【李登輝前総統訪日】 上から下まで嘘で出来た大陸
 台湾の李登輝前総統に日本政府が発給したビザの件で,中共は昨日(12/22)あたりから「発給を取り消せ」を引っ込め,「訪日中に政治活動をさせるな」に主張をトーンダウンさせている由.とはいっても,外交部の劉建超(例の章啓月がベルギー大使だかに転出したので,その後釜)の発言などは 相変わらずで,幾つか見てみると
中日関係は中国の努力次第だけではない 外交部 ─人民網 12/22
日本の李登輝氏への訪日許可は、中日関係に損失を与えるだろう。中国は一貫して善隣友好の外交政策を実行しているが、中日関係の順調な発展の可否がすべて中国側の努力にかかっているわけではない。われわれは日本側に対し、台湾問題や歴史問題など敏感な問題で正確な決定を行い、正確な政策と立場をとり、中日友好の大局の保護という視点から問題を適切に処理することで、経済貿易を含む各分野での中日協力を引き続き発展させるよう求める。これは中日両国いずれの人民にとっても利益になる。
 いやはや.一方で日本の地下資源を盗もうと次々に手を打ちながら,一方で「話し合いによる平和的解決」なる空念仏を繰り返し,しかも まともに交渉のテーブルに就こうともしない(例えば春暁鉱区の海洋調査に関するデータ提出拒否)というのが,支那人にとっての「善隣友好」であるらしい.
 それから,先月の原潜なども,あれは日本との「善隣友好」の使者のつもりで領海侵犯して来たのでしょうかね? だったら一目散に逃げなくてよいのにね.:p

李登輝氏への訪日ビザ発給に強い不満 外交部報道官 ─人民網 12/22
日本政府は中国政府の厳重な申し入れと確固たる反対を顧みず、李登輝氏の訪日による(台湾の)分裂活動を許可することに固執した。中国政府はこれに対して強い不満を表明する。われわれは日本政府にこの過ちを是正するよう再度求めた。李登輝氏の今回の訪日の政治的意図は非常に明確であり、つまり国家を分裂させる活動のために後ろ盾を探し、外部環境を整えることであり、日本側もこのことをはっきりとわかっているはずだ。
 はて.分かりませんね.台湾が目指しているのは「国家の分裂」でも何でもありません.国府軍によって不当に占拠されたままでいる台湾を,《台湾人の,台湾人による,台湾人の為の台湾》に正すというだけの話ですから.
 で,人民網のHP,外交部のコメントだけでは 自国が横車を押しているのがバレバレで 心細かったのか,御丁寧にも韓国メディアまで引っ張り出して来て「過去の清算」を叫ぶ始末.しかも結びには「補償」の一言を入れるのを忘れない,この周到さ.
 まぁ,言わせておけばよい.支那人や朝鮮人にとって 歴史問題とやらがユスリタカリのネタでしかないことを 彼ら自身が証明してくれているわけですから.彼らが ああやって他国の教科書問題にまで平気で嘴を突っ込んで来るのは,将来そういう安っぽいユスリタカリの手口に引っ掛からない日本国民が出て来ると困るからだということです.
 今まで何度となく書いて来ましたが,韓国との補償の問題は日韓基本条約締結時に解決済みです.中共についても,日中共同声明に於いて中共は対日賠償請求権放棄を宣言しています.
 第一,一昨日も書いたように 中共が台湾領有権を主張する根拠は「中華人民共和国は中華民国の全ての権利を継承した」という考え方に基づいているわけですが,その一方で 中華民国がかつて諸外国との間に結んだ条約や協定などによって生じる対外的責務や制約のほうは 中共は知らぬふりを決め込み,さっぱり「継承」しようとしないわけです.
 例えば,日華平和条約に於いて中華民国が対日賠償請求権を放棄した事実が既にあったわけですから,その継承者を自称する中共が 日中国交「正常」化交渉に於いて 対日賠償請求を蒸し返す権利など無いのは当然のことです.その辺が支那人の頭ではどうしても分からないらしい.
 のっけから脱線してしまいました.話を「ビザ発給取り消し要求」を引っ込めたことに戻しますが,支那人という生き物の習性が,この一事を見てもよく分かるでしょう.こちらが少しでも譲歩を見せようものなら 際限なく付け上がるが,こちらが強い態度に出れば主張を引っ込めるのです.基本的に「はじめにハッタリありき」というのが支那人にとっての交渉ごとのイロハです.
 「政治活動をさせるな」発言にしても,あれはハッタリが通用しないと見た際の支那人の常套手段.要は ああいう注文をつけて見せることで 対外的には外交上の面子を保ち,自国民向けには「日台に押し切られた」というイメージを持たせないよう体裁を取り繕っているに過ぎない.
 補足.むろん,こうした支那人の態度は何も対日外交に限ったことではありません.台湾に対しても同様.支那人が壊れた蓄音機の如く「台湾独立に反対する」だの「分裂主義を許さない」だのと喚き立て,「武力に訴えてでも『台独』を阻止する」というポーズを取っている間は,台湾はむしろ安全です.本当に事を構える用意がある時は,支那人は黙って実力行使に出ます(かつてチベットやベトナムに対してそうしたように).
 とはいえ,「訪日中に政治活動をさせるな」というのも,これはこれで れっきとした内政干渉なのですから,本来なら日本政府としても「私人だから」「観光目的だから」といった不要の言い訳に終始していてはいけないのです.
「日本は法治国家であり,基本的人権である言論の自由を政府がみだりに制限することは平和憲法の精神に反する」
くらいのことは言ってやってよい.──私自身,日本にこのような《主権国家としての不具》をもたらした《去勢憲法》を称して「平和」憲法などとは片腹痛いこと夥しいのですが,何しろ支那やら朝鮮やらは 例えば「日本の再軍備」だ「軍国主義の復活」だと騒ぎ立てる時には必ずあれを持ち出して来るので,そういうのを逆手に取る意味で.

 法治国家といえば,「酔夢ing voice」の昨12/22の記事で知ったのですが,石原都知事が記者会見で中共の態度を評して
「みっともないね。何のつもりでああいうところ出てきて言うのかね。日本は法治国家ですよ、独立国ですよ」
と言ったとか.このことは台湾でもいち早く報じられていて,
中國召日本大使抗議發給李登輝日簽 石原︰中國實在不像話 ─自由時報 12/23
〔駐日特派員張茂森╱東京二十二日報導〕東京都知事石原慎太郎二十二日就中國強烈抗議日本政府發簽證給李登輝的問題表示,「中國的動作太不像話了」。他強調日本是法治國家,李登輝是私人身分,日本發簽證給他是當然的

  石原慎太郎在今天上午的記者會上回答記者的問題時表示,中國強烈抗議日本的動作「實在太不像話了」。他指出,日本是法治國家,不是中國可以干涉的,李登輝已完全離開公職,具私人身分,日本依法發簽證給他是當然的。
という感じ.本来なら これくらいのことは外相に言っていただきたいところです.
 何でこんなことを言うかというと,外相が国会議員らに李登輝氏との面会を自粛するよう要請したことについて,前回
(前略)まだ分からなくもない.こちらから出掛ける分には いつでも行ける訳ですから,わざわざ支那人に言いがかりの口実を与えるまでも無いでしょう.(後略)
と書いたものですから.で,若干の自己批判の意味も込めて補足しておくと,
「(李氏には)政治活動は困ると申し上げている。(議員が)会いに行くのは厳禁だ」
というのは厳密にはオカシイわけです.行政府に属する外相が,外務省職員に対してなら いざ知らず,立法府に属する国会議員らの活動に制約を課する権限など無いわけですから(それで一自民党員の立場から自民党議員らに言うという形を取っているのだろうけれども).
 第一 それ以前に,外相たるものの務めは,自国の議員らを抑えることではなく 日本の外交的イニシアティブ,ひいては主権国家としての日本の尊厳と権益を守ることにあるわけです.内向きの小細工よりも 外への押し出しのほうが重要です.

----
 さて,ビザ発給取り消しが無理と見た後も,中共は 相も変わらず 手を変え品を変え 対日非難・牽制を続けており,むろん今後も続けるでしょう.そんな中での ちょっと変わった趣向のニュースを ひとつ.上の自由時報の記事の 下のほうに,こんなのがありますね.
〔駐日特派員張茂森╱東京二十二日報導〕新華網二十二日在「日政府發放李登輝簽證,日華僑華人發表抗議聲明」的報導中說,「在日僑團,包括東京華僑總會發表聲明抗議日本政府發簽證給李前總統」,東京華僑總會會長黃宗敏今天發表聲明指出,「這是新華社的假新聞」。

黃宗敏稍早透過日文電子新聞媒體「台灣之聲」發表聲明,否認新華社報導,並且歡迎李登輝前總統訪日,同時對日本政府發簽證給李登輝表示謝意。

今年八月雅典奧運舉行時,台灣的跆拳道選手陳詩欣在得金牌時說,「這一面金牌屬於所有的台灣人」,但是中國的國營通訊社新華社卻硬拗成,「這枚金牌是屬於中國同胞的」。

----
 新華網が22日伝えた「日本政府,李登輝にビザ発給 日本在住華僑らが抗議声明を発表」という報道の中で,「在日華僑団体(東京華僑総会を含む)が声明を発表し,日本政府が李前総統にビザを発給したことに抗議した」と伝えられたことに対し,東京華僑総会の黄宗敏会長は今日声明を発表し,「これは新華社による偽ニュースだ」と指摘した.
 黄氏は日本語の電子メディア「台湾の声」を通じて発表した声明の中で,新華社の報道を否定するとともに,李登輝前総統の訪日を歓迎し,日本政府が李登輝氏にビザを発給したことに対し感謝の意を表明した.
 今年8月のアテネ五輪で,台湾のテコンドー選手・陳詩欣さんが金メダルを獲得した際の「この金メダルは全ての台湾人のものだ」という発言を,新華社は「この金メダルは中国同胞のものだ」と改竄して報道した経歴がある.
ここで言っている「ニセの抗議声明」というのは おそらく ↓コレのこと.
李登輝来日について抗議声明 日本華僑華人聯合総会 2004/12/21

ついでに↓こんなのも.どちらも中共の駐日大使館のサイトから.
李登輝の来日に反対する声明(2004/12/21) 東京華僑総会、留日台湾省民会

…と まぁ,日本在住の台湾人までが李登輝前総統訪日に反対していることになっているらしい.国営通信社ともあろうものが,こういうデタラメを平気でやるわけです.「台独」叩きやら対日非難やらの為とあらば.
 特に 陳詩欣選手の発言の改竄などは 何だかどこぞのインチキ支那人の「from taiwan」事件を思い起こさせますが(笑),事ほど左様に支那人という生き物は上から下まで嘘つきだらけ.彼らにとって嘘は恥でも罪でもなく武器である,というお話デシタ.
[PR]
by xrxkx | 2004-12-23 16:55 | 台湾建国によせて