潜水艦が逃げたぞ♪ ←しつこい
 一連の潜水艦騒動も第一幕はそろそろ終了.この文章を書いている21:20現在,
「当該艦,日本のADIZ外へ(07:10頃)」
「日本政府,当該艦が中国海軍の艦であると断定」
海上警備行動打ち切り (15:50)」
「町村外相,駐日中国公使を呼んで抗議」
というところまで来ている由.舞台はいよいよ軍事から外交に移ることになります.今のところ中共は
章啓月
「中国側は関連報道を確認、この件について注視している。関連部門に状況に対する研究も進めている」
「そのほか、提供できる情報はない」(以上サーチナ)

曽慶紅・曹剛川
「関心を持ち、調査している」(以上 時事)

曹剛川
「問題を拡大しないように処理したい」(以上 共同)
と,一昨日と異なり「調査」にまで踏み込んだ言及はしているものの,しらばっくれる意欲満々の様子.ここまでのところを見る限り,日本の詰め寄り方は一応合格点と言ってよいかも知れません.
# もっとも,昨日も書いた「本当ならさっさと沈めてしまうに越したことは無い」という私の持論は今も同じですが,それには取り敢えず 海上警備行動くらいは首相の了解なしで防衛庁長官の一存で発令できるよう,さらなる法制上の簡素化を先にやっておかないと行けないでしょうし.
 ともあれ,今回の一件は 海自や防衛庁関係者にとっては大いに追い風になってくれることでしょう.昨年からやっている中期防で予算をばっさり切られそうな瀬戸際にいるだけに,その辺のところは上手にやって欲しいものです.モノになるかどうか分からぬMDに予算を集中配分しすぎて通常戦力がおろそかになることだけは避けて欲しい.「機動力重視」のラムズフェルド・ドクトリンとやらを見習うのも結構ですが,その前に ゲリラ掃討戦の露払いくらいにしか役立たないような半人前軍隊に自衛隊をしてしまってはならないと思うのです.
 もちろん,「いま日本周辺の海域(どころか島の一部も,だ)が周辺国によってどれだけ危険な状態に置かれているか」を国民に向けてもっともっと強くアピールするのもお忘れなく.

 ひとつ気になったのは,今日(11/12)の衆院外務委での町村外相の発言の伝えられ方.
首相靖国参拝が阻害要因 日中関係で外相 ─共同 11/12 13:28
(この記事は 13:17に既に配信されていた別バージョンを差し替えたものらしい.最初のは読み損ねた)
 町村信孝外相は12日午前の衆院外務委員会で、日中両国首脳の相互訪問ができない現状について「最大原因は小泉純一郎首相の靖国神社参拝問題にあるのは明確だ」と述べた。町村外相が首相の靖国神社参拝について日中関係の「阻害要因」との認識を示したのは極めて異例だ。
 同時に外相は「参拝を続けるから日中関係はもう駄目だとはならないし、ならないために外相、外務省の仕事がある」と述べ、相互訪問再開に努力する考えを強調。今月下旬にチリで開くアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議を利用して、首相と胡錦濤国家主席が会談できるよう調整しているとも述べた。
と,朝日が泣いて喜びそうな標題がついているものだから,最初は我が目を疑いましたが,何のことは無い.要するに中共が靖国参拝に難癖をつけて外交問題化している事実を言っているだけで,「だから靖国参拝は控えたほうが」とか何とか言っているわけでは全然ないのですからセーフでしょう.(共産主義通信も何でこういう標題の付け方をするかなぁ).
 むろん,何故またよりによってこんな時期に靖国発言なんぞが飛び出したのかという疑問はありますが,おおかた中国マンセーな何処ぞの野党の先生に水を向けられたのを撥ね付けただけのことでしょう.ちなみに,同じ発言について,時事は次のように遥かに穏当な報じ方をしていました:
靖国参拝、小泉首相の判断に委ねる=町村外相 ─時事 11/12 13:02
 町村信孝外相は12日午前の衆院外務委員会で、中国側が反発している小泉純一郎首相の靖国神社参拝について「首相という重い立場で慎重に考え、思いをめぐらせた上での行動だと思う。最終的に参拝するかどうかは、首相の判断に委ねるしかない問題だ」と述べた。 
 共同通信といえば,昨日から今日にかけては潜水艦絡みでいつもにも増してフライング報道が目立ちました.特に件の潜水艦が日本のADIZを抜けたときなどは
  • 潜水艦、防空識別圏外に 海自、追尾は続行(共同通信) (12日8時16分)
  • 潜水艦、防空識別圏外に 海自、追尾は続行(共同通信) (12日8時21分)
  • 潜水艦、防空識別圏外に 海自、追尾は続行(共同通信) (12日10時28分)
  • 潜水艦、防空識別圏外に 海上警備行動の解除検討(共同通信) (12日11時28分)
と4つも立て続けに削除(11/12 17:49現在).どうもこの通信社は日本が「過剰防衛気味」とか「専守防衛の原則を逸脱」とか,そういう方向で記事を書きたがっては駄目出し,ということを繰り返しているように見えてならない.何とかならないかしら.

----
11/16 追記.上述の衆院外務委での町村発言について,録画からテキスト起こしをしていらした方を見つけましたので リンクしておきます.まぁ「中国側がイチャモン付けるから話がこじれる」と言いたかったのだろうな,というところまでは予想通りなのですが,それ以前に「阻害要因」などとは町村外相は一言も言ってないようですね.
[PR]
by xrxkx | 2004-11-12 21:50 | ◆ 支那原潜領海侵犯事件