アジア杯:中国人を反面教師にしよう
 私はサッカーに関してはルールすら満足に存じませんので,普段ならサッカー関連記事など読まないのですが,今回のアジア杯に関しては 中国人のマナーの悪さが随分あちこちで取り沙汰されているものですから,厭でも目に留まってしまいます.

サッカー=ジーコ監督、台湾問題関連の質問に困惑
[済南(中国) 2日 ロイター] サッカーのアジアカップに出場している日本代表のジーコ監督が2日、記者会見で台湾問題に関連する質問を受ける一幕があった。
 ジーコ監督は、準決勝のバーレーン戦が3日に行われる当地で中国人記者から、日本のメディアガイドの地図で中国と台湾が異なる色で表記されている理由について説明を求められた。
 しかし、記者会見に同席していた日本サッカー協会(JFA)の関係者が、「サッカーに無関係の質問なので、今はこれ以上コメントできない」として、質問を退けた。
 地図では大会開催国の中国が黄色で表記されている一方、台湾は他の国・地域と同じ灰色になっている。
 中国で開催されている今回のアジアカップで、日本代表は様々な試練を受けている。試合中は常に、反日感情の強い地元観客からのブーイングの嵐に見舞われ、日本人ファンにはペットボトルが投げつけられる事件も起きている。(ロイター)[8月3日9時38分更新]
 サッカーに限らず,反日中国人が暴徒化するくらいは珍しくもない今日この頃です.門外漢の私がとやかく言及するまでも無く,既に多くの方々があちこちで書いていらっしゃると思いますが,今回のは
 1. 中国人側が台湾問題に言及していること
 2. それが一般の観客ではなく報道関係者であること
の2点で従来と異なる.私が思わず注目してしまったのは そのためです.



----
 ジーコ監督といえば,つい先日も タイ戦(07/24)・イラン戦(07/28)で中国人が「君が代」演奏中に起立もせずにブーイングを行なったことを批判したばかりなのだそうですね.07/29には共産主義青年団の機関紙「中国青年報」も中国人観戦客のマナーの悪さを咎めたそうですが,一般観戦客ばかりか 記者までがこういう体たらくなのですから,もはや何をかいわんや.

「こんなありさまでは2008年の北京五輪が無事に開催できるかどうか思いやられる」
という声も,日本はもちろん 中国当局からも出ているようですが,率直に言って そんなことは日本人の知ったことではないと私は思っています.それどころか,事と次第によっては北京五輪などボイコットするくらいの気概が欲しい.
 また 今回のアジア杯に限って言うなら,とにかく日本人観戦客が中国人と同じやり方で応戦しないでくれれば それで結構.むしろ「文明国民のスポーツマンシップやマナーやモラルとはどういうものか」を中国人たちに見せつけてやると同時に,「同じ東アジアの国でも日本と中国とではこれだけ違う」ということを全世界に宣伝してやればよろしい.

 スポーツの場に政治的話題を持ち込む無粋さなども いまさら取り上げるまでもないでしょう.2002年のW杯で世界の失笑を買った「ナチの子孫は帰れ」が今度は中国で再現されることになろうとも,日本人にはどうでも良いことです.それを敢えて今回ここで取り上げたのは,一昨日書いた NHK報道に対する台独派その他の反発のしかたと 一部通じるものがあるように思えるからです.台湾の自立と尊厳を求める人々には 中国人なみのレベルに堕ちてほしくないから,脊髄反射的な対応は控えろと 私は常々言うのです.
[PR]
by xrxkx | 2004-08-03 18:20 | 時事ネタ一般