220社と市役所の6千人、「札幌サマータイム」実験
a0026107_211532.jpg 日照時間の長い夏の間だけ、時計の針を1時間進める「サマータイム制度」の実験が1日、札幌で始まった。
 札幌商工会議所が呼びかけた官民合同の実験で、7月末までの1か月間、市役所と企業220社が参加。勤務時間を前倒しするなどして、計約6000人が夏限定の“時差”を体験する。


  読売 7月1日付 (原文 控え)


家老: 趣旨はともかく,結果的には 「いきなり早起きさせられて眠そうな人」と「夕方ヒマになって手持ち無沙汰の人」ばかりが目立つ.
: 「サマータイム」は和製英語です.これだと単に「夏」と言ってるのと大差ありません.正しくは「daylight saving」ですね.間違った英語を使うくらいなら 素直に日本語で「夏時間」とでも呼べばよいのに.
家老: それだと 時計をずらすのではなく 時間割が変わるのかと思われそうでイヤなのでは.
)∫: 「地下鉄もすいていて、気持ち良く出勤できた」だそうですが,当たり前です.1時間早く出勤している人なんて,ごく一部なんですもの.これが もし一斉に採用されたら 通勤時の混雑そのものが1時間早くなるだけなのにね.
家老: ただ,北海道のような緯度の高いところでは 夏と冬とで日照時間の差が大きいですから,あってもよいかとは思いますが.記事にもあるように GHQの占領当時 実際にやったこともありますし.不評だったようですがね.
)~〃: その極端なのを南極の基地でやると,1年の半分が休暇,残りの半分が徹夜勤務ということに? 大変そうですね.
家老: だいたい,「サマータイム」への切り替えって,こんな 最も日照時間の長い時期にやるものではないと思うのですが.まぁ,試しにやってみるだけなら,いいのか.
: それから,I屋製菓の社長は あの甘すぎるアイスクリームを何とかしてください.
[PR]
by xrxkx | 2004-07-02 21:13 | 雑記