イラク人質事件に対する韓国与党議員らの馬鹿げた反応: 文句を言う相手を間違えるな
a0026107_183111.jpg● 「ブッシュは名分無き侵略戦争を謝罪せよ」 (ハンギョレ)
(原文 控え 和訳)

 長ったらしい記事ですが,最近の韓国輿論の傾向をよく示している記事だと思うので あえて全文和訳しておきます.
 読んでいるだけで こちらまで頭が腐りそう.ハンギョレが特定政党の機関紙なのではないかとすら思えて来ます.声明文を全文引用するなら「○○○として×××と求めた」をこんなに繰り返す必要は無い.こういうのは日本では報道とは呼びません.プロパガンダと呼びます.

----
 まず,前回の日本人人質事件の際も そうでしたが,今回の韓国の場合も 人質事件にかこつけてイラク派兵問題に関する対米批判をやっている.人質事件を政治的に利用している.
 ただ 日本の場合とは大きく違うのが,
  ・与党議員団が公式に声明まで出していること
  ・批判の矛先が自国政府ではなくアメリカであること
の2点.これらは日本ではちょっと想像し難い.日本だったら 民主党や共産・社民あたりが小泉内閣に対するネガティブキャンペーンのネタに使うくらいが せいぜいでしょう.

 この点については私は日韓いずれのやり方にも与しません.ただ ひとつだけ言っておくなら,自衛隊派遣にしても韓国軍派兵にしても 各々の国内で民主的な手続きを経て国家意思となったのですから,同様に撤退も民主的に決定すれば済むことです.
 しかも この声明の場合,いやしくも与党の現職議員ではないか.韓国軍の対イラク派兵が誤っていると考えるなら,他ならぬ彼ら自身が 派兵の最大の責任者たる盧武鉉その人を説得する義務があるでしょう.人質が出たのをよいことに,外国(ここではアメリカですが)に対する大衆の反感を煽るような真似は大人気ないし,フェアでない.自分の尻は自分で拭けと言いたい.

----
 次に「民間人」云々について.昨日も書いたように 今回人質に取られたのは 米軍に食器か何かを納入している 米軍御用達の商人でしかない.古今東西を問わず,戦争をビジネスにしている民間人などというものは 戦地の住民からは良い感情は持たれないものと相場が決まっています.
 まして,今回のキム某氏の場合,人質に取られたのは あのファルージャ付近だという.米軍による大虐殺の記憶も新しい現地住民の立場から見れば どこの国の人間であるかなど関係ない.韓国人どころか たとえ同じイラク人であっても 米軍の占領統治に直接・間接の協力を行なう者は敵とみなすのが むしろ当然でしょう.
 復興支援であれ何であれ,仮にも他国の占領軍に加担する以上,そんな民間人などは韓国軍が自分で安全確保するのが当然です.それくらいの事もできないような軍隊などが何の役に立つか.

----
 「テロ組織の自家撞着」論なども笑止千万.「韓国軍が医療・復興支援事業を献身的に遂行」していると本気で思うなら,この議員らは何のためにイラク派兵に反対しているのか?
 別に「集団的自衛権行使を禁じた憲法に違反するおそれがあるから」などという心配をしなくてはならない立場にあるわけでもないでしょうに.あるいは,まさか「ベトナム派兵の時と違って今回はアメリカが経済援助をしてくれないから」などとは 如何に恥知らずな国民でも言い出しますまい.
 彼らがイラク派兵に反対しているのは 「アメリカの対イラク侵攻に大義名分が無い」からだ,と 彼ら自身が言明しているではないか.韓国による派兵は 結局はその「名分無き戦争」の尻拭いを請け負い,アメリカによる占領統治の片棒を担ぐことになるから反対だ,と言っていたのではなかったか.
 それを こういう事件が起きたときだけ「医療・復興支援事業を献身的に遂行し…」などと 自分たちだけいい格好したがるのが,この手の韓国人の悪い癖です.自家撞着に陥っているのは彼ら自身の側だと何故気付かないのか.

 ついでに言うと,「人質の身に万一のことがあれば 韓国国民の輿論は…」云々も 「みっともないからよしなさい」の一言に尽きる.「輿論が激化」したら どうなるのでしょう.「無辜の民間人を虐殺したテロリストを許すな! 断固報復せよ」とでも? だったら大いにやればよい.誰も止めません.イラク占領以来 何百人という死者を出して来た米軍も 強い味方が駆け付けてくれれば さぞ喜ぶでしょう.(まぁ,彼らのことだから どうせまた「こんなことになったのもアメリカの責任ニダ」で終わるのだろうけれど)

----
 同様の事態が「韓半島」で再発しないように,という箇所.彼らが一番言いたいことはここからなのでしょうが,これもおかしな話です.

 第一に,占領統治なら 既に少なくとも一度経験済みでしょう? 半世紀以上前に.他ならぬ韓国自身も 同様の占領統治によって生まれた国だという事実を 韓国人たちが ものの見事に忘れているか 気付かないふりをしているという点は,私たちの目には 非常に滑稽に映ります.単なる暗殺屋や火付け盗賊の類を「義士」などと呼んで崇拝するあまり 自分たちの歴史を作っている外的要因の作用を ことごとく「歴史の被害者史観」を通してしか見られない,そういう病的な民族主義教育を 半世紀以上にわたって続けて来た代価が このありさま.

 第二に,イラクの場合,「大量破壊兵器を保有している」ことが アル・カイダとの繋がりなどより遥かに重要な開戦の口実だったわけです.なのに その大量破壊兵器は フセイン政権崩壊から1年以上経った今なお見つかっていない.今回の「新たな模索」とやらの声明は そのことに全く言及していない.何故だと思いますか?
 理由は簡単.イラクとは異なり,北朝鮮の場合は 核保有を自ら国際社会に向けて宣言しているからです.米朝枠組み合意も無視し,NPTも脱退し,KEDOによる軽水炉建設の見返りとして凍結したはずのプルトニウム再処理施設も再稼動させたのは どこの誰だったか.
 つまり,大量破壊兵器云々に触れてしまうと,「イラクの場合はまずかったが,相手が北朝鮮なら開戦の口実は十分あるのでは?」という結論に至ってしまう.この議員らが必死にしがみ付こうとしている「誤った情報」論は 北朝鮮問題に対しては通用しない.だから彼らはこの点に深入りできない.それだけの話です.

 実際に自分たちの「北の同胞」が行ない続けている 国際平和と安定に対する露骨な挑戦には 目を閉ざしたまま,それどころか そうした犯罪者との平和共存すら標榜しつつ,諸悪の根源はアメリカの一極主義にあるとばかりの詭弁を弄し続けるのは,戦後の偏狭な民族主義教育を受けて育った世代ならではの虫の良い考え方なのか,それとも この民族が昔から持つ無責任史観の産物なのか.
[PR]
by xrxkx | 2004-06-22 18:29 | ここが変ニダ韓国人