【観光ビザ免除】お客様は選ばなくてはね
 昨夜書きかけのまま寝てしまったので,マヌケな時間帯ですが投稿してしまいます.

 日本政府が愛知万博期間中の台湾からの観光客にビザ免除措置を取ろうとしている件に関し,案の定 中共が抗議しているそうです.抗議の内容は 建前上は
「中国には査証発給を義務づけ、台湾は免除という格差は納得できない」
というもの.
 これだけ支那人の不法入国・不法滞留や凶悪犯罪が頻発(一方,台湾人によるATM荒らしや強盗殺人など 去年1年で1度でもニュースになったか? …残念なことに その逆の《台湾人観光客が日本人に強姦・殺害される事件》ならあったが…)している以上,格差など むしろあって当たり前.
「この件について文句があるなら,国民の遵法精神の水準に於いて支那が台湾並みになってから言うがよい」
で話は終わりなのですが,もっとも自国民の水準の低さについてなど 中共も百も承知のはず.上の「格差」の件はあくまで建前と見るべきです.

 彼らの本音は2つあるでしょう.一つには 上の読売の記事にもあるように
 出入国管理・難民認定法では、相手国政府に通告すれば査証を免除できる規定となっている。しかし、台湾の場合は日本と外交関係がないため、特例措置を定めた法律が必要となる。
という部分.「中華民国」と国交を持たない日本が,台湾に対し主権国家並みの待遇を行なうのを 黙って見ていては,台湾国(仮称)が晴れて国際社会の仲間入りを果たす過程での前例──中共にとっては極めて不都合な──を一つ残すことになります.

 もう一つは李登輝前総統のことです.
 李前総統にしても,当然ながら 昨年暮-今年正月の訪日を それ一回きりで終わらせるつもりは無く,次に繋げて行く手を考えているはずです.さる01/20の毎日の朝刊は,李前総統自身の言葉として次の訪日を今年夏にも計画中である旨報じています.
 補遺.この記事,その前日(01/19)にはもう少し詳しいのが同じく毎日のサイトに上がっていたようですが,私が見た時には既に削除済みでした.どうしてこういうことをするかなぁ.
 今年夏といえば万博期間の真っ最中.李前総統が「観光目的」で訪日しようとする場合,日本政府が「観光目的ならノービザでOK」とか何とか言い出しても,中共としては打つ手が無くなる.
 さらには,ビザ免除実施中に 不法滞留やその他の犯罪の増加などといった問題が起きなければ,ビザ免除は万博期間終了後も継続する方向に動くのは 既に予定に織り込み済み.
 先般の李前総統訪日の折の 中共の「ビザ発給取り消せ」など一連の対日内政干渉が 結果的には完全に空振りに終わっただけに,「次はノービザ訪日か」となれば 中共は予め対日干渉のネタをひとつ封じられる形.これは中共としては何が何でも避けたいはず.

 中共の思惑がどうであれ,支那と台湾のいずれが日本から見て歓迎すべき客人であり いずれが招かれざる客であるかは 誰の目にも明白でしょう.01/22付の同じく読売の記事によれば,日本政府は中国人団体観光客に対するビザ発給対象地域を 現行の3都市5省から全国に拡大することを既に決めている由(但しこれも「まずは万博期間中に施行,様子を見て問題なければ恒久化」という点では台湾のビザ免除の件と同じ).私などに言わせれば これだけでも日本政府は気前が良すぎるくらいです.もっとも,安易に支那人などを国内に呼び込んだ結果がどうなるかは,たちどころに数字の形で表れるでしょうが.
 蛇足.先日イラクで起きた支那人人質事件に於いて,武装勢力の要求が「支那人のイラクへの入国禁止」だったのは あまりにも象徴的でした.「撤兵せよ」なら今や珍しくもありませんが,よりによって戦後復興もままならぬ(あるいは「今も戦争が終わっていない」と言ったほうが正確か)イラクで 武装勢力から「出稼ぎ労働者を寄越すな」などと言われる国があろうとは….
 入国管理は完全に日本の内政問題です.その目的は国内の治安維持であったり国内の雇用確保であったり外貨流出への歯止めであったりと様々でしょう.いずれにせよ外国から干渉される筋合いの問題ではありません.
 安易な「相互主義」も禁物です.日本人と支那人との遵法精神や公共道徳意識の格差を考えれば,日本と支那の間に対等の「相互主義」など成り立とうはずもありません.
 日本政府には いちいち支那人の顔色を窺うことなく,粛々と講ずべき措置を講じて欲しいものです.

----
 同日追記.おなじみの「娘通信♪」さんのこちらの記事で紹介されていた警察庁のデータ (PDF)に,2004年度(1月~11月)の来日外国人犯罪件数に関する統計があります(137ページ)が,これによると,
  1. 「中国」が 検挙件数 11151件,検挙人員 4100名.(但しこれは台湾を含む値)
  2. 「うち 台湾」が 検挙件数211件,検挙人員 79名.
  3. 従って,台湾の分を差し引いて支那だけで見ると 検挙件数 10940件,検挙人員 4021名.
と,このように 件数・人員とも 支那は台湾に比べて50倍以上多いのですね.

 念の為付け加えておくと,「中国は台湾に比べて人口が遥かに多いので…」などというのは当然理由になりません.こちらに 2004年4月~9月の訪日外国人数の統計があるのですが,単純に月ごとに合算しても 支那(含香港)が延べ491818名,一方 台湾が延べ604956名と,むしろ台湾が2割以上多いようです.
[PR]
by xrxkx | 2005-01-25 15:06 | 時事ネタ一般