今日「台湾の声」の購読をやめた
 メールマガジン「台湾の声」の今朝配信分から.但し太字は私がつけたもの.
「台湾の声」【読者の皆さまへ】あなた達の応援が必要なのです

読者の皆さま

教科書は百年先まで影響を及ぼすものなのです。

世界唯一と言ってもいい知日で親日国家である台湾を、世界最大最悪の反日国家である中国の領土に入れるような教科書は、日本を百年先まで萎縮させるものです。

是非行動で応援してください。我々現場にいる人間は、あなた達の応援が必要なのです。メールや電話、ファックスで文部科学書に抗議してください。

「台湾の声」編集長:林 建良(りん けんりょう)拜


********

●本日、文部科学省前で「10・12日台合同デモ」を実施。
●参加できない方は、文科省に対する電話、メール、ファックスで
抗議の援護射撃をお願いします。


【日時】10月12日(水)午前11時半〜午後1時ごろ
【場所】「文部科学省」前 【現在は霞ヶ関から東京駅近くに移転しています】
千代田区丸の内2−5−1
[交通]JR「東京駅」下車、地下道から直結
千代田線「二重橋駅」4番出口より徒歩2分
三田線・半蔵門線・東西線「大手町駅」より徒歩数分
地図 http://www.mext.go.jp/b_menu/soshiki2/map.htm
【実施団体】台湾の声、台湾研究フォーラム、台湾団結聯盟日本支部、
在日台湾同郷会
【現場責任者】林 建良 090−8645−9489
永山英樹 090−4138−6397

【問合せ】koe@formosa.ne.jp 台湾の声

***********
【抗議先】

■文部科学省に対し、台湾を中華人民共和国の領土と教える「中学校社会科
地図」(帝国)と「新しい社会科地図」(東書)の誤りを訂正させるよう要
求を!

■中山成彬・文部科学大臣
(事務所)〒100-8982 東京都千代田区永田町2−1−2
衆議院第2議員会館701
電 話 03—3508−7451
FAX 03−3597−2757
メール g03254@shugiin.go.jp 
■文部科学省〒100-8959 東京都千代田区丸の内2-5-1
電 話 03−5253−4111(教科書課)
メール voice@mext.go.jp (中山文科大臣)

抗議内容の例:「 子供たちに、台湾を中華人民共和国の領土と教えるな!」
「社会科地図の訂正を」「文科省に台湾を売る権利はない」
「帝国書院に教科書発行の資格なし」「文科省は台湾の敵だ」
「東京書籍は捏造地図を改めろ」「台湾人の感情を傷つけるな」
「ウソを教える教科書反対」「台湾は中国領では断じてない」
「中国に媚びる検定反対」「デタラメ検定官を処分せよ」
「誤った教育の責任を取れ」「これ以上ウソを教えるな」


■塩谷立文科副大臣 office@ryu48.gr.jp
■小島敏男文科副大臣 t-kojima@bc5.so-net.ne.jp
■下村博文文科大臣政務官 http://www.hakubun.or.jp/mail.htm
■小泉顕雄文科大臣政務官 koizumi-akio@ares.eonet.ne.jp
 上で取り上げられている帝国書院の地図の件について初耳だという方は,先にこちらに目を通しておくと良いでしょう.要するに台湾を「中華人民共和国」の一部だと記しているのがケシカランと.それは分からぬこともありません.私自身「中華人民共和国」が台湾を領有すべき法的根拠が一切無いと考えていることは昨年12月にも書いた通りですが,但し その点は「中華民国」に関しても同様.日本の学校教材の中で台湾を「中国の一部」として扱われるのが それほどイヤならば,まずは自分たち台湾人が率先して「中華民国」の看板を下ろすのが筋です.黄昭堂氏などはその辺をよく分かっておいでのようで,後述の「国民集会」での発言も他の人々とはかなり毛色が違っているように思われますが,どうも林建良氏はその辺の詰めが甘いというか何というか.
 バックナンバー一覧を見れば一目瞭然のように,「台湾の声」では此処のところ連日のようにこの問題を取り上げており,さる10日には彼らに賛同する人々が東京で『10・10「台湾を中国領と教える社会科地図を許すな!」緊急国民集会』なるものをも開いた由.ちなみに10月10日といえば「中華民国」の建国記念日にあたりますが,「緊急国民集会」の「国民」とは一体何処と何処の国の「国民」のことなのやら.まぁそれは措くとして──.

 上の太字部を読み返してみて頂きたいのですが,林氏おすすめの「抗議内容」は,そのやり口に於いて反日支那人や朝鮮人のそれと大差ありません.
 日本を頼りにするのは結構だが,彼ら,少し日本に甘えすぎてはいないか.或いはもう少し厳しい事を言わせて貰えば,日本は近隣諸国の「感情傷つき芸」にはからっきし弱いと踏んで 日本を甘く見てはいないか.支那人や朝鮮人のやり方に便乗しようとするさもしさが彼らの心に無いと 彼らは胸を張って言えるか.

 一方で日本人の側にも問題はあります.常日頃 靖國や教科書をめぐる支那や朝鮮の容喙を「不当な内政干渉」と見做している人々は,上のような一部台湾独立派の行き過ぎた言動に対しても毅然たる態度で臨むべきでしょう.このことは相手が親日であるか反日であるかとは全く無関係です.
 相手が親日国だからと 台湾に対して不必要に甘い顔をしたり,そうかと思うと高金素梅のようなインチキ原住民を見て「それ見ろ,何だかんだ言っても所詮台湾も反日ではないか,支那と同類ではないか」みたいなことを言い出したりと,自分の立ち位置というものが揺らぎっぱなしの日本人が事のほか多いのを,私は懸念します.そんなことでは ましてや支那や朝鮮のような悪質な反日国とは到底わたり合えません.
[PR]
by xrxkx | 2005-10-12 19:00 | 台湾建国によせて