やはり みんな こう思っているのね
 人質殺害事件関連の記事を探しているうちに見つけた記事.読んでいて「我が意を得たり」と思う箇所が少なくなかったので紹介.以前にも こちらこちらで書いたような,昨今の韓国の 友好的を通り越して卑屈とすら思える対北迎合を,アメリカでも苦々しく眺めているようです.まぁ,当然でしょう.

● 「韓国は、北朝鮮政権の最大の後援者」 NYT紙が皮肉報道 (東亜日報,27日)
(原文 控え)

韓国では金大中(キム・デジュン)政権の太陽政策以来、「悪意が見受けられなかった」、「悪漢政策は見られなかった」という対北朝鮮認識が、深く根ざしている

韓国政府高官たちは、北朝鮮の気分を害さないように、国民に北朝鮮の軍事的脅威について言及しない

その結果多くの人々は、米国と日本が韓国の分断を願っていると考えている

などというあたりは まさしく言い得て妙でしょう.以前にも紹介したNaverやHanmirなどといった 日-韓 翻訳掲示板には 韓国人によるこの種の主張がゴロゴロ転がっていますし,私が直接会ったことのある韓国人たちの中にも,遅くとも90年代半ばには 既にこういう意見の持ち主が多くいました.
 この記事を載せている東亜日報は 例の「保守三大新聞」のひとつですから,全体に「こういうことでは困るんじゃないのか」という論調で書いているわけですが,最近の「386世代」は こうした「保守」系新聞の主張など頭ごなしに悪と決めて掛かっていますので,大抵は聞く耳など持ちません.いやはや,呆れたものです.
 ともあれ,韓国のこうした対北態度により 米韓間の安全保障体制が常にギクシャクしていること自体が,北にとっては望ましい状況なわけで,韓国側も それを承知の上で アメリカの逆鱗に触れない程度に駄々をこね続けて見せているのかも知れませんが.
[PR]
by xrxkx | 2004-06-28 20:34 | ここが変ニダ韓国人