ウリ式劣化コピーに掛かれば「目には目を」もこのまったり加減。


来る10日のソウル大調査委の「最終発表」が出次第,検察が本格捜査に着手する段取りが固まったようです.
今回日本語版に上がって来るのがイヤに遅かったのですが,黄ら11名が出国禁止処分になったというニュース,韓国国内では既に昨7日に大量に飛んでいました.


7日午前中に流れた報道ではまだ「10余名出国禁止」となっており,「11名」と断定する記事が出始めたのは7日夕方になってから.
既に一夜明けていますので,出国禁止を食らった11名の完全なリストがありそうなものなのですが,なかなか出て来ません.
今まで分かっている限りでは


  • 黄禹錫

  • 盧聖一

  • 姜成根

  • 安圭里

  • 李柄千

  • 金ソンジョン

  • 権デギ


の7名の名前が挙がっている模様.
なお文信容は含まれていない由.


検察が捜査に着手するタイミングをわざわざソウル大調査委の最終発表に合わせる理由について一応触れておきましょう.
もともと検察は論文捏造やらクローン犬の真偽やらといったことには介入したがっておらず,そういう事はソウル大のほうで始末してくれよと思っているのは今も同じでしょう.


ただ,前々から繰り返していますように 2005年Science論文を含む一連のインチキ業績の件は 3種類に大別される黄疑惑のうちの1種類に過ぎません.
不法売買との関わり,および研究員からの卵子「寄贈」という2つの論点が なお手付かずで残っており,これらについてはソウル大調査委は「管轄外」として調査対象から外しています.
こちらは検察が出ないわけに行かないでしょう.


また,インチキ業績周辺についても 以前触れましたようにウソツク大先生は「金ソンジョンが細胞をすり替えたニダ攻撃」に出ており,今なお「検察が捜査に掛かってくれれば2日で片が付く」と豪語しておいでだそうですので,これまた検察に処理が任されている状態です.
検察にすれば筋違いもいいところでしょうが.




黄周辺の核心事項は今のところそれくらい.
もう少し外野に行きますと,


  1. PD手帳の取り巻きである「進歩的」言論人やら報道関係者らによる黄擁護メディア(特にYTN)叩きが昨年末から俄然勢いづいている件

  2. キリスト教系団体(「ES細胞研究には元々批判的だった」と自称)と仏教系団体(こちらはなおも黄を積極擁護)との宗教紛争じみた非難の応酬が始まっている件


などが目に付きますが,そちらは後回しにして 少々馬鹿馬鹿しいお話を一席.
まぁ1番の方には若干関係なくもないかな?





MBC PD手帳の黄禹錫教授関連放送中,一部が操作されたとする疑惑が起きている.
ただでさえ敏感な事案だけに,こうした消息が伝わったことでネティズンらは爆発的な関心を示している.


「サプライズ(原文註:www.seoprise.com)」の会員らは6日,PD手帳がミズメディの盧聖一理事長と各々異なる日にインタビューしたと放送した場面(訳註:複数回に亙ってインタビューしたものとして報じた,の意か)に異常な点が見つかったとして関連資料を掲示板などに掲載した.


彼らの主張する異常な点とは,PD手帳は昨年10月26日と11月2日の各々異なる日付に盧理事長にインタビューしたとして映像を流したが,これら2つのインタビューは同じ日に同じ場所で行われたらしいというもの.


盧理事長が昨年11月2日にPD手帳との間で行ったというインタビューは,11月22日に「黄禹錫神話の卵子疑惑」という題目で放送され,10月26日のインタビューは12月15日放送された「特集・PD手帳は何故再検証を要求するのか」という題目で放映された(ママ).


疑惑を提起する側は,該当放送場面をキャプチャした上で,2枚の写真を重ねて示し,「PD手帳は同一日時にインタビューした内容を2つに分けて報道した」と説明している.


該当インタビュー写真を綿密に分析したネティズンらは, △背景がほぼそっくりであり △盧理事長の右手の服の皺が酷似している上に △ネクタイの結び具合まで同じだという理由などを挙げ,操作の可能性が高いものと見ている.


6日午後現在,「PD手帳操作」なる単語がポータルサイト検索語ランキング上位に上った.
一部の性急な視聴者らは,PD手帳掲示板で「公開謝罪」および「番組撤廃」などを要求している.


これに対し,PD手帳の金ヒョンギ・プロデューサは,クッキーニュースとの電話インタビューで
「字幕にミスがあったものと見られる.
誰がどのようにミスを犯したのか,内部調査を経た上で掲示板などを通じて公式釈明したい」
と述べた.


国民日報 クッキーニュース 金サンギ記者



出たな金サンギwww


この人物,かつて京郷新聞にもいたことがあるらしいのですが,彼が韓国のネット上でどういう扱いを受けているかは,「金サンギ 記者」でGoogleしてみた結果中に幾つの「誤報」や「捏造」が現れるか数えてみれば一目瞭然.
以前の「島根のお歳暮」の件のときもそうだったように,「一言で無い物が無いくらい」式のおよそ報道記事らしからぬ表現の多用など 一々書きっぷりが針小棒大なのもこの人の癖.
「疑惑を提起」した「ネティズン」とやらも こんな色物記者に取り上げられてがっかりしているだろうな(笑).


まぁ韓国人記者の「誤報」「捏造」など珍しくもありませんし,こうやってネットから話題を拾ってはろくすっぽ検証もせずにネット新聞の記事にするという それこそそこらの個人ブロガー(あ,私もか :D)でも務まりそうな安い仕事ぶりなどは 最近では中央日報あたりも得意にしているようで,「韓国では報道というのはそういうものらしい」でオシマイ.
出来る事なら 何処の馬の骨とも知れぬチョッパリにダメ出しされない程度の作文技法くらいは習得して頂けると 訳すこちらも助かるのですが(大笑).


金サンギものから もう一本.上の続報.




MBC PD手帳は6日,ネティズンらの提起した「盧聖一・ミズメディ病院理事長インタビュー操作論乱」に関連して「字幕整理の過程で生じたもので,『玉に瑕』指揮の単なるミス」だと釈明した.


PD手帳側は この日,インターネット掲示板の公示事項を通じ「『黄禹錫研究の卵子疑惑』編(訳註:11/22放送分のこと.正しいタイトルは「黄禹錫神話の卵子疑惑」)と『特集・PD手帳は何故再検証を要求するのか』編に使用された盧聖一理事長のインタビューは,ともに2005年10月26日に撮影されたもので,11月2日と標記されていたのは字幕整理の過程で生じた誤り」だと釈明した.


韓ハクス・前MBC PD手帳プロデューサは,クッキーニュースとの電話インタビューで「ネティズンらが疑っているような意図的な操作は無かった」とし,「『玉に瑕』というか….単に字幕を入力する記事が(ママ)間違って処理したものらしい」と述べた.


韓プロデューサは「昨年10月26日,盧聖一理事長と1度インタビューを行ったが,11月2日インタビューの字幕はミス」だとして「仮に操作したとしても我々が何の利益を期待できるか」と付け加えた.


盧理事長もインタビュー日付捜査疑惑について大きな意味を置いていないと述べた(訳註:「盧理事長も~いない」と韓が言ったのか,盧が「インタビュー~いない」と言ったのか不明瞭.後続段落との繋がり上 後者の意味にとっておく).


盧理事長は電話インタビューで「昨年10月26日,PD手帳と1度インタビューを行った」として「一部国民の方々が陰謀論を取り沙汰しておいでだが,私は真実のみを語っている」と述べた.


論乱は,昨年10月26日と11月2日の各々異なる日付に盧理事長とインタビューを行ったとするPD手帳の映像が,実は同じ日に同じ場所で行われたものらしい(訳註:主語は「映像は」ではなく「インタビューは」であるべきだがママ)とする指摘がインターネットに載ったことから始まった.


ネティズンらは △背景が殆どそっくりで △盧理事長の右手の服の皺が酷似している上に △ネクタイの結び具合まで同じだという理由などを挙げ,操作の可能性が高いと見た.
盧理事長が昨年11月2日にPD手帳と行ったというインタビューは 11月22日「黄禹錫神話の卵子疑惑」という題目で放送され,昨年10月26日のインタビューは12月15日に放送された「特集・PD手帳は何故再検証を要求するのか」という題目で放映された(ママ).


国民日報 クッキーニュース 金サンギ記者



普通,『玉に瑕』って 自分で言う? まぁ例によって金サンギがある事ない事書きまくっているだけかも知れないな.


要するにPD手帳取材班が盧聖一にインタビューしたのは実際には昨年10/26の一回きりで,
黄疑惑発覚の謂わば導火線だった11/22放送分では その10/26インタビューが11/02に行われた別のインタビューであるかのように紹介されていた,と.
それは良いけれど,「だからどうした」という続きが何も無い.
例えば「2つ」のインタビューで盧聖一が互いに矛盾する事を言っているとか,11/02に盧がPD手帳と接触していないことが明るみに出るとMBC側にとって決定的に不利になる何かしらの理由があるとか,10/26のほうの盧聖一は実はクローン人間だったとか,そっくりさんタレントの盧イルソン氏だったとか.


おおかた最近旗色の悪い黄擁護派の「ネティズン」(←ヤな言葉だなぁコレw)が仕掛けたか,最近大流行の「似たもの探し」に乗っかったかのどちらかでしょう.
それにしても,こういう時の「写真水増し疑惑には写真水増し疑惑で対抗ニダ」的な,いかにもお朝鮮チックな単細胞さ加減って,私は決して嫌いではありません.
まぁこれは別に金サンギに限らず「疑惑を提起」した方々も同じ事ですし,「ダイナミック・コリア」に対抗して「ショッキング・ザパン」なるflashを作るとか「竹島の日」に対抗して「対馬の月」を制定するとか「嫌韓流」に対抗して「嫌日流」を出版するとかも全てそう.


自分のしっぽを追いかけてくるくる回っている犬がよくいますが,ああいうのを眺める時と同じ「馬鹿な子ほど可愛い」的な愛情を注いでやるのが この種の半島人をヲチする上での一種のマナーみたいなものであって,殊に上の金サンギみたいなのを引っ張り出して不用意にNaverなどで「韓国人記者が釣れたナリ」とかやると逆に韓国人の物笑いの種にされますから気をつけましょう,というお話でした.


その他のキーワード: 김상기 쿠키뉴스



[PR]
by xrxkx | 2006-01-08 16:57 | ◆ 黄禹錫 / 卵子売買