【竹島】阿川公使GJ
 盧武鉉声明のことは一旦脇に置いておいて,竹島関連を先に1本上げてしまうことにします.日本の駐米公使による「竹島は日本領」発言で韓国がまたしても騒いでいるというニュースです.
 この報道,日本国内での扱いは随分と小さいようで,日本語版の記事を探してみると 引っ掛かって来るのはこちらの日経の記事1本だけ.一方で 韓国では昨03/26のお昼過ぎ頃から一斉に流れています

 今回の事態の経緯については文化日報の26日付の記事が詳しいのですが,この記事によると,どうやらワシントンポストが17日付の記事中の地図に於いて「日本海」に括弧付きで「(東海)」,および「独島」にやはり括弧付きで「(竹島)」を併記したのを受けて,阿川尚之・駐米公使が同紙に投稿文を寄せたもの.同紙はもともと竹島の名称については併記主義を採っていた由.で,その文章中,阿川氏は
「『東海』は国連公式名の『日本海』と標記すべきであり,また地図上に『独島』と標記されている島は日本の領土なので必ず『竹島』と標記すべきである」
「国連は昨年3月に『日本海』を公式名称と定めており,この用語を用いないことは国連の中立性を無視しその権威を侵すものである」
と主張,これが25日付の同紙読者欄に掲載されたもののようです.
 ちなみに上の文化日報の記事,標題からして「日本に先制点を取られた独島外交戦」というものですが,記事に曰く,
「駐米韓国大使館側はWP紙に是正を要求したり抗議したりといった措置を取って来なかった」
「今回の投稿を発端に独島問題は本格的な国際紛争に発展する見込み」
「言葉ばかりが先行し,実際的な対処の面ではこのように安易な姿勢を抜け出せずにいる盧武鉉政権が,この外交戦をどのように捌くつもりなのか気掛かり」
云々.
 おまけ.こちらのYTNの記事(動画あり)などは例によって阿川発言を「妄言」呼ばわり.阿川氏本人についても半分近くは「阿川」と呼び捨てです.
 竹島問題に関する韓国側の戦術は,一言で言うなら《領土係争地域であることを隠したままでの 実効支配の既成事実化》に尽きるでしょう.彼らにすれば「日韓双方が領有権を主張している」といった程度の無難な(?)記述ですら広まって欲しくない.ましてそれが日韓双方に甚大な外交的影響力を持つアメリカ政府のお膝元ともなれば尚更です.
 今回の阿川公使の寄稿は,日本外交が取るべき対抗措置の一環としては極めて的確だったと思います.ご存知のように韓国政府は竹島領有権に関しては話し合いに応じる気配すら見せていません.こういう相手との間での安易かつ不透明な二国間交渉によって事を決するのは禁物です.日本はあくまで「国際法による平和的手段によってこの問題を解決すべく可能なあらゆる策を講じている」という姿勢を大々的に第三国に向けてアピールする必要があるのは言うまでもありません.
 日本がこの問題を国際司法裁判所に提訴した場合,当然ながら韓国はこれに応じないでしょう.現に潘基文も25日,「韓国政府に訴訟に応じる義務は無く,必要も無い」と表明しています.それはそれで構わないと私は見ます.この段階に於いては,「国際法を重んじないのはどちらの側であるか」を広く国際社会に知らせること自体を,日本政府は目的とすべきです.
 もちろん,この段階にとどまっていたのでは何の意味もないだけでなく,寧ろ「日本政府は韓国による竹島占拠を事実上容認している」という認識を国際社会に広めてしまう逆効果を招くでしょう.
韓国側をして国際司法裁判に応じない意思を敢えて表明せしめた後は,安保理決議による対韓制裁,ひいては武力発動による日本の実効支配確立までを視野に入れて矢継ぎ早に手を打つべきです.

 何年も前から私は竹島については「極東のフォークランドにせよ」と主張して来ました.韓国による竹島占拠は日本の国家主権の重大な侵害であり,自衛権行使の対象です.武力行使に当たって憲法改正が追い風となるのは勿論ですが,現行憲法のままでは手も足も出ないと諦める必要は必ずしも無いでしょう.

----
03/28昼 追記:阿川公使の投書および元々のWP紙の記事の所在をTB元で知りましたので,リンク張っておきます.できれば阿川公使には "colonization" ではなく "annexation" と書いていただきたかったところですが,それ以外は納得の行く記述でしょう.
[PR]
by xrxkx | 2005-03-27 12:08 | 時事ネタ一般