【証拠資料】 「娘通信♪」での robert_bun氏との遣り取りの全文
「娘通信♪」さんのところから.
ソースURL: http://musume80.exblog.jp/880362/



自民党、若手を100人が訪台・・外交路線の修正か?

☆自民、若手100人を台湾に派遣

 自民党は25日から青年局の国会議員と、
 各県連の若手約100人を台湾に派遣する。
 陳水扁総統や李登輝前総統との会談も予定している。
 訪問団は45歳以下の議員に限り、
 若手同士の交流を促進する狙いもある。
 国会議員と県連の合同海外研修は
 野党に転落する直前の1992年以来で、
 来年以降も継続する方針だ。

   (日経ネット)


自民党、中国寄りの姿勢を軌道修正か?

先のアジア杯といい、
東シナ海の海底ガス田の問題、
さらには数々の歴史絡みのいちゃもん。
自民党が中国にげんなりしてきてもおかしくはない。
媚中派の牙城だった橋本派の勢力衰退も大きいでしょうね。

これ、中国から圧力加えられて
取りやめなきゃいいけどね。
それが心配。


by misaki80sw | 2004-08-17 21:16 | 政経関連ニュース(国内) | Trackback(1) | Comments(6)

----

Tracked from 何でも書き書きエッセイ at 2004-08-27 11:16
タイトル : 李登輝前総統来日実現を!
尊敬する李登輝台湾前総統の9月下旬来日意向の朗報が昨日伝えられた。目的は奥の細道訪問。(9/25-29に台北で開催予定だった李登輝学校も延期された) 昨年9月台北で晩餐会に出席し李閣下のお話を伺うことが出来たが、その折も京大時代の同級生との再会や奥の細道訪問を強...more

----

Commented by 銀座のご隠居 at 2004-09-06 11:31 x
媚中派も壊滅状態のいまこそがチャンス。小生は台湾生まれの台湾育ち、李登輝さんをこのままじゃあ死んでもしに切れません。だって李登輝さんは、ヘタリ日本人に武士道を教えてくれた稀有なお人ですよ。どうぞ心ゆくまで秋の奥の細道を堪能していただきたい。今度こそはぜひぜひ実現させて差し上げたい、と心から熱望します。


Commented by robert_bun at 2004-09-07 18:01
媚中派は壊滅状態になるのはいいのかどうか、日本にどんな国益をもたらすのでしょうか?いろんな派閥があるからこそ、国の再生の鍵のではないでしょうか?台湾問題について決してそんなに簡単のもんじゃない、今に問題と言うと日中関係と日台関係どっちが重要の問題だと思う。もし媚中派も壊滅状態になったら、日米関係さらに緊密になり、「安保条約」がある限り自主防衛しないと日本の国家の自主権が喪失することが予想されるでしょう、もし戦争が行う場合、最初攻撃をうける国は必ず日本である。つまり日本で言う国はアメリカの盾になるのではないかと~


Commented by misaki80sw at 2004-09-07 20:25
「媚中派」という言葉の定義ですが、

 国益を度外視して
 私益と私情で中国に接近する人たち

この定義でいくならば、
こういう存在、100%いらないですね。
国のためにならない。

私が橋本派を「媚中派」と呼び、彼らを嫌うのは、
結局、国益を無視して中国と妥協するからです。
派閥のバランス云々と言うより、
一政治家としての姿勢の問題だと思います。

対中接近派には、
日中の連携を基軸としたアジア諸国連合みたいな、
一定の国家戦略構想を掲げている人もいると思います。

彼らの言い分も理解できなくはありません。
ただ、組む相手が良くないと思います。
価値観が違いすぎますし、
反日を国是とする国とは組めません。


Commented by xrxkx at 2004-09-07 21:36 x
 「100%要らない」に1票.

 本気で平等互恵の日中関係を望むなら,物分りの良い顔ばかりせず 主張すべき時には主張しなくてはいけない.相手側の 筋の通らない主張(領土問題であれ歴史認識であれ)についても 毅然として突っぱねることが必要です.
 「日中関係と日台関係のいずれがより重要か」という問題設定そのものを,私はナンセンスの極みだと思っています.何故ならそうした二者択一を第三国に強要しているのは中共だけであって,台湾側は 第三国との外交関係樹立に際しても「これに伴って中国とは縁を切れ」などということは言わないからです(そうでなければ一辺一国論などはもとより成立しない).台湾が第三国に対して求めるのは「ウチと付き合うに当たって いちいち中国の顔色を窺うのはやめてくれ」という,それだけのことに過ぎません.
 なお,アメリカに対してNoと言えない政治家・官僚に対するに 媚中派を以てするのは 全方位外交でも何でもなく,単に外交上の主体性を2重に損なうだけだと考えます(李朝末期の朝鮮が その見本でしょう).求められているのは,如何なる相手に対してもNoと言い得る外交が出来る人物なのだということを見失うべきではありません.


Commented by misaki80sw at 2004-09-08 00:56
おお、貴方は誰かと思ったら、
「すいか泥棒」様じゃありませんか(笑)。
歯切れのいい明快な論旨ですね。

ところで、一位にあげてくださってありがとうございます。
ワンポイントコメントの勝利ってとこでしょうか (^^*)


Commented by robert_bun at 2004-09-08 19:04
「彼らの言い分も理解できなくはありません。ただ、組む相手が良くないと思います。価値観が違いすぎますし、反日を国是とする国とは組めません。」
価値観が違うのは確かにですが、今の日中文化交流と日韓文化交流でなんのためにあったのか、唯ファンのためにではなくお互いの価値間を理解するためにあったのですよ、何故アジアの重要な国、中国、韓国、反日の感情を高まるのが、唯中国、韓国の問題ではないでしょう、両方とも問題がある、それは確かです、地政学からみると日本は島国であり、原料輸入国でもあります、周りの国との関係悪くなると、国益に損になるでしょう、中国について経済の開放と共に近い将来必ず政治開放への道に歩むだろう、そう言うと目の前の利益を捨て国運営の常識、しかし今の中国の悪いところにしか見えないでと言う、韓国の悪いところしか見えないと言う、良いところ完全に無視されてしまって、客観的な結論が出せないんだよ、今の時期で中国と組むのは確かに無理でしょう、しかし将来の日本について考えなければならない、「反日を国是とする国とは組めません」で言うと中国と韓国と北朝鮮やな、なるほど、じゃあ日本でアジアでどの国と友好関係を結びたいの?


Commented by xrxkx at 2004-09-09 12:57 x
>「反日を国是とする国とは組めません」で言うと中国と韓国と北朝鮮やな、
>なるほど、じゃあ日本でアジアでどの国と友好関係を結びたいの?

《中国は反日を国是としている》ということを,他ならぬ中国人のあなた自身が認めましたね.これは貴重な発言だ.何はともあれ logを保存させて頂くことにしましょう.

その他の論点については あとでTBでも打ちます.
あまり他人様の家で暴れるのも憚られますし,そもそも このentryは李登輝前総統訪日の話であって 日中関係を論じるのが主目的ではないですので.

----
misakiさん <<
そうです,どろぼうさまだったのです :D
あの第一位は ですね,どちらかというと 着眼点の勝利ですか.
「せっかくの史上唯一のノーベル賞にミソが着いてしまって ご愁傷様」
ということで :p


Commented by xrxkx at 2004-09-09 12:58 x
…じゃなかった,こちらから台湾に議員を送る話でした.マチガヒ :D


Commented by robert_bun at 2004-09-09 18:10
1、私は中国人ではない。2、私は唯自分の意見を述べるだけ。3、弁論と言うのは元々勝負はない、政見は違うと立場も違う。4、私は客観的な意見を述べるだけ、もし失礼な事があったら、すみません。


Commented by xrxkx at 2004-09-09 19:22 x
 「自分の意見を述べる」のは結構です.ご自分の言葉に責任さえ持てれば,の話ですが.
 私とあなたとではdebateというものに対する考え方に大きな差があるようです.あなたはご自分が「客観的な意見を述べている」と信じていらっしゃるようですが,現在ここで進んでいる対話に於いて,あなたは傍観者ではなく当事者の一人です.
 従って あなたも私も「客観的な意見」は原理的に述べ得ません.討論というものが本来 相反する2つの主観の対立から始まるものだからです.強いて客観というものがあるとするなら,それは「いずれの意見がより多くの人を説得し得るか」を尺度とするしかありません.

 こういう説教じみた話をするのは正直言ってご勘弁願いたいのですが(笑),中国人や韓国人を相手にする際には えてしてこういうところから話を始める必要に迫られるので困ります.


Commented by xrxkx at 2004-09-09 19:23 x
 「私は中国人ではない」とのことですが,あなたのblogを拝見する限り,日本語や英語の母語話者ではなさそうですね.簡体字を使っていらっしゃるところを見ると台湾や東南アジアの方でもないらしい.何なのでしょうね.まぁ,強いて正体を明かせとは申し上げますまい.あなたがしたいようになさって下さって結構.
 ともあれ こちらにTBを打っておきましたので,本文の趣旨から逸脱する「客観的な弁論」を続行したければ 向こうで受け付けます.


Commented by misaki80sw at 2004-09-09 20:20
カラオケで浮かれてヨイヨイ気分で帰宅したら
い、いつのまにか
マイ・ブログが激戦地になっていた!

ネットって凄いのね。
なにが凄いんだか分かんないけど (^_^;

ええと、取りあえずブログ所有者も参戦します。

> 「彼らの言い分も理解できなくはありません。
> ただ、組む相手が良くないと思 います。
> 価値観が違いすぎますし、
> 反日を国是とする国とは組めません。」

この文言は、対中接近派の論理を説明した上で↓

 対中接近派には、
 日中の連携を基軸としたアジア諸国連合みたいな、
 一定の国家戦略構想を
 掲げている人もいると思います。

これに対する私の感想ですね。
ですから、「彼ら」というのは対中接近派のことで
中国それ自体ではありません。

まず、言っておきますと
この「組む」「組まぬ」というのは、
国家間の同盟関係を意味してるのであって、
通常の国家同士の
友好関係を言ってるのではありません。

「組めない」というのは
中国とは、日米関係のような同盟関係には
なれませんよ、ということです。
通常の友好関係を
破棄しろといってるのではありません。


Commented by misaki80sw at 2004-09-09 20:21
> 今の中国の悪いところにしか見えないでと言う、
> 韓国の悪いところしか見えないと言う、

私が言わんとしてるのは
是は是、非は非、だということです。
是は是、非は非。

間違った行為を
「間違った行為です!」と言うつもりだし、
それは中国に対しても例外ではありません。

別に中国そのものを悪いと言ってるのではなく、
彼らの行為、すなわち、
「自国内での反日教育」
「日本の歴史教育に対する干渉」
「東シナ海での一方的なガス田開発」
「尖閣諸島問題」
「自由を抑圧する一党独裁の国家体制」
等々等。
こういうのを間違ってると言ってるのです。

> 良いところ完全に無視されてしまって、
> 客観的な結論が出せないんだよ、

別に無視してるわけではありませんよ。
貴方にしたところで、
私の中国や韓国に対する全般的な意見を
聞いたわけではないでしょう。
私の一つ一つのニュースに対する論評を
聞いただけに過ぎないでしょう。
要するに、

 「良いところ完全に無視されてしまって、
 客観的な結論が出せないんだよ」

この言葉、そっくりお返しします。


Commented by misaki80sw at 2004-09-09 20:22
> 今の日中文化交流と日韓文化交流で
> なんのためにあったのか、

なんのためにあったのでしょう?
逆に私の方が問いたいくらいです。

ああいう反日を是とする教育を受けて育つ彼ら。
また、事あるごとに
内政干渉がましい言辞を繰り返す彼ら。

> 唯ファンのためにではなく
> お互いの価値間を理解するためにあったのですよ

そのとうりですね。
中韓の行動を見てると、
「異なる価値観の相互理解」
という美々しい文句が虚しくなります。


Commented by misaki80sw at 2004-09-09 20:23
> 日本は島国であり、原料輸入国でもあります、
> 周りの国との関係悪くなると、
> 国益に損になるでしょう、

なりますね~。
でも、それが怖くて
言うべき事を言わずに妥協を繰り返し、
ずるずると国益を損ねることも
避けねばなりませんね。

ここらへんは倫理的な「善悪・美醜」だけじゃなく、
外交の損得勘定の問題でもありますが、
今の日中関係は、妥協のしすぎで
国益を損ねている部分が多すぎます。

それと、あの国に限らず国際社会では、
言うべき事をハッキリ言う国の方が
敬意をもたれます。
現在の日本の対中外交方針は
単に諸外国から嘲笑を買うだけです。
実利的なマイナス以外に、
「国家の威信」の部分を傷つけています。
総合的には、大損の外交をしていると思います。

と、こんなとこでしょうか。


自分のブログのコメントに
4回も書き込んでしまった。

ブログ的に、こういうのってアリなのかな (^_^;)

[PR]
by xrxkx | 2004-09-09 13:19 | 雑記