「太陽政策」の推進者たちは どこまで犯罪国家を甘やかすのか
※金総書記は訪韓を=核問題、米朝の同時行動で解決-韓国前大統領 (原文 控え)
※核問題解決すれば包括支援 韓国大統領 (原文 控え)
※南北関係、さらに進展を=金総書記 (原文 控え)

----
 ただただ呆れるしかない.
 対北関係をめぐっては,日本と韓国との間には 思った以上の隔たりというか,温度差がありますね.

 昨今の韓国の対北政策に見られる こうした甘さは どこから来るのか 考えてみますと,どうも 原因は 次の3点にあるように思えてなりません.

【1】 「北朝鮮といえども我々と同じ民族なのだから 困っているなら助けなければならない」といった,無原則な似非人道主義.

 こうした傾向を強く持っている韓国人の場合,核開発や拉致・麻薬密輸・偽札製造といった北朝鮮の悪行の数々を目の当たりにしても
「あれは金正日がいけないだけ.北韓(北朝鮮のこと)の一般住民に罪は無い」
の一言で切り捨ててしまおうとする傾向が強いようです.中には
「戦前に我々の同胞を日本に強制連行した日本人たちが,
 今回 北が僅かな日本人を拉致したからといって とやかく言えた筋合いか」
などということを平気で言い出すデムパ君までいる.しかも 若い連中だけでなく 所謂「有識者」の中にも,です.

 日本による「強制連行」という言い草そのものが 既に虚構でしかありませんが,ここでは それについては措くとして,昨今の韓国輿論の 「身内」に対する甘さを見るにつけ,「常識の通用しない国は北だけではない」という感を深くするばかりです.

【2】 軍事政権時代の 極端な反共政策への反発.

 いま 韓国社会で働き盛りの世代 (韓国で「386世代」と呼ばれる) というのは,民主化運動たけなわの時代に学生運動に身を投じていた人々が多く,左翼思想に対する ある種の幻想とかノスタルジーのようなものを持っている場合が多いように見えます.この辺は ちょうど日本の全共闘世代に よく似ている.先般の総選挙で民労党がいきなり10議席ばかり取ったというのも そうした傾向を雄弁に物語っています.

 ソ連崩壊とともに社会主義という夢から覚めた人々なら 世界中に珍しくもないでしょうが,ソ連崩壊から10年以上も経ってから 初めて社会主義(のようなもの)が市民権を得るという例は おそらく世界中探しても韓国しかないでしょう.日本に喩えたら,バブル崩壊のあとに55年体制が到来するようなもの.

【3】 1945年以来韓国に駐留し続けている米軍への反発.

 今からほぼ2年前の2002年6月13日,韓国で 女子中学生2名が駐韓米軍の装甲車に轢かれて命を落とす事故がありましたが,あの事故にしても 韓国国内では今なお国民のアメリカに対する反感は冷めておらず,naverやhanmirなどの日韓機械翻訳掲示板などでも 若い韓国人による関連投稿を多数見かけます.

 私に言わせれば,あの事故そのものは 要するに通常の交通事故と変わりないのです.問題があそこまでこじれた原因は,韓国国内で外国人が起こした犯罪に関して 韓国の司法権が及ばないという《治外法権》にこそあるのですから,問題はあくまで米韓間の地位協定のみに絞って論じられるべきもので,一足飛びに「だから米軍は出て行け」という話に飛躍するのは筋が通らない.

 日本の場合にも 特に沖縄などでは 米軍関係者による犯罪は平均週2回くらいのペースで起きているそうですし,国内に限らず 2001年に起きた「えひめ丸」の事故の折には 当初の米軍側の不真面目な対応に対する反発は 随分ありましたが,かと言って「だから米軍は出て行け」などというところまで話を飛躍させたがるのは,事件があろうが無かろうが もともと日米安保体制そのものに反発している 左寄りの人々だけです.

 今日の韓国の発展があるのは韓国が共産化を免れたからだという 動かし難い事実を 直視するのでもなく,その功労は 何よりかつての「軍事独裁」と米軍駐留に帰せられるべきものだという事実からも 目をそむけ続ける人々は,
「では 現実に米軍が韓国から撤兵したら 韓国軍だけで自国を守り切れるのか?」
と尋ねられても 満足な回答ひとつ出来ないのです.この辺は【1】に挙げた「同じ民族」論と表裏一体を成していますが,彼らの対北態度の根底には
「こちらが北に対して友好的な態度を示し,惜しみない援助を与え続ければ
 北も我々の安全を脅かす挙には出ないだろう」
という,極めて希望的・現実逃避的な観測以外の何物も無い.

----
 まぁ,日本人である私としては こうした「困った隣国」の存在そのものは どうでもよい.ただ,
「やるなら韓国だけでやってくれ」
と,これだけは言っておかないといけない.今や 北朝鮮から見た韓国は かつてのような武力侵攻のターゲットではなく,むしろ西側からの人道援助を引き出すための金の卵を産む鶏に成り果てているのです.日本が韓国の民族的センチメンタリズムに付き合う理由はありません.政府には 突っぱねるべきところは断固突っぱねてもらわないと困ります.
[PR]
by xrxkx | 2004-06-15 18:11 | ここが変ニダ韓国人