【韓国核開発疑惑】ウリも偉大な将軍様の教示に従ってはどうニカ?
 今日のお昼に読んだニュースから.本当は潜水艦に夢中で(笑)韓国どころではないのですが.

●IAEA「申告漏れ」…「ボルトン米次官という未知数」が鍵 ─聯合 2004/11/12 10:54 (原文
(ソウル=聯合ニュース)イ・ギョジュン記者 = IAEA(国際原子力機構)が韓国の核物質実験について事実上の「申告漏れ」と判断したのに伴い,来る25日の理事会がどのような決定を下すかが注目されている.
 政府は一応は些細な「申告漏れ」であることから「大きな問題にはならない」という決着を内心は望んでいる.
 しかし,些細な問題であれ国連安全保障理事会への回付を通じて潔白を立証すべきだとする主張も国際社会の一角にはあり,状況は楽観し難いというのが おおかたの観測だ.
 国連安保理回付を主張している核心人物は,ボルトン米国務部 軍縮・国際安保担当次官で,同氏が米政府内で核不拡散についての政策を総括しており,アメリカのIAEA直接当事者であるという点に 問題の深刻さがある.
 ボルトン次官は先月下旬ワシントンでチェ・ヨンジン(崔英鎮)次官に対し「韓国側が潔白を示すには国連安保理回付も一つの方案だ」とする意向を伝えており,最近アメリカを訪問したイ・ジョンソク(李鍾奭)NSC(国家安全保障会議)事務次長にも同様に伝えたことが分かっている.
 ボルトン次官は特にIAEA理事国である日本にも「韓国の核物質実験は安保理で明確に解決するのが望ましい」とする意見を伝えていたことが知られている.
 従って,IAEA内部でのボルトン次官の影響力を考えれば,同氏がこうした歩調を続けた場合は25日の理事会で安保理回付が決定する可能性も無くはないという懸念が,政府内外から出つつある.
 ボルトン次官の所信(?)は,イランの核問題についての重要決定を前に 国際社会の核不拡散の問題を扱う上でのアメリカ政府の公正さをアピールし,「南北に二重基準を付き付けるな」とする北韓(訳註:北朝鮮のこと)の対米攻撃を避けようとする政治的意図に基づくものと見られる.
 特にイランの場合,IAEAの決議案を拒否していることから,25日の理事会で安保理回付が決定する可能性が高く,北韓が韓国の核物質実験に関する真相究明を6者会談の議題に載せるよう求めているだけに「差し込み」で含めるという意図ということになる(訳註:???).
 さらに英仏両国など一部の理事国からも,些細な「申告漏れ」もIAEAの義務不履行である以上は国連安保理に報告し,終結処理を行なうのが望ましいとする意見が出ているものと伝えられている.
 政府は一応,核物質実験自体が核プログラム開発(訳註:「核開発プログラム」の誤記か)ではなく単なる科学者らの好奇心レベルで行なわれたもので潔白である以上,最悪の場合に国連安保理に回付されたとしても 大きな問題は無いという立場だ.
 だが問題はこの件による波長(訳註:その他の事項に及ぼす影響)だ.
 政府は核兵器プログラム開発疑惑を受けている北韓・イランなどと一緒くたにされて 同様の扱いを受け,国際的な信頼を失墜させるのも問題だが,何より北核問題解決のための6者会談に否定的な影響を及ぼすことを最も懸念している.
 北韓は韓国の核物質実験が公開されるや,これについての真相究明を6者会談再開の条件として打ち出している.裏を返せば もしも韓国の核物質実験が安保理に回付された場合,北韓はこれを咎めて6者会談を拒否する可能性が大きいということだ.
 政府はこれに伴い,理事国35ヶ国が25日の理事会で査察団の報告書をもとに協議した後,特に問題無しと判断し,事案を終結させるよう持ち込む為,全方位的な努力を尽くす構えだ.
 一連の実験に 科技部はじめ政府当局が一部関与していたことが明らかになっている(産経 8日)というのに,まだ「潔白」とか言っています.ただ,1ヶ月前のパグウォッシュ会議の頃の威勢の良さとは打って変わって「安保理付託の可能性 かなり大」と見ている点,その半面で「たとえそうなっても大した事にはならない」とタカを括って(虚勢を張って?)いる点が以前と違いますが,それは置いておくとして.

 よく分からないのは,
安保理付託なら北朝鮮が6ヶ国協議を拒否
という箇所.はじめは「付託されなかった場合」の間違いではないかと思ったけれど,これで合っている.韓国としては,やましい事なく対北外交に臨むには この際 出るべきところに出て「潔白」とやらを証明(できるなら)してしまったほうが,交渉のテーブルに就くのを避ける口実を北朝鮮に与えなくて済むと思うのですが.
 というより,どちらかと言うと私などには南が北の時間稼ぎをわざわざ手伝ってやっているように見えてならないのだけれど,どうなのやら.例の北朝鮮の爆発事故なども「困っている南を今度は北がフォローするニダ計画」だと思って見れば妙に納得が行ったり.…まぁ,憶測でものを言っても始まらないけれど.

 ともあれ,次の理事会まで あと2週間近くあるのですから,エルバラダイ氏に対してやった(んだろうなぁ,たぶん)のと同じ手をボルトン次官にも試してみたら如何かと.─どんな手かって? それはもちろん

南版・喜び組による接待責めニダ <ヽ`∀´> ホルホル

※その他のキーワード:国際原子力機関
[PR]
by xrxkx | 2004-11-12 20:21 | ◆ 韓国核開発疑惑