robert_bun氏に答える
 私が頻繁に読ませて頂いている「娘通信♪」さんのところで起きた ちょっとした論争(というほどのものでもないが)の続きを こちらでやります.よそ様のblogのコメント欄で 本文の趣旨から逸脱した論争をダラダラと続けるのが少々気が引けましたので.
 経緯については こちらをご一読あれ.

--------
価値観が違うのは確かにですが、今の日中文化交流と日韓文化交流でなんのためにあったのか、唯ファンのためにではなくお互いの価値間を理解するためにあったのですよ、
 先に断っておきますが,「理解」という単語は 意味が幅広すぎます.こういう単語は えてして詭弁を生みがちですので,よほど気をつけて使っていただきたい.
 日本人にとって,中国人の「価値観」を《熟知しておく》ことは必要ですが,それを《容認する》ことができるかどうかは全く別問題です.

 他国の領土を「あれは島ではなく単なる岩だ」などと勝手に言い出す国民(これは 中国も批准している国際海洋法条約への歴然たる違反行為です).
 人口20万人しかいなかった街で30万人が虐殺されたなどという嘘を平気で言う国民(しかも この数字が年々増えて行くのは何故でしょう.中国では人命にも利子が付くのでしょうか).
 さらには先日のサッカーアジア杯での民衆の狼藉ぶりと当局の無責任ぶりは未だ記憶に新しい.
 文明社会のルールや常識が通用しない相手との間に,お互いの価値観への「理解」など望むべくもありません.
何故アジアの重要な国、中国、韓国、反日の感情を高まるのが、唯中国、韓国の問題ではないでしょう、両方とも問題がある、それは確かです、
 では,日本側に どのような「問題」があると仰るのか,それを まず明確に述べて下さい.そこから話を始めましょう.どんな「問題」が飛び出すか,概ね想像は付きますが.:)
地政学からみると日本は島国であり、原料輸入国でもあります、周りの国との関係悪くなると、国益に損になるでしょう、
 その一方で,漢語には「遠交近攻」策という言葉もありますね.あとは言わなくてもお分かりでしょう.
 交通手段の発達した現代に於いて,地理的に近いか遠いかという問題は 他国を友とするか敵とするかの選択に 従来ほどの影響を及ぼしません.相手が信用するに足る,平等互恵の関係を築くに足る国なら,遠くても仲良くするでしょう.信用できない国なら,たとえ陸続きで接していようとも 敵は敵です.
中国について経済の開放と共に近い将来必ず政治開放への道に歩むだろう、
 それは中国人が自分で考えるべき国内問題です.中国が将来どういう国になるかは,現実に今まで発生して来た,あるいは現在発生しつつある日中間の懸案の処理方法に 何ら影響しません.
そう言うと目の前の利益を捨て国運営の常識、しかし今の中国の悪いところにしか見えないでと言う、韓国の悪いところしか見えないと言う、良いところ完全に無視されてしまって、客観的な結論が出せないんだよ、
 中国が日本のEEZを侵犯しているという事実,尖閣諸島への不法上陸を行なっているという事実,中国人の日本への不法入国または日本国内での中国人による犯罪が増加の一途を辿っているという事実,歴史教科書検定制度に対する露骨な内政干渉を行なっているという事実,etc, etc... こうした事実を,日本人は毎日のように新たに突きつけられている.
 「客観的な結論」を下す上で 何にも増して説得力があるのは,目の前にある こうした現実です.繰り返しますが,こうした現実を目の前にしながら,何の保証も無い「将来」に期待して「良いところも同じくらい見ろ」というのはナンセンスです.
今の時期で中国と組むのは確かに無理でしょう、しかし将来の日本について考えなければならない、
 上と同様.将来 もう少しマトモな国になった中国との関係への単なる先行投資だと割り切るには,現時点で日本が中国から被っている迷惑は あまりに高くつきすぎます.
「反日を国是とする国とは組めません」で言うと中国と韓国と北朝鮮やな、なるほど、じゃあ日本でアジアでどの国と友好関係を結びたいの?
 日本の助けを望み,日本に応えるに相応の貢献を以てする用意のある国となら,どことでも友好関係を結べるでしょうし,現にそうしています.
 日本が中国とそうした友好的な関係を築き得るかどうかは 中国の出かたひとつだということです.毎年膨大なODAを日本から受け取る一方で上のような狼藉三昧を働く国であり続ける限り,あなたが仰るような「友好関係」はあり得ません.
[PR]
by xrxkx | 2004-09-09 19:07 | 雑記