北朝鮮爆発「事故」 もう一本
● <北 両江道 爆発 鉄道事故 可能性> ──聯合ニュース 2004/09/12 14:55 (原文)
政府消息通が把握した事故の真相 (ソウル = 聯合ニュース) ヤン・ヨンフン記者

 政府は,北韓の両江道地域で発生した爆発事件がリョンチョン惨事の時と似た単なる事故である可能性について一応視野に入れている.
 事故が起きた場所は両江道キムヒョンジク郡で,北-中国境から10kmほどしか離れていない場所に位置しており,山に囲まれ鉄道が通っているものと把握している.
 従って北韓の鉄道の立ち遅れによるリョンチョン惨事の再版である可能性が高いということだ.
 政府消息通は「現在確実に把握しているのは,両江道地域で事故が起き,地面の揺れがあり,黒い煙が吹き上がったという程度」だとして,爆発による事故である可能性が高いと説明した.
 政府は現在,事故発生時刻は8日深夜または9日早朝だと見ている.一部で提起されている核実験の可能性については,事故発生3日後までアメリカ政府が何ら反応を示さなかったことから,現実性は殆ど無いものと判断している.
 被害規模に関連して,政府消息通は 今回の爆発がリョンチョンの時と同様の甚だしい被害には繋がらないものと一応の予想をしている.
 リョンチョンの場合,中国・丹東から新義州に繋がり北韓の内陸部を結ぶ物流の中心地であるのに比べ,今回の事故が起きた場所は山中にあって人々の往来が比較的少ないということだ.
 特に事故地域は海抜1500mの高地に位置しているとされ,居住民も多くないだけでなく,これといった経済施設も無く,爆発後に起きる可能性のある山火事などの被害を除いては経済的損失はそれほど大きくないものと見込まれる.
 政府関係者は「今回の事故の具体的な内容を詳しく把握するには もう少し時間が掛かるだろう」と述べている.


北朝鮮が核実験準備? 米大統領に報告と米紙 ──産経新聞 2004/09/12 12:14
 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は11日、米政府高官の話として、北朝鮮が最初の核爆発実験に向けて準備をしている可能性があるとの情報が、米情報機関からブッシュ大統領に報告されたと報じた。
 偵察衛星によって、複数の施設で核実験に必要な原材料の運搬などの活動が確認されたとしているが、実際に北朝鮮が核実験の準備をしているかどうかは情報機関の専門家の間でも見解が分かれているという。
 高官によると、核実験に使用されるのはプルトニウム型とみられ、北朝鮮が再処理を終えたと主張している使用済み核燃料棒8000本が使われた可能性が高いという。
 情報機関高官の1人は同紙に「北朝鮮が何か活動していても、それが即座に核実験を行うことを意味しない」と指摘。11月の米大統領選や北朝鮮の核問題に関する6カ国協議を前に揺さぶりを狙った北朝鮮側の脅しや交渉戦術との見方を示した。
 今回の情報は日本や韓国には伝えられていないという。
 北朝鮮は6月の米朝協議で核実験に踏み切る可能性に言及、その後7月にワシントンを訪れた北朝鮮高官は一転して核実験の意図はないと明言している。(共同)

[PR]
by xrxkx | 2004-09-12 16:21 | 時事ネタ一般