【日韓交渉秘話】真相が明るみに出て困るのはどっちだ :D
 去年の暮れ頃から ちらほら聞こえていた,韓国政府が日韓基本条約締結前の交渉段階の外交文書を公開するというニュース,今日あたりも随分いろいろ流れていたようです.どんな感じかは 例えば「散歩道」さんのところに今日上がっていたこちらの記事などを参照していただくとして,私が引っ掛かったのは─
問われる日本の非公開姿勢 日韓文書公開は時代の流れ ─共同 01/17
【ソウル17日共同】韓国政府が17日、日韓国交正常化に至る外交文書の一部を公開したことで、文書非公開を貫く日本政府の姿勢が問われるのは必至。「今や情報開示の姿勢で韓国が一歩先んじている。日本も早期に公開すべきだ」(日韓関係専門家)との声も出ている。
 「国民の知る権利を満たし、行政の透明性を高めるため」。韓国外交通商省の李秀赫次官補は公開理由をこう説明、今後も関連文書の公開を検討するとした。同省高官も「時代の流れ。いつまでも隠し通して済む問題ではない」と強調する。
 公開の直接の契機は、韓国の市民団体が起こした行政訴訟だ。植民地支配の被害について日本で訴訟を起こした被害者は、国交正常化に伴う協定で請求権が「完全かつ最終的に解決された」ことを根拠に相次ぎ敗訴してきた。
 前から困ったものだと思っていたのですが,何としてでも共同は さも日韓基本条約締結の裏に日本側のやましい点があるかのように読者に印象付けたくてたまらない様子です.
 だいたい この標題,新聞の社説なら まだしも,通信社が配信する記事に付ける標題ではないでしょうに.「日韓関係専門家」なるイカガワシイ肩書きの人物を持って来て「今や情報開示の姿勢で韓国が一歩先んじている」などと語らせていますが,その韓国で今まで日韓基本条約についてまともに教えてもいなかった事実の方はどうしてくれるのか.裏話の公開などより先にやるべき事があるでしょうに.
 第一,日韓基本条約が批准された時点で請求権の問題が「完全かつ最終的に解決された」という事実は,条約締結に至る過程での外交文書に何と書かれているかとは全く別問題だと思うのですが.
 ともあれ,当時の価値で8億ドルという法外な援助を日本から受け取っておきながら,それが「賠償」という名目でなかったことが 韓国人の目にはどうしても「屈辱的」に見えるらしいです.韓国人が何にも増して固執し続けているのが 他ならぬこの点です.そのせいで,次のようなのも出て来るわけです.
● 太平洋戦争遺族会 ヤン・スンイム会長「必ずや再協商引き出す」 ─世界日報 01/17(原文
韓日協定(訳註:韓国人は「条約」「協定」「協約」をしばしば混同して用いる)は国家間の協商ではなく権力間の野合だったのであり,これにより犠牲者と遺族らは新たな苦痛に苛まれて来たのです」
 太平洋戦争犠牲者遺族会のヤン・スンイム(60・女・写真)会長は17日,韓日協定文書公開に関連して「協商過程で韓国人犠牲者遺族と被害者の個人請求権そのものはもとより論議の対象に上りもしなかったことが明らかにされた」として「遺族会はもちろん,全国民の声援を通じて最小限被害者補償についてでも再協商を何としてでも引き出す」と表明した.
 ヤン会長は日帝時代に徴用された義父を訪ね,冷や飯食いの憂き目を見る遺族らを見て,1973年に遺族会発起理事に参与,30年余りにわたり犠牲者の名誉回復と被害補償の問題に携わって来た.彼女は特に韓国政府が犠牲者の対日個人請求権を黙殺したことについて「昨年 北日頂上会談(訳註:日朝首脳会談のこと)に於いて日本が10名の自国民拉致被害者問題を最大議題に掲げたことを考えると惨憺たる思い」だと述べた.
 ヤン会長はまた,遺族会が1991年に日本政府を相手取って提起した「韓国人犠牲者補償請求訴訟」について昨年日本の最高裁判所が決定を下したことを挙げ,「日本という国が野蛮国であり非人道的集団であることを明白にした事例」だとして「日本はもちろん,韓国政府を相手に被害補償訴訟を展開して行く」意思を表明した.
 遺族会はこれに伴い,戦後日本が今なお送還していない戦災犠牲者の遺骸の90%について 遺族の為の被害補償訴訟を準備中であり,現在関係者らから申告を受け付けている.遺族会はまた,韓国政府を相手取って70年代政府保証金を受け取れなかった人々の為の訴訟,未払い賃金・供託金返還請求訴訟,厚生年金返還請求訴訟も準備中であることを明らかにした.
 ヤン会長は「太平洋戦争は過去史ではなく,現在進行中の我々の民族史」だとして,最近 日王(訳註:韓国ではしばしば天皇を貶めてこう呼ぶ)訪韓および韓日過去史の議題排除方針を明らかにした盧武鉉大統領の発言について「日王が訪韓するなら体を張って阻止する」と述べた.
 ヤン・スンイムといえば,昨2004年の終戦記念日にソウルで日韓基本条約撤廃デモなどやっていた気違い婆さんですね.気に入らないものは何でも無効にしてくれる「魔法のローソク」は,何も当世の所謂386世代の占有物ではないらしい.
 上で「国家間の協商ではなく」と平気で言っていますが,仮にも両国政府間で批准書まで交わした条約というものの重みが全く分かっていないらしい.「権力間の野合」などという発言が,日本より先に自国の国家としての威信をどれだけ損なうか,おそらくこの人は考えてみたこともないのでしょう.
 それもそのはず,同じく「散歩道」さんのこちらの記事のソースでは 日韓基本条約どころか日本そのものを指して「日本は国家ではない」と言い切っています.こういう人物の言うことをまともに取り合う必要があるとも思えませんが….
 上の共同の記事にある
公開の直接の契機は、韓国の市民団体が起こした行政訴訟だ。
というのは こういう手合いのことを言っているのでしょうけれど,実際問題 こんな「私の愛憎の情こそが法律」みたいな考え方しか持たない人々を相手に「日韓基本条約締結時に 個別補償相当分まで韓国政府が一括して受け取ってしまった後なので,今さら韓国国民が日本政府に個別補償を求める法的根拠が無いこと」を理解させることが盧武鉉政権に出来るかどうか,甚だ疑わしい.
 ついでながら,「日王が訪韓するなら体を張って阻止」してくれるのだそうですよ.有難い話ではないですか.「日韓友情年」なるものが喧伝される最中の韓国側からの天皇訪韓要請など,盧武鉉の下心が何処にあるかは一目瞭然.あのお人よしの明仁天皇が韓国で要らぬ「お詫び」など口にすることの無いよう未然に訪韓を食い止めてくれるというのですから,バ×と鋏は使いよう.

 私としては 上の共同の記事のような「情報開示」を 韓国には大いにやってもらえばよいと思っています.それが日韓いずれの首を先に絞めることになるか,楽しみにしていればよい.
 およそ外交交渉に当事者間の隠し事などは付き物でしょうが,かといって 少なくとも上のヤン・スンイムみたいに「再協商せよ」などと言い出す日本人は そうザラにはいないでしょう.(もっとも,いればいたで面白いことになりそうですが.交渉やり直し,「賠償」の問題も仕切りなおしとなれば,当然 日本が朝鮮に残した官民の資産に関する賠償請求も こちらから持ち出すことになりますが,その辺の損得勘定は韓国人の頭の中には一片でもあるのでしょうか.日本にそこまでやる根性など無いと多寡を括られているのだとしたら笑い話にもなりませんが.

 ただ,冗談抜きに心配なのは,もしも将来日本が北朝鮮と国交樹立──私は拉致問題や核開発問題の解決いかんに関らず国交樹立には反対ですが──した場合,それが日韓基本条約の「大韓民国政府を朝鮮半島唯一の合法政府と認める」という条項に抵触することになるという点です.どうも 北朝鮮からは「経済協力という名の賠償」をふんだくられ,のみならず韓国からも「イルボンはウリとの間の条約を一方的に反古にしたニダ」「だから賠償の問題も仕切り直しニダ」とか何とか言い出されて,またぞろ田中均テイスト満載の外務官僚が日本国民の血税を気前良くどぶに捨ててしまいそうな予感.

----
 おまけ.そういう当事者間の隠し事が露見しないかと恐れおののく韓国人と,死なばもろとも式に脅迫のネタにしてしまう韓国人の違い.以前読んだ某暴露本から.
 封印された犯罪的行為について,私が今でもときおり思い出す秘話がある.(中略)その時期は,韓国のソウル地下鉄建設への資金協力がらみの一大疑惑が,わが国の国会を揺さぶっていたときでもあった.すなわち,日本の円借款で韓国政府が購入した地下鉄車両の価格が不当に水増しされ,その差額が韓国の朴正熙政権と日本の自民党政権にキックバックされていたのではないかという疑惑である.
  (中略)
 そんなある日,武藤利昭経済協力局長のところへ,警察庁の幹部が訪れてきた.その幹部は武藤局長にこう話した.
「警察庁としても資金の流れを調べるべく,東京の韓国外換銀行(韓国企業を対象にした韓国の為替銀行)の書類を調査していたら,ある期間の記録がすっぽり抜けていることを発見しました.その理由を質そうとしたら韓国外換銀行の幹部が,『これ以上調査をすると,自民党政権が潰れるようなことになるかもしれませんよ』と脅迫まがいの対応をしてきました.われわれはこの話を大臣に上げて,今後の対応ぶりを協議することにしていますが,念のために外務省のお耳にも入れておきたくて参りました」
  (中略)
 わが国の韓国に対する資金協力が,かつてはかなりの不透明性をもって政治的に決められていたことは,関係者の暗黙の了解事項である.それを知りうる立場にある人間はごく限られており,闇から闇へ葬られた事実も数多く存在するはずだ.
 私が地価の書庫で資料を漁っているとき,昔のファイルに眠っていた一通の公電にたまたま目が留まった.在韓の日本大使館から本省にあてられたその電報には,「資金協力が日本から得られなかったら,私の政治生命はおろか身の安然も脅かされます」と韓国の高官が生々しく述べている個所もあった.
 闇の世界のとば口を見る思いがした.
天木直人,「さらば外務省!」,講談社,pp.116─118
 一歩進めて,表舞台では対日強硬姿勢一点張りに見える韓国の議員も 裏ではこんな風に泣きが入っているのかな,と想像してみたり.
[PR]
by xrxkx | 2005-01-18 03:00 | ここが変ニダ韓国人