「ネット検閲」でも何でもやらせておけばいいじゃない

今日は祝日でいつもにも増して油断しまくりで過ごしてしまったこともあり,
ついでにイマイチイケてるニュースが見つからなかったので,
手抜きというか暇潰しにちょうどよさげなキムチネタ.
こんなのを採り上げるのも我ながら「何を今更」な感じですが.




「汚い韓国と朝鮮人」「植民地時代は韓国にとって祝福」。 日本極右団体から出てくるような妄言が国内ポータルのコミュニティーや同好会サイトに堂々と登場している。


情報通信倫理委員会は先月19-26日、親日・反韓サイトに対する調査を一斉に行い、21のサイトに掲示された49件の文を審議した結果、歴史歪曲が著しい41件の関連情報を削除するよう該当インターネット業者に要求したと、1日、明らかにした。


委員会の関係者は「露骨に韓国と韓国人を侮蔑したり日本を盲目的に称賛するなどの内容に対し、是正要求をした」と語った。 これらサイトの内容はあまりにも虚無孟浪で、未来志向的な韓日関係を形成する上でもむしろ障害になることが憂慮されると、この関係者は付け加えた。


今回摘発された掲示物には「独島(ドクト、日本名・竹島)は日本の領土」「卑劣な韓国人」「明成皇后(ミョンソンファンフ)は悪女」などの内容が含まれていた。


委員会側は、サイバー空間で表現の自由は最大限保障されるべきだが、「情報通信倫理審議規定第19条(憲政秩序違反等)」「青少年保護法第10条(青少年有害媒体物議審議基準)」などに基づき、こうした親日・反韓サイトの不法な内容は削除を要求できる、と説明した。


委員会は今後も親日・反韓サイトの監視を続け、学生・保護者・ネチズンを対象にこうしたサイトの弊害を知らせる教育・広報活動を繰り広げる計画だ。

李元浩(イ・ウォンホ)記者


2005.11.01 19:10:54




この手のニュースはもうあちこちのサイトで採り上げられていますが,
「昨今の韓国当局によるネット検閲のひどさ」に着目する人はいても,
検閲される側の質の低さのほうは えてして見過ごされがち.


上の記事で言うような「親日サイト」というのは,
大抵の場合は「親日」と呼べるほど日本の歴史なり現代の時局なりに精通した上で書いているわけではなく,
まぁ台湾で言う「哈日」程度の代物.
もともと今どきの韓国の若者なんて,
幼い頃からハード面でもソフト面でも日本のサブカルチャー(及びそのパクリ)に
どっぷり漬かって育つわけですから,
「反日」やれと言われてもタカが知れているわけです
(この辺は,
いにしえの日本の全共闘世代が例えばヒッピーの真似事をしながら「米帝打倒」とか言っていたのと
多少似ているかも知れませんが).



余談.更に言うなら,
上の記事で言う「親日サイト」をやっているような若い世代の韓国人というのは,
学校で毎日叩き込まれる 実体験を何ら伴わない「日帝」像と
現実の生活の中での文化的憧れの対象としての日本とが,
アタマの中で一つに結び付いていないフシがある.


彼らくらいの世代ですと,そもそも自分を特に反日だと思ってもいないケースも多い.
本人たちはとうの昔に日本を「許している」つもりになっている.
「それなのに日本が歴史を歪曲するから腹が立つだけ」などと平気で言ってのけるわけです.
「歴史を歪曲」しているのがどちらの方か,と疑ってみようとはしない辺りが
如何にも韓国人らしいところですが,
彼らの大部分は「日帝の蛮行」についても学校で習った皮相的な知識しか持ちませんから,
ネットで日本人と歴史論争などやると簡単にぼろが出たりする.


そういう世代にとっての「反日」というのは,
歴史認識──特に近現代史の──をめぐる問題などは実は二の次で,
寧ろ現代の韓国の国際的地位のほうが余程大きな関心事だったりします.
とにかく自国が経済力や文化的水準などの面で劣っていることを見せ付けられるのが我慢ならない.
その証拠に,かの有名な「Kの国」騒動をはじめ,「韓国卑下」系ネタの食い付きの良いことと云ったら….
かの黒田勝弘氏の言葉を借りれば「反日の小粒化」が,こういうところにも見られます.



閑話休題.
上の記事で言う「親日サイト」なども,
「光復」後現在に至るまでの「ウリナラマンセー」なり「日帝憎し」なりに染め上がった社会に,
どこの国にでもいる単なる跳ね返りの若者が反発しているだけ,というのが
偽らざるところでしょう.


滑稽なのは,その程度の代物を行政がいちいち潰しに掛からないと安心できないらしい点.
あの国民性ですから,放って置けば池萬元氏の謂う所の「イナゴの群れ」に袋叩きに遭って
早晩消滅しそうなものですのに.



だいたい本気で「親日サイト」を運営しようと思ったら,
韓国人だって国外のサービスを利用したほうがよさそうだ,くらいの頭はあるでしょう.
国内でやって潰された前例なら今までに幾らでもありますし(かの金完燮氏もそうだった).
それをやらないのが「所詮はお遊び」である何よりの証拠.



ついでに言うと,そういうのを国外でやって,
もし当局が韓国国内からそういう国外サイトへのアクセスを遮断でもしようものなら,
それは同時に
VANKみたいな韓国人お得意の「サイバー外交使節」の足をも縛ってしまうことになりかねない,と.



支那のような一党支配体制の下での確信犯的かつ組織的・計画的な愚民政策との
決定的な違いがここにあります.



---


翌11/04 追記:親日サイト閉鎖に関しては今年08/11にも同様の事がありました.リンク先の韓国日報の記事で写真入りで紹介されているblogなどは「親日派」といってもこの程度です(註:何せ同blogは既に閉鎖済みなので,リンク先はGoogleのキャッシュから拾って更にsnapshotに保存したもの).このエントリなどは要するに「日本人はさすがに韓国人と違って交通ルールをよく守る.」というだけの話.この程度の代物でも韓国人には「親日」に見えるわけです.上の韓国日報の記事などにしても,こういうサイトは潰して当然という書きっぷり.



[PR]
by xrxkx | 2005-11-04 03:14 | ここが変ニダ韓国人