【対北経済制裁】みなさん 慌てる方向が違ってマス
 対北経済制裁についてのアーミテージ発言報道を 12/14~15にかけて追い掛けていました.
 13日の小池氏との会談中にアーミテージが言ったのは,あくまで
「やるなら『いつ,どうやってやるか』をよ~く考えたほうがいいよ」
というだけの話で,どこをどう見ても「アメリカは経済制裁に消極的」とは取れない.バウチャーとかケリーとかも「やるかやらないかは日本が決めること」と言っているだけ.日本の立場を支持するとの姿勢は崩していない.
 結局,どうもあれは共同あたりが仕組んだガセか,どう好意的に見てもフライングだったようだというあたりまで追い掛けて,急に馬鹿馬鹿しくなって やめました.

 日本が経済制裁を行うかどうかは 別にアメリカさんに決めてもらうことでも何でもないのです.まず,慎重論の立場に立つ人々には
「喧嘩の度にそうやって一々他人の顔色を窺うのは およしなさい」
とだけ言っておきたい.一方で,制裁推進派でありながら 上のような米政府高官の発言ひとつに一喜一憂している人々にも,
「ではもし本当にアーミテージをはじめアメリカ政府高官が日本の経済制裁発動に消極的だったとしたら 日本は経済制裁を引っ込めろとでも言うのか」
と問いたい.これで もし,米政府高官が どこかの人さらい民族の真似をして
「アメリカの同意無しでの対北制裁発動は アメリカへの宣戦布告と見なす」
とか何とか言い出したのだったら ともかく,単なる慎重論なら意に介するに足りません.ましてや
「実際にやるとなると大変」
「タイミング・方法に工夫の余地がある」
くらいのことを言われただけで一々右顧左眄しているようではいけません.
 これは何も北朝鮮のような犯罪集団を相手にする場合に限ったことではなく,そういう足元の揺らぎを諸外国に見せること自体が
「日本を動かそうと思ったら 日本の頭越しにアメリカに話をつけたほうが早い」
という侮りを受ける原因になります.

 経済制裁は,何を差し置いても《日本が主権国家として全世界に示すべき,「国民の生命の安全を侵されたまま黙ってはいない」という毅然とした意思表示》でなくてはなりません.こういうことを言うと 「対北強硬論者の自己満足」だとか何だとか言い出す手合いがいるものですが,上述のところが揺らいだままで 拉致被害者全員の奪還などあり得ません.それくらい腹を括って見せることも出来ない優柔不断な政府なら,そんな国を一体世界中の誰が支持してくれますか.

----
 アーミテージのことは放っておいてよいとして,そんなことより気になるのは 前にもこちらこちらで触れた 民主党の「日本版・対北人権法案」が その後どうなったのかという点です.つい先日も下のようなニュースが流れていましたが,
民主党:脱北者保護は国の責務 北朝鮮人権法案固まる ─毎日 12/14
 民主党の北朝鮮問題プロジェクトチーム(中川正春座長)は13日、「北朝鮮人権侵害救済法案」(仮称)の骨子案をまとめた。脱北者の保護や定住支援、拉致被害の全容解明を「日本政府の責務」と規定。北朝鮮への経済支援などの可否を判断する基準として(1)支援目的(2)拉致問題への対応(3)人権侵害の状況--の3原則を示した。次期通常国会提出を目指す。

 骨子案は脱北者に対し、原則として定住者としての在留資格を与え、職業や日本語教育などの支援を行う。脱北者を支援する民間団体への財政支援や情報提供も行うとした。拉致された可能性の高い「特定失踪(しっそう)者」について、政府内に調査機関の設置も盛り込んだ。

 民主党は同日また、北朝鮮への未実施の食糧支援凍結などを求める決議を細田博之官房長官あてに提出した。【田中成之】
 どうやら 前回述べたような
「民主党は単に『脱北者の受け入れは日本にお任せ下さい宣言』で四方八方によい顔をして見せたいだけなのではないか」
という懸念は 杞憂では済まなくなりそうです.脱北者の日本永住をサポートすることを主眼に置いた人権法案など,拉致問題の解決からはあまりにも懸け離れている.北朝鮮へのプレッシャーよりも,日本に跳ね返ってくるダメージのほうが 遥かに大きくなってしまいます.これでは話になりません.
 ちなみに,この人権法案の詳細が民主党のHPに上がって来るのを 私は先月末から ずっと待っているのですが,さっぱり出て来ませんね.
[PR]
by xrxkx | 2004-12-17 18:54 | 時事ネタ一般