海の向こうの「学問的『前畑ガンバレ』主義」
 これは或いは単に私が世事に疎いだけかも知れませんが,恥ずかしながら私は日本人のノーベル賞受賞者が今まで何人いたのか数えてみたことすら無く,この記事を書き始めるに当たって慌てて調べました.12人いるのですね.
 これをじっと横目で見ながら,海の向こうの かの国の人々が何を思っているかというと….

[オピニオン]ノーベル賞コンプレックス ─東亜日報 2004/10/17

 先ほど「rx178の最近気になる朝鮮半島」さんのところで知った記事なのですが,韓国人の偽らざる心情が見て取れます.ノーベル平和賞を受賞した金大中──実はその政権時代にIAEAに内緒でウラン分離実験をしていたのが暴露されましたが──の例しか無いことを,彼ら韓国人は 私たちの想像以上に引け目に感じているようです.
 同コラムにはイルボンのイの字も出て来ませんが,韓国人がノーベル賞を語るとき どうしても日本を意識してしまうらしいのは,私がその昔 韓国国内のチャットにたびたび潜入していた頃に遭遇した一般の韓国人たちの様子を見ても ありありと窺えました.曰く「韓国には日本みたいにお金が無いからノーベル賞を取れない」,曰く「韓国文学は韓国人以外には理解できないから国際的評価が低いのだ」….かの国の人々は 何故こうも他者との優劣を論じるのが好きなのか,と 正直言って辟易したものです.

 前置きはこれくらいにして,問題のコラムを読んで行きましょう.
 ところが、いくらほしいからといって便法でノーベル賞を受賞するわけにはいかない。にもかかわらず、韓国人は特有の気短さのため、ありもしない近道を探すために、あちこちに一生懸命顔を出したりもする。ノーベル委員会の関係者に顔を利かせるために、群がってスウェーデンに押しかけたり、五輪代表チームの強化訓練のように特殊機関を設立し、ノーベル賞を目指して研究させるべきだと主張したりもする。
 「関係者に顔を利かせる」って….

それ,インチキですから ヽ(゚∀゚ )ノ

「隣人が 溺れている子供を助けて表彰された.私も表彰されたいな.ヤラセでも良いから 誰か溺れてくれないかな.なるべくたくさんの人が見ている所で」
と言っているに等しい.努力する方向を完全に間違えています.韓国がノーベル賞受賞者を輩出していないこと自体は別に恥ずべきことではありません.賞欲しさになりふり構わぬ こうした姿勢こそが恥ずかしい.

 「強化訓練」についても同じです.ノーベル賞から脱線しますが,漫画やアニメ,ゲームなどの産業が単なるコドモ相手の商売のレベルを超え,巨大な国際市場を持つに至って以来,韓国では大学や各種学校などにその方面の人材を育てるコースを作るのに国が助成金まで出しているという話を 以前どこかで読みました.少なくとも私は漫画の描き方を学校で習ったような作家が書いた漫画など読みたいとは思いません.
このような異常な加熱気味に対し、韓国を訪れたあるノーベル賞の受賞者が口にした言葉がある。「ノーベル賞を目標に研究しては、決してよい結果が得られない。そして、科学研究の裾野が脆弱な状態で、ノーベル賞を受賞したところで、韓国の科学技術にどれくらい役に立つだろうか」

もっともらしい言葉だ。しかし、この大学者が知らないことが一つある。ノーベル賞が、少なくとも韓国人の胸に無意識的に刻み込まれている「ノーベル賞コンプレックス」を取り払うには効き目があるだろうということだ。
 要するに「ノーベル賞の一つも取って自信を付けたい」と言っているわけですね.かの国の最高学府たるソウル大の教授ともあろうお方が,です.
 ノーベルの遺言には,こうあります.
私の遺言執行者によって安全な有価証券に投資された資本で持って基金を設立し、その利子は、毎年、その前年に人類のために最大の貢献をした人たちに、賞の形で分配されるものとする。
 (中略)
賞を与えるに当たっては、候補者の国籍は一切考慮されてはならず、スカンジナビア人であろうとなかろうと、もっともふさわしい人物が受賞しなくてはならない…
 賞を与える側の思惑とは裏腹に,賞が欲しくて欲しくてたまらない人々のほうは「ウリナラにもノーベル賞を」という考えから自由ではいられないご様子です.
 このことは,「参加することに意義がある」はずのオリンピックを,──単なるお国自慢に留めておけば可愛げもあるものを──国威発揚の場にしてしまった かつてのナチス・ドイツや共産圏と 多少似ていなくもありませんが,おそらく 韓国人のノーベル賞観というのは,贔屓目に見れば もう少し悲壮かつ健気な「学問的『前畑ガンバレ』主義」の域を脱することが出来ずにいるのでしょう.百歩譲って かつての日本人にとって オリンピックの金メダルがそれに似た役割を果たした部分を認めるとしても,学術・文芸などの分野に於ける功績までをそうした日本人としての自信感だのプライドだのといったもののタネにしたいと思った日本人など どれだけいたか.
 このコラムを書いた教授先生ニムの頭の中に,「韓国人のプライドや自信感への貢献」の他に「人類の為に貢献」しようという理想が 一かけらでもあれば,韓国人が学術分野で未だノーベル賞を取っていないからと言って 彼らが何ら卑屈になる必要が無いことはお分かりの筈.従ってこういうコラムもお目見えすることは無かったでしょう.
 幸い(?)彼(彼女?)の専攻は物理だそうですので,望みはあるでしょう(これが数学だと「フィールズ賞」というのはあっても「ノーベル数学賞」というのは無いので大変かも知れませんが).大いに努力していただきたいものです.実力さえ伴えば そのうちチャンスは巡って来るでしょう.ともあれ自分を実際の身の丈以上に見せたがる変な虚栄心は捨てたほうがよい.
 同コラムは こう結ばれています.
しかし、われわれがいくらノーベル賞は受賞できなかったとはいえ、われわれの水準が外国人の顔色ばかり伺わなければならないほど最低のものではない。医学的にはコンプレックスを「隠された潜在的感情の複合体として、非正常な反応を起こす原因だ」と説明する。これからは、このコンプレックスを追い払い、あるがままを見れるほどは成熟すべきではないのか。
 「あるがままを見る」というのは,「韓国の学術水準はノーベル賞に手が届くには至っていないという事実を素直に認める」ということに他なりません.
 それが素直に出来るようになれば,「外国に比べて見劣りのするウリナラの学術」なんぞにいちいち引け目を感じずに済むようになるでしょう.学術というものの持つ全人類的意義を 国家だの民族だののプライドや自信感に従属させるような,そうした卑賤な学術観から解き放たれた国民大衆が育って来るのは そのあとの話です.
[PR]
by xrxkx | 2004-10-18 21:32 | ここが変ニダ韓国人