盧武鉉に抗議メールを送ってみた
 昨12/18に見た 日韓首脳会談(12/17)後の記者会見で,盧武鉉が拉致被害者家族のことを「遺族」と呼んでいたのが どうにも不愉快でならないので,青瓦台に抗議のメールを送ることにしました.
(記者会見の模様の概略は首相官邸のHPで読めます

----
◇ 「私も送ってみよう」という方へ ◇

 大統領宛のメールは 青瓦台のHPの こちらのページから送信できます.
 フォームの入力欄は 上から順に 「氏名」・「メールアドレス」・「題名」・「本文」.その下のボタンは 左が「確認」,右が「取り消し」です.韓国語が出来なければ英語でも日本語でもOKだと思います(文字化けの心配は まず無い).

注意) 「氏名」欄にハングルが含まれていないと JavaScriptでハネる仕掛けになっているらしい(漢字だけで書いたら「記入漏れ」と言われて2度失敗した)ので,名前の前に「일본국민」(日本国民)とか何とかをペーストするとよいでしょう.
 それから,言うまでも無いことですが,くれぐれもイタズラメールを送らないように!



◇ 送ったメールの中身 ◇
항의: 피랍자 가족은 "유족"이 아닙니다


大韓民國 盧武鉉大統領閣下,

지난 12月17日에 열린 日韓頂上會談後의 共同記者會見의 模樣을 잘 보았습니다.

北核問題, 또 拉致問題 解決을 爲한 日韓雙方의 方案의 差異,
그리고 歷史認識에서의 雙方의 意見對立에 對하여서는
敢히 여기서 말씀드리지 않기로 하겠습니다.

그러나 記者會見 가운데서의 어느 記者의 質問에 對한
大統領閣下의 回答에 對하여서는
저는 하나의 日本國民의 立場에서 苦言을 드려야 합니다.

回答 가운데서 大統領閣下께서는 몇차례에 걸쳐
被拉者家族 여러분들을 "遺族"이라는 表現으로 부르셨습니다.

이것은 마치 大統領閣下께서
"被拉者들은 이미 다 死亡하였다"는 北朝鮮 犯罪集團의 主張을
無條件 信用하여 代辯하고 계시는 듯한 表現이라고 하지 않을 수 없습니다.
이러한 發言에 依하여 被拉者家族 여러분들은
새삼스레 마음에 상처를 입게 된 것입니다.
大統領閣下께서는 그 自覺이 있으신 것일까요?

혹시 大統領閣下께서는
韓國 國內에도 적지않아 계시는 被拉者家族 여러분,
그리고 6・25 動亂으로 생긴 離散家族 여러분에 對해서도
이와 같은 "遺族"이라는 말을 쓰시는 것일까요?

犯罪集團인 北朝鮮 當局者들이 세 차례에 걸친 日北交涉에도
"被拉者 死亡"에 對하여 아무런 證據能力이 없는 가짜 資料밖에
提出하지 못하고 있는 것을 보아,
被拉者家族 여러분을 비롯한 日本國民들은
被拉者들이 只今도 살아 있다는 確信을 깊게 하고 있습니다.

우리들의 所願은 결코 "진짜 遺骨 奪還"이 아니라,
"모든 被拉者들을 卽刻 日本으로 生還시킬 것"입니다.
그와 마찬가지로, 우리들이 大韓民國 政府 및 國民들에게 要請하는 것은
결코 "遺族"들에 對한 "慰勞"의 말이 아니라,
被拉者 救出을 爲한 日本政府 및 國民들의 努力에 對한
友邦으로서의 協助인 것입니다.

大統領閣下께서는 제발 이 點을 充分히 理解하여 주시고,
記者會見中에서 쓰신 "遺族"이라는 表現을 正式撤回하시고,
모든 日本國民들, 特히 被拉者家族 여러분들 앞에서
大韓民國政府 및 國民을 代表하여 正式謝罪하시도록 促求하는 바입니다.

-----------------
抗議: 拉致被害者家族は「遺族」ではありません


大韓民国 盧武鉉大統領閣下,

さる12月17日に行われた日韓首脳会談後の共同記者会見の模様を拝見致しました.

北核問題・拉致問題への取り組みに関する日韓双方の考え方の違い,
また歴史認識に対する双方の意見の対立については,
敢えてここでは申し上げないことに致します.

しかし,記者会見での 某記者の質問に対する 閣下のご回答について,
私は一人の日本国民の立場から苦言を呈させていただかずにおれません.

回答中,閣下は幾たびも拉致被害者家族の方々を「遺族」と呼んでおられました.

これは あたかも閣下が
「拉致被害者は既に死亡した」という北朝鮮犯罪集団の主張を
無条件に信じ,代弁しておられるかのような表現と言わざるを得ません.
こうした発言によって,拉致被害者家族の皆さんは
改めて心に傷を負っています.
閣下には その自覚がおありでしょうか.

あるいは閣下は
韓国国内にも少なからずいらっしゃる拉致被害者家族の皆さん,
また6・25動乱によって生じた離散家族の皆さんに対しても
このような「遺族」という表現をお使いになるのでしょうか.

犯罪集団・北朝鮮当局者らが みたびにも及ぶ日朝交渉に於いて
「拉致被害者死亡」について 何ら証拠能力の無い 贋の資料しか
提出できずにいるのを見て,
拉致被害者家族の皆さんをはじめ 日本国民は
拉致被害者が今も生存しているという確信を深めています.

私たちの願いは 決して「本物の遺骨を取り戻すこと」ではなく,
「全ての拉致被害者を ただちに日本に生還させること」です.
同様に,私たちが大韓民国政府および国民に求めるのは,
決して「遺族」への「慰労」の言葉ではなく,
拉致被害者救出の為の 日本国政府および国民の努力に対する,
友邦としての協助なのです.

大統領閣下には 何卒 その点を十分にご理解のうえ,
記者会見中にお使いになった「遺族」という表現を正式に撤回なさり,
全ての日本国民,特に拉致被害者家族の皆さんの前で
大韓民国政府および国民を代表して正式に謝罪なさるよう求めるものです.
※これだけ漢字を多用してあれば Naver韓国人らには読めまい :p
[PR]
by xrxkx | 2004-12-19 17:06 | 時事ネタ一般