代化論の立場から見れば伊藤も井上も目の上の瘤であろうことは容易に察しが付きますが.
 ついでと言ってはアレですが,「李泰鎮大先生,今回はこの手紙を実際に自分で読んでみたのかどうか」にも興味アリ.何しろ自分で書いたメモの字がちゃんと読めていないような人ですので.
[PR]
by xrxkx | 2005-10-06 12:38 | ここが変ニダ韓国人
以前拾ったお朝鮮のパロディ画像から
a0026107_15285218.jpg 在庫整理その1.出所失念.確か竹島の日条例成立の前後に拾ったもの.

キモイ。

 どうも何かの映画のポスターに似せて作ってあるようですが,元ネタが分かりません.

 下のボクサー風の人は殴られ役のバイト君(?)で,プラカードには「1回100ウォン/お面を選んでください」とあります.日本の「妄言」でストレスの溜まった韓国人が,小泉首相・石原都知事・高野駐韓大使の3タイプから選んだお面を殴られ役にかぶらせて,ストレス解消にぶん殴るのだと.
 本当に「ストレス解消」したかったら,韓国人同士でそういう妄想遊びばかりしておらずに本物を殴りに来ればいいのに.


a0026107_1532102.jpg その2.こちらのニュースで見つけたもの.どうも某ホームドラマか何か(映画だそうだ)の公式サイトで公開された,おそらくflashか何かで出来たモグラ叩きゲームらしい.小泉総理やらブッシュ大統領やらがヒョコヒョコと顔を出しては「叩けるものなら叩いてみろ~」とか何とか言うのだそうな.そいつを叩くと1点入るらしい.
 上のリンク先の記事によれば,映画そのものは
「父親の願いと50億の遺産の為に『世界最大の統一自作自演劇』を演じる コミカルで個性豊かな家族」
のお話だとのことですが,何のことやらさっぱり分かりません.というよりストーリーそのものはどうでもよいですね.いずれにせよ小泉総理やブッシュ大統領とは何の関係も無いことだけは確か.
 左の写真に一人だけ実写で登場しているのは どうも映画の登場人物らしい.誤ってこれを叩いてしまうと2点減点されるのだそうです.別に小泉総理のデコイだとか,ビミョーにマシリトに似せてあるとかいうことではなさそうです.

[PR]
by xrxkx | 2005-05-18 15:34 | ここが変ニダ韓国人
そったらこと してねぇって
 昨日も書いた北核絡みのような 日本が強く出られそうなネタとか,あるいは「日韓基本条約破棄したかったらさっさとすれば?」とか,その気になれば日本にとっての追い風要因は幾らでも転がっている筈なのですが,そのわりに自民・公明の両幹事長がわざわざ小泉首相の親書など携えて出掛けては盧武鉉に好き勝手な事を言われて来たり,民主党がハンナラ党のゴマを摺りに出掛けたり,と どういうわけか韓国ごときにやられ放題です.
 しかも韓国側の言うことが毎度毎度変わり映えしないものだから,さすがに読んでいるこちらも退屈しがち.
 そんな中,ちょっといい小ネタが.
皇居前デモの牧師ら,日本大使館でデモ ─クリスチャン・トゥデイ 05/07
 先月25日から30日まで日本の皇居前でデモを行なった 国家発展キリスト研究院所属の牧師らが6日11時,鐘路(訳註:ソウルの区の一つ)に位置する駐韓日本大使館前で再度デモを展開した.
 この日,牧師らは日本の独島(訳註:竹島のこと)妄言や歴史教科書歪曲を批判するスローガンの書かれた服を着て, △天皇と日本政府は覚醒せよ △日本政府は歴史を歪曲するな △独島は大韓民国の国土である などのシュプレヒコールを挙げた.
 彼ら牧師が行なった日本の皇居前デモは当初5日間の予定だったが,現地の警察や市民らの阻止により日本国内の韓国大使館で残りのデモを行なうことを余儀なくされた.
 「こいつらキリスト教徒のくせに全然隣人を愛してないよね」とか,「韓国の宗教人ってどうしてこう政府の御用団体みたいなことばかりしているの?」とか,言い出すとキリがありませんが,今回はそういうことは措くとして.
a0026107_20463194.jpg
「日本の政府は歴史さ歪曲するな.」
 ばかこくでねぇ,歴史さ歪曲してるのは あんたらだっぺ.
 ついでに言うと「覚醒」の「醒」も間違ってます.
[PR]
by xrxkx | 2005-05-07 20:48 | ここが変ニダ韓国人