【竹島の日まであと23日】島根県がやらないなら「フォトしまね」国外向け海賊版作っちゃうぞ

週末あまりゆっくりPCの前にいられませんでしたので,今日からまた全国各都道府県知事へのメールを出し始めました.
相変わらず一つとして返事の来ない作業(怒)を黙々と続けていますが,もうちょっとで全国コンプリートです.
まぁ相手が地方自治体ですので,他地域の者の意見など見向きもされないのがデフォであろうことは初めから承知の上でやっています.



未だにご自分のお住まいの地域の知事にすらメールを出していないという読者の方へ.
それくらいの手間も惜しいのでしたら,ましてやこんな場末blogなど一々読みにいらっしゃるのは面倒でしょう.
明日から来て下さらなくて結構です.



かの「フォトしまね」竹島特集号のことですが,あれの英語版をせめてweb版だけでも作って国外向けに公開できないかという提案を島根県にメールで送ったのは前回書いた通りです.
その提案の後 もう一本,「竹島の日に関する新聞広告を国外(特に欧米)の新聞各紙に出してはどうか」というのを送ってあります.
島根県からは今のところ何の返事もありませんが,まぁ良いでしょう.
とにかくこちらは思いつく限りのことを片っ端からやるまでです.


むろん私とて何も「日本人もVANKの真似事みたいなことをやれ」と言う気はありませんが,それはともかく こと第三国へのアピールに関する限り 日本が韓国ごときにまで収支終始やられっぱなしであることは残念ながら否み難いでしょう.
かの国ではこんな子供までがこうやって日本の中学生程度に過ぎない英語力をものともせずにblogまで書いている.
こういうのを拙くはあってもとにかく人目に触れる場所に出すということがどれだけ大事な作業だかを,私たち日本人は再認識すべきです.
日本国内でプロ市民叩きに溜飲を下げるのも結構でしょうが,肝心の国外向けメディアが共同とかJapanTimesみたいなのばかりでは それすら「日本の右傾化」プロパガンダのネタにされるのがオチです.




数日前,「立ち上がれ!日本」ネットワークのサイトに,かの濱口和久氏の「竹島(領土問題)の解決は国家としての責務」という文章が載りましたが,そこに述べられている通り


本来、日本政府が毅然とした態度で竹島問題の早期解決を実現していれば、民間人や地方自治体(島根県議会)が関与する必要はなかった

のです.
昨年3月17日に島根県議会が竹島の日条例を可決した時に,当時の細田官房長官にせよ町村外相にせよ これに対する支持の意を表明するどころか あべこべに「一地方自治体がやっていることで政府は関係ない」という態度に終始し,これを機に竹島問題に関する日本政府の立場を毅然として示すことは終にありませんでした.
当時の高野駐韓大使の「竹島は日本領である」発言の後に同大使を日本に呼び戻すなどの腰の引けた外交しか出来なかったのも彼らです.
本営がそういう体たらくで,現場の人間が体を張って国の利益や尊厳を守れるわけがありません.…もっとも高野大使は件の一件の後駐独大使に栄転したそうですが(笑).


御存知のように今年は内閣官房長官も外相も去年とは入れ替わりました.
昨年10月末でしたか,小泉改造内閣の顔ぶれが発表された時は,韓国あたりではそれだけで朝野を挙げて「日本政府の右傾化」だ「歴史的テロ」だと大騒ぎだったのは記憶に新しいところです.
安倍官房長官にせよ麻生外相にせよ,せっかく韓国側があれだけ高く評価してくれているのですから,竹島の日を迎えるに当たっては是非とも彼らの期待に沿う言動をお願いしたいものです(笑).


「アジア」を愛する日本の良心的メディアの皆さんは「あれは自治体が勝手にやっていること」式の弥縫的発言くらいでは勘弁してくれないでしょうし,政府は政府で結局また「話し合いによる平和的解決」云々でお茶を濁すでしょう.
「話し合いによる平和的解決」大いに結構.まさにそういう時の為にハーグがあるのです.
竹島の日当日,メディアにコメントを求められた際に「国際司法裁判所」の「こ」の字も発し得ないような政治家なら,誰がポスト小泉の座に就こうが団栗の背比べでしょう.


[PR]
by xrxkx | 2006-01-30 20:44 | 竹島