【黄禹錫】幹細胞ハブに勧誘するには植物大統領では具合が悪かったのかな。

先頃の出国禁止措置からは外れていた文信容(むん・しんよん:ソウル大医学部)の研究室にも,結局検察はガサ入れの手を拡げているようです.
同じ医学部でも文の場合は安圭里(あん・ぎゅり)のような単なる臨床屋ではないようですから,学術的な面の疑惑については安よりも寧ろ重要度の高い人物の筈なのですが,まぁ「Science論文は2本ともインチキ」であるとの「最終発表」があった今では 文のほうは影が薄くなりがち.
今後何か出て来ればまた別でしょうが.


で,そのScience論文ですが,今日やっと正式に取り消しが決定したそうです.



Science, 2004・2005論文取り消し (韓国日報 01/13 17:41)

黄禹錫教授チームの幹細胞関連論文を掲載していた米国の科学ジャーナル Scienceは12日(原文註:現地時間),黄教授チームの2004年,2005年論文をともに職権により完全取り消しとしたことを明らかにした.


Scienceはこの日,ドナルド・ケネディ編輯長名義の声明を通じて「ソウル大調査委員会の最終報告書に基づき,問題の黄教授の論文2篇をともに無条件かつ完全に取り消した」として,「関連内容をwebサイトにも掲載した」と述べた.


Scienceは「ソウル大の最終報告書によれば,2つの論文に於いて提示されたデータ中 相当量が操作されているため,Science編輯陣は2つの論文をともに遅滞なく,無条件で取り消す必要があると考えた」として このように語った.


Scienceは続けて「科学界がこれらの論文の提示した結果を『原因無効』と見做すよう勧める」とし,「同僚検証者らがこれらの論文を評価するのに掛かった時間や,科学界が論文の結果を再演するのに消費した時間や支援について遺憾に思う」と付け加えた.



案の定と云いますか,昨年12/15に黄が「2005年論文撤回」を宣言して以来 そろそろ1ヶ月になろうとしているのに 黄らは結局撤回は行わないままでいたということでしょう.
今年に入ってからもScience側から事実上の「撤回の催促」があったにも拘わらず,です.
風向き次第では「撤回宣言」そのものを無かったことにして すっとぼける気満々だった模様.
12/23記者会見の折に言及した「教授職辞任」にしても 未だ辞表すら提出していない(但しこれはソウル大側が「調査委の調査中である」ことを理由に辞表を受理しない意向を表明していたこともあるから,必ずしも黄のせいとばかりはいえない)そうですし,この分だと11/24記者会見の折に公言した「全ての兼職を退く」のほうもどうなっているのやら.とんだ「白衣従軍」もあったものです.


ともあれこれで黄疑惑のうちインチキ論文の件は一通り片が付いたと見てよいでしょうが,出来ればScience側には件の2本の論文を通してしまった査読者の名前を公表して欲しかったところ.
ついでに,一部韓国メディアが報じていた「ケネディ編輯長の黄擁護発言」とやらの有無についても一言コメントが欲しかったところですが,あとでScienceのサイトにそれらしきものが上がっていないか探してみることに.
あれはおそらくウリナラメディアお得意の脳内翻訳の為せる業で Science側はそんなこと書かれているとすら知らないと見たけれど,どうかしら(笑).




次.本日の胡散臭いニュースMVP.




「幹細胞論文操作」論乱の中心人物である黄禹錫ソウル大教授が,金大中(原文註:DJ)前大統領に,自らが所長を務めていた「世界幹細胞ハブ」に患者として登録するよう進めていたことが,ここに来て明らかになった.


黄教授は昨年10月,「世界幹細胞ハブ」開所式に前後して「難病を治療可能な患者合わせ型幹細胞の培養に成功した」として,「幹細胞ハブに患者として登録してはどうか」とDJに直接意向を打診していたと,DJの側近が伝えた.


黄教授は続いて,パーキンソン病などにより挙動が不自由な金前大統領の長男・金弘一(きむ・ほんいる)議員についても,患者として登録すればパーキンソン病治療が可能だとDJに大言壮語していたことが伝えられた.


しかし,こうした黄教授の提案に対し,金前大統領は徳談ばかり持ち出し,患者登録の誘いは受け付けなかったという逸話だ.


金前大統領は最近,論文操作論乱などが燃え上がったことから,昨年12月に某メディアとのインタビューを終えた後で茶を飲みながら黄教授について「惜しい」と心境を洩らしたこともある.


DJ側は「金前大統領は『(原文註:黄教授が)嘘をつくとは思っておらず,全てを信じていたのに残念だ』との意を表明したもの」と伝えた.


黄教授は1年に2度 金前大統領を訪ね面談を行うなど,自らの研究成果を知らせるのに積極的だったことが伝えられた.(ソウル=聯合ニュース)



さすがかの国では ノーベル賞候補に名を連ねるにも政界とのコネ作りが欠かせないようです.
こういう立ち回りの小狡さに この黄と云う男の山師っぽさが如実に現れています.


余談ですが,息子のほうはともかく金大中本人って「難病患者」になれそうな何かの疾病でも持っていましたっけ?




さて一方では相変わらずこんなのも.
輿論調査モノです.



「ネティズン77%,黄禹錫教授に機会を与えるべき」 / インターネット輿論調査…「ソウル大調査信頼できぬ」44% (Medipharm News, 01/13 17:28)

ソウル大調査委員会が,去る2004年と2005年に黄禹錫教授チームが米国の科学専門誌「Science」に提出した幹細胞関連論文がともに操作されていたとする調査結果を発表し「まともに確立された幹細胞は一つも無かった」と結論付けたことに対して,黄教授が12日 国民へのお詫び声明を通じて 幹細胞すり替え疑惑など調査委員会の調査内容の大部分に反駁に出たことから,ネティズンらの間で激しい論乱が起きている.


大部分のネティズンらは,論文操作が事実であることが明らかになったことについて少なからず失望しながらも,「核移植によるヒト卵子の胚盤胞形成に成功したという点は高く評価できる」として,黄教授にもう一度機会を与えるべきだとする立場だ.


しかし,「ソウル大の発表内容に従い,黄教授らに対する厳重懲戒が避けられなくなっており,検察捜査も本格化している今,敢えて国民の税金をつぎ込んでまで支援を行う必要があるのか」という否定的な見解も一部で出ている.


東亜日報のインターネット新聞である「東亜ドットコム」が さる5日まで実施した輿論調査結果を見ると,総投票数4万3,889票中「機会を与えるべき」だとする賛成意見が3万3,807票(77%)と集計されたのに比べ,反対意見は22%(9,372票)に過ぎなかった.


韓国日報の調査でも,「機会を与えよう」とする意見が6,128名(77%)で「厳重懲戒すべき」とする意見(1,802名・23%)を圧倒した.


ポータルサイト「Naver」もまた,「ソウル大の発表は信頼するが,黄教授に機会を与えたほうがよい」とする見解が31%(1万2,574名)で,「ソウル大の発表内容を信頼する」とする回答(1万0,340名・25%)より高いという調査結果が出た.


特に,「ソウル大の調査結果そのものを信頼できない」とする意見も44%(1万8,360名)にのぼり,ソウル大の発表内容に不満が多いという集計結果となった.


(後略)



「そもそも調査委の発表を信じられぬ」という意見が(「分からない」などを除けば)全体の1/3以上いるということですね.
これは まだよい.
私もソウル大の発表にはどうも政治的な早期幕引きの意向が反映されているように感じている一人ですので.


さすが韓国人だなと思うのは,上のオンライン投票で「ソウル大は信用できない」と答えている連中が「だから黄を信じる」となってしまう点.
黄がインチキデータで論文を書いたのは動かしがたい事実であり,写真水増しを自ら指示したことについても黄は認めています.
いつぞやの金ソンジョンのYTNインタビュー時のウソ証言指示というのもありました.
これらを考えれば,「ソウル大は信用できぬが黄はもっと信用ならぬ」と思うのが普通だと思うのですが.
こういう思考の飛躍というのが韓国人には非常に多い.
これが見所その1.


見所その2は,ソウル大の発表には概ね同調しながら「それでも機会を与えよう」の何のという意見が,以前ご紹介した頃よりも却って増加している点.
インチキデータで論文を書くという 科学者の風上にも置けない人物に「機会を与え」たがるのは,一言で言うなら「源泉技術」とやらがカネになると思っているからに他なりません.
例えば保守三大紙の社説など読み比べてご覧になるとよい.
黄を擁護するのもカネ,黄を切り捨ててバイオ技術分野へのダメージを抑えようとするのもカネ.
学問の現場のモラルなどそっちのけ.
ましてや黄疑惑の出発点だった筈の生命倫理なんてどこへ行ってしまったのやら.



韓国日報といえば,先ほど見た「論文取り消し」のニュースにもオンライン投票が付いていますが,こんなの:


Q: 皆さんはソウル大調査委発表に真っ向から反駁した黄禹錫教授の主張をどう思いますか?


黄教授発言を信頼…84.3%


調査委発表を信頼…15.7%


(投票総数: 6,969票)


だそうですよ.
但し一応気をつけておくと,先ほどのニュースが「調査委の発表内容は信じるが,それでも」という意見だったのに対し,韓国日報のこれは「二者択一なら調査委発表よりは黄発言を信じる」が圧倒的優勢ということですから 若干意味合いが異なります.



[PR]
by xrxkx | 2006-01-13 21:22 | ◆ 黄禹錫 / 卵子売買