親日派狩りの新たな標的
a0026107_0433743.jpg
 あの金完燮氏以来 日本でもすっかり有名になった 韓国の「親日派狩り」ですが,またぞろ新しい標的が脚光を浴びて(?)いるようです.
 今回槍玉に挙げられているのは,高麗大学名誉教授・韓昇助(ハン・スンジョ)なる人物で,どうやら日本の「正論」4月号への寄稿が問題視されている模様.これ,私はまだ読んでいないのですが,昨日-今日と大量に流れている韓国のネット記事から 彼の発言を抜粋してみると,
「日本の植民統治により,韓国が高度成長を遂げる基礎が作られた」(YTN 03/05
「韓日合邦は韓国にとって幸いであった.…当時の国際情勢や列強との関係をよく理解すれば,韓国がロシアに占拠されずに済んで寧ろ幸いだったことが分かるだろう」
「万一我が国がロシアに占拠されていたら,1917年のロシア革命により韓国は共産化を免れなかっただろう」
「日本の植民地支配は韓国の早期成長や文明化に貢献した.である以上,日本の植民地支配は祝福すべきことであり,日本人に感謝すべきだ」(以上 ブレイクニュース 03/04
「寧ろ近代化が促進され,失った物に劣らず得た物が多かったことは認めざるを得ないはずである」
「韓国の歴史や語学・文化など韓国学研究の基礎を作ったのは,寧ろ日本人学者やその弟子の韓国人であったではないか.日本支配は結果的には韓国という国の早期成長と発展を促進する刺激剤の役割を果たしたことを認めるべきである」 (以上 ノーカットニュース 03/05
といったところ.「親日派のための弁明」が言及していたラインから特に踏み出しているわけでもなさそう.私たちにとっては特に目新しいものでもありません.
 ところが,これに対する韓国国内の反発は 例によって病的といってよい域に達しているようです.特に例の民族問題研究所なども早速論評を発表しています.曰く,
「日帝強占期(註:韓国では日本統治を「強制占領」と見做してこう呼ぶ)に朝鮮総督府が耳にタコが出来るほど喧伝していた植民史観・帝国の論理が,日本の右翼ではなく韓国人教授の手で華々しく復活している」
「彼(韓氏)は学者ではなく 21世紀に蘇った親日ファシストに他ならない」
「彼は過去の(明治)維新体制を積極的に称賛・擁護するイデオローグであり,朴正熙の女性問題までも英雄的面貌に美化するなど,既に学者としての最低限の良心すら捨て去った男」
「彼の妄言と狂態こそが,我々が今からでも親日の残滓を清算せざるを得ない理由を逆説的に示してくれており,親日清算に反対する者たちの正体をまざまざと見せつけるものだ」
だそうです.第三国の方々から見て,韓氏と民族問題研究所のどちらが「ファシスト」に見えるか意見を聴いてみたいところ.
 こちらの記事などは ご丁寧にも今から12年前にソウルで開かれた「アジア未来会議」なるシンポジウムまで掘り起こして来て,その席で「日本極右人士ら」が行なったという発言を紹介,今回の韓氏の寄稿の論旨がそれらの発言を「そのまま踏襲している」などと指摘(同記事には「韓氏は同シンポジウムに韓国側パネラーとして参加していた」とあるのみで,彼自身の発言は一切紹介されていません)してみせた上,「高麗大総学生会および同窓生ら」を登場させて
「教育救国を建学の理念とする高麗大で,どうして韓氏のような人物が数十年間も教授の座にいられたのか疑問」
などと語らせている.
 高麗大といえば,上のYTNの記事によれば,高麗大当局は わざわざ
「韓教授の発言は彼個人の立場であり大学としての立場ではない」
なる表明まで行なっている他,来る7日には総長主催のもとで緊急会議を開き,韓氏の処遇についての措置を検討する予定である由.
 ご多聞に漏れず一般市民によるネット上での「韓昇助叩き」が行なわれているそうですから,或いはNaverなどにも既に関連投稿が出始めているかも知れません.
 上のYTNの記事なども 例によって
「…日本の植民地支配を美化する発言を行い,波紋を呼んでいます
式の書き方をしているのですが,「波紋を呼んでいる」のではなくて彼らメディア自身が大衆を煽っているのだという自覚が全く無いのか,或いは確信犯的にやっているのか.

 そもそも,相手が韓氏であれ「日本極右人士ら」であれ,その発言の何処がどう誤っているというのか具体的に示そうともせぬまま「韓日合邦美化」なるレッテル貼りから記事を書き起こしているのを見れば,韓国という国の言論の質がどういうものであるかは推して知るべしということです.
上の韓氏のような「日本統治再評価論」に対して納得し難い部分があるなら,真っ向からそれを論駁したらよい.そうやって多様な意見の持ち主が遠慮会釈の無い相互批判を行う中からのみ,思想や言論というものは育つのです.それが韓国人には何故か出来ない.──もっとも,今回の韓氏の場合,日本語誌である「正論」への寄稿ですので,ネット上で息巻いているという一般の韓国人たちは勿論のこと,一連のネット記事を書いている記者の大部分も,おそらく韓氏の文章を読んでもいないのでしょうが.
 上の民族問題研究所にしても 一般市民の反応にしても そうですが,自分たちから見て異質の思想や言論に対して示す拒絶反応の激しさという点に於いて,韓国は私の知る他の如何なる国と比べても突出しています.こうまで言論の幅に乏しい国に まともな学問など育つわけも無いでしょう──特に歴史研究の場に於いては.
 ついでに,こうした国民との間での「共通の歴史認識」などを謳う日本人は,一度自らのお気楽さを顧みるべきです.

----
03/06昼 追記.昨夜のうちに名無しさんから鍵コメントでお知らせ戴いたのですが,韓氏の件について中央日報が4日の時点で日本語版記事を載せているようです.
[PR]
by xrxkx | 2005-03-06 00:45 | 韓国の親日派狩り