個別補償問題:無責任かつ強欲な韓国人らの対応
 以前 書いておいた日韓基本条約ネタ.さすがにいい加減お腹一杯気味だったので放置していたのですが,08/15以後 特に目に付く動きだけ まとめておきましょうか.

政府、「韓日協定文書」公開を検討
 ──朝鮮日報 2004/08/20
 政府が1965年に韓日協定を締結した当時、日本に対する損害賠償請求権などを規定した協定文書5件の公開を検討していることが、20日明らかになった。
 政府当局者はこの日、「韓日協定締結の関係者が大勢生存している上、外交関係上、敏感な部分が多く、請求権と関連した韓日協定文書の公開は容易ではないが、これと関連した裁判進行状況と国民世論を考慮、様々な解決策を話し合っている」とし、公開を検討していることを明らかにした。
 特に、政府が公開を検討している韓日協定締結関連の文書は、最近日本政府が日朝国交正常化交渉に支障を与える可能性があるとし、文書の公開を延期してくれるよう要求していたことが確認された。このため、この文書が公開される場合、大きな波紋が広がる見通しだ。
 政府が文書公開を検討し始めたのは、ソウル行政裁判所が今年2月、日本植民地時代の強制連行の被害者と遺族が外交通商部を相手取って起こした訴訟に対し、「韓日協定の文書57件中、損害賠償請求権と関連した5つの文献を公開せよ」とし、原告の一部勝訴判決を言い渡したのに続き、現在進行中の控訴審でもその結果が不透明であることによる措置であると伝えられた。
 これと関連、政府当局者は「2審の判決は年内に下される見通し」とし、政府の文書公開が年末前に行われる可能性が高いことを示唆した。
 この文書が公開される場合、日本植民地時代に強制連行された韓国人被害者と遺族が日本政府と企業を相手取って損害賠償を請求できないようにした当時の交渉当事者らの発言録などが具体的に明らかになる可能性が高いと見られる。
イ・ハウォン記者 may2@chosun.com
 韓国政府が「個別補償は韓国政府が国内問題として処理する」と言い張って 日本からの補償全てを一括して受け取ったことにより 日本による補償は既に全て終わっているのだということが,こういう韓国人という生き物のアタマでは どうしても分からないらしい.日本の「植民地」時代の「強制連行」の自称「被害者」らに対する個別補償の義務は 日本政府ではなく韓国政府が負っているのだということが 今や韓国に於いても白日の下に明らかにされたにも拘らず,どうやらその事は彼らのアタマからすっぽり抜け落ちてしまっているらしい.
 あるいは 一般の韓国人というのは こういうとき
「頂くものはちゃっかり頂いておきながら,それを分け与えるべき国民に分け与えず 内緒で着服した」
とは考えない生き物なのかも知れません.上の記事の最後の一段落,要するに
余計なことさえ言わなければ まだまだ日本からぶん取れるものを 当時の政府の外交方針が拙劣だったが故に取り損ねた
と言っているに等しい.

 もっとも,自称「被害者」らの側も,先日書いたように 政府に対して未払いの個別補償の責任ある遂行を求めるどころか 逆に日韓基本条約撤廃を求めるデモなど起こしているありさまなのですから,アタマのネジが2~3本抜けているのは政府だけではないな,と.

----
 それはそうと,見過ごせないのは
日本政府が文書の公開延期を要求していた
というくだりですが,何なのでしょうね,これは.こんなことは日本に於いては周知の事実だったわけで,韓国政府が自国民に隠そうが隠すまいが 日本人の知ったことではないわけですが?
[PR]
by xrxkx | 2004-08-24 15:52 | ここが変ニダ韓国人